FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

ハシブト

身近に居るカラスは、ハシブトガラスと、ハシボソガラスになりますが
ハシと言うのは、クチバシの事
クチバシが太いカラスと、細いカラスという事ですね。

ハシブトガラスが森林に生息していたのに対し、ハシボソガラスは人里近くに生息し住み分けてきました。
かつて日本で「カラス」といえばハシボソガラスを指しましたが、都市部へハシブトガラスが進出したため、「日本のカラス」の座をハシブトガラスに譲ることになりました。

ハシブトガラスの方が少し大型ですが、それが理由とも思えませんので、カラスの世界に何があったのでしょうね。

という事で、森林植物園にいた、ハシブトガラスです。

ハシブトガラス
日本に居る鳥の仲間では、一番賢いとされ
犬より賢いという説もあります。
人の顔を見分けるそうですよ。


ハシブトガラス
う~む。
あまり、可愛くは無いですね。



さて、今日から2月です。
今日は寒かったですね。
ここ2~3日は寒い日が続くようです。



EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン



  1. 2012/02/01(水) 21:01:22|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ハシブトガラス
  4. | コメント:4

Webアクセラレーターの設定方法

覚書です。

先日から使ってます、b-mobile WiFiルーターですが、刺さっているのは、『b-mobile SIM U300』
U300という事で、上下300kbpsの速度制限があります。
が、これを速くする方法があるというので、試してみました。

Webアクセラレーターと言うのですが、「体感速度の高速化ツール」で「WebコンテンツにあるHTML/XMLなどのテキストデータの圧縮やGIF/JPEG画像の最適化」をおこないます。

という事で、画像データなどは再圧縮されるようですが、iPod touchの小さな画面で見る限りでは、全くわからない程度だという話です。

さて、モノは試しですから、設定してみましょう。


設定方法ですが
それぞれのデバイスによって設定方法が異なります。

今回は b-mobileWiFiにb-mobileSIMを挿してiPod touchで利用中という事で、
iPod touchでの設定方法をご紹介されたページから引用してみましょう。

b-mobileSIMを使っている方の、設定方法です。


設定方法
[設定]→[Wi-Fi]→ワイヤレスネットワークを選択の中の青丸矢印をタップします。

b-mobileWiFi

次の画面に進んだらHTTPプロキシを[手動]に設定して以下を入力します。

サーバ : mao.bmobile.ne.jp
ポート : 32080



b-mobileWiFi

これで設定は完了です。

問題なく接続できていることを確認した後、Webサイトでスピードテストをしてみましょう。

う~む。
何度も試してみましたが、そのたびに速度が大きく変わるので良くわかりません。
最初設定したときには、すごく速くなった気がしたのですが。
設定ページには、3倍ぐらい速くなると書いてありました。

う~む。赤いのか??



という事で、もう少し調べてみることにしますが
遅くなる訳ではないので、今日のところは、良しとしましょうか。



今日も寒かったです。
なんと、いま、外気温が -1度を示しています。

-1度

明日の朝が恐ろしいです。






  1. 2012/02/02(木) 22:02:02|
  2. Smartphone
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0

「K-01」よりも。

PENTAXは、海外で「K-01」の発表を行いました。
うわさサイトでは秒読みに入っていた、PENTAXの新型ミラーレス一眼
なんと、既存のKマウントのままミラーレス化です。
イメージャは、K-5と同じ1600万画素のAPS-Cサイズ

通常、ミラーレス一眼といわれるレンズ交換式カメラは、一眼レフに必須であった、クイックミラーとペンタプリズム(もしくはペンタミラー)を省略すること(ミラーレス)が基本です。
銀塩フィルムでは不可能であった、撮影中の画像をそのまま背面液晶もしくはEVFに投影することで、視野率100%のEVFもしくは、ライブビューでの撮影スタイルです。
EVFであれば、今までのファインダー撮影とほぼ同じ感覚で撮ることができます。
稼動部分のクイックミラーと、高価で重いペンタプリズムを省略することは、コストダウンと、小型軽量につながります。
通常、クイックミラーのスペースが不要になるので、ショートフランジバックのレンズを設計することで、小型軽量化が完結します。
が、その代わり、新たなレンズラインナップを設計・生産しなければなりません。

そもそも、ライカ等の二眼レフで出発したレンズは、一眼レフためにわざわざ、レトロフォーカスと言われるバックフォーカスを伸ばす設計を施されたぐらいですから、ショートフランジバックのレンズを設計すること自体は難しくない訳です。

現在のミラーレスといわれるカメラは、全て新マウントの新設計レンズなわけです。
マイクロフォーザーズしかり、SONY Eマウントしかり、ワンニッコールしかり。

現行の一眼レフレンズを使用するには、同じメーカーであってもマウントアダプタを使用しなければなりません。
AF用のマウントアダプタも発売されていて、SONYもマイクロフォーサーズも(レンズ内モーターであれば)ほぼ、AF可能です。

さて、前置きが長くなりましたが、PENTAXの新型「K-01」は、
なんと、ミラーレスであるにもかかわらず、現行一眼レフと同じ、Kマウントなのです。
当然、フランジバックが同じですから、ボディを薄型にすることはできません。
その代わり、新型のレンズを設計・生産する必要が無いわけです。
二番手メーカーで、開発リソースが限られるPENTAXとしては、苦渋の選択であったかもしれませんが、結果的には、良かったのかもしれません。

やはり新マウントを起こすなら、最低でも3-4本程度のレンズはスタート時に出さないといけませんものね。

PENTAX K-01
マーク・ニューソン氏のデザインだそうです(レンズも同氏のデザイン)

元々、超薄型のDA40をさらに極限まで薄く設計し直して、キットレンズに持ってきました。
実は、PENTAXユーザーではありますが、特にこのカメラが欲しい訳ではありません。

たぶん、しばらくするとお値段も下がって割安感も出るかと思いますが、ミラーショックが無い望遠撮影というのもちょっと興味はありますが、老眼の進んだ目では、EVFが無いボディでは快適に撮影することは難しいと思われます(全部AF頼りならマシかもしれませんが)

*

さて実は、今回書きたかったのは、ほぼ同時に発表になった
PENTAXの新レンズロードマップ発表の事です。

【2012年発売】
「DA 40mm F2.8 XS」(海外発表済み)
「DA Standard Lens」(50mm程度)
「DA Telephoto Lens」(550mm程度)
「DA High Magnification Zoom Lens」(18-250mm程度)

【2013年以降発売】
「DA Zoom Limited」(22-38mm程度)
「DA Tele Zoom」(120-380mm程度)
「DA Wide Zoom」(12-28mm程度)
「DA★ Zoom」(15-85mm程度)
「DA AF RC 1.4x」(1.4倍のテレコンバーター)

なななんと!
550mm程度のDAレンズ(非★)が今年中に発売されるというではないですか!
★で無いのは、たぶんF4では無いという事だと思います。
F5.6かもしれませんが、PENTAXから待望の大砲(中砲?)が発売されるのです。

これは、私自身のレンズ(いや、ボディも三脚も)ロードマップを考慮し直さねばならないかもしれません。

待望のSDM対応リアコンも出るみたいですし(2013年以降というのがちょっと気がかりですが)
その他のレンズも、いろいろ。
新しいレンズは(買う買わないは別にして)すごく楽しみなのです。

今年は楽しみだなぁ>PENTAX




  1. 2012/02/03(金) 22:02:03|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:4

今日は何の日

今日は何の日だろうと、ネットを開いてみたら
2月4日は、世界対がんデー(World Cancer Day)とありました。
もうひとつ「ぷよの日」というのは、「ぷ(2)よ(4)」の語呂合せだそうです。

また、江戸幕府が赤穂浪士46名に切腹を命じた日なのだそうです。
先日、加藤廣の「謎手本忠臣蔵」を読了したところなのですが、彼は独特の史観を持っていて
何故、浅野内匠頭長矩が、切腹、お家断絶覚悟で刃傷に及んだのか?というところから始まります。
主人公は、大石内蔵助ですが、むしろ、側用人 柳沢吉保を中心に話が進みます。
現代小説風の緻密さで話が進みますので、なかなか読み応えがありましたよ。

さて、今日も午前中とか寒かったですね。
昨日は、久しぶりに水道破裂で呼び出されました。
朝の気温低下で水道が凍って全自動洗濯機のホースを破損
お昼を回って、ようやく水が溶けてベランダから雨のように水道水が流れて来たと言う顛末です。

最近は、地球温暖化のせいか、凍結事故は無かったのですが。
ここらあたりでも、氷点下になってましたからねぇ。
明日は、暖かみたいなので、白鳥でも探しに行こうと思っています。
さて、お目当ての池に居るでしょうか?




ユリカモメ
またまた、りかゆんの在庫から、ユリカモメ
レフレックスレンズの独特のボケです。


ユリカモメ
明日は、寒くないといいなぁ。




α550+REFLEX500mm(りかゆん撮影)




  1. 2012/02/04(土) 22:12:04|
  2. 500mm F8 Reflex[α]
  3. 関連するタグ ユリカモメ
  4. | コメント:0

白鳥に振られて、マガンに会う

今日は、勇んで(という割には出たのが遅いですが)白鳥を見に行きました。
自宅から約1時間です(高速は第二神明のみ)
以前にもオオハクチョウを撮ったところの近くなのです。

さて、目的の池に着いて見回したのですが、白い鳥が見えません。
しかし、ここ数日と違ってすごく暖かいです。
暑いので北へ逃げたのか?と思ったのですが
近所?のバーダーさんに聞くと、野焼きに驚いて逃げたのだそうです。

そのときに、近所に「マガン」が居るよ...と、教えていただいたので
早速見に行くことに。
マガンは2度目です。

※前回は、白鳥を撮っていたら、偶然マガンが写っていたという情けない状況でした。
わかっていたら、何枚も撮る時間はあったのに、帰ってから気づくという失態でした!


ちゃんと居たのですが、遠いです。

マガン
いました!
いました...が、遠いです。
これで、900mm相当(トリミング無し)



マガン
やむなく、PENTAX Qでドーピング?
2200mm相当から、さらに少しトリミングしてみました(汗)


マガン
7羽いました
しかし、ほぼ寝てます。

が、Qの電池が無くなりました(予備電池忘れた)

という事で、ED82スコープに切り替えて、1500mm相当で再チャレンジです。
しかし、もう少し近寄らないとダメですね。
聞いた話では、「警戒心が強いので、すぐに飛んでしまうよ」という事なのですが
さて、どうしましょう??




EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン
PENTAX Q + EF400mmF5.6L



  1. 2012/02/05(日) 23:02:05|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ マガン
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

ツグミ ジョウビタキ ★街歩き・旅行 トビ オジロビタキ タゲリ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ シジュウカラ キビタキ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ コアオアシシギ オオハシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ イソヒヨドリ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: