FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

カイツブリ

カイツブリはよく見かけますが、なかなか上手く撮れません。
警戒心が強くて、すぐにもぐって逃げるので。

この時は、車の中からだったので、気づかれずに済んだのかも?
割と近かったです。

カイツブリ
にらんでいるわけでは無いと思います。


カイツブリ
水玉が乗ってますね。


カイツブリ
よく水辺で、ケレレレレレレレ...とカイツブリの声が聞こえます。


カイツブリ
これで、成鳥冬羽。
夏羽とはだいぶ様子が違います。


カイツブリ
どうやったら、水面に立ち上がれるのでしょうね?

動きが早くて、Qでは追いつかないので
近くに来たときに、EOSで連写しました。


今日から11月
今年もあと二ヶ月になりました。




EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン




  1. 2011/11/01(火) 22:10:30|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ カイツブリ
  4. | コメント:2

在庫のノゴマ

在庫のノゴマシリーズです(シリーズにするなって?)
なかなか美人なので、ご勘弁ください(オスですけど)

ノゴマ
足元の藪です。
撮影するほうも、三脚をたたんで、低い姿勢です。


ノゴマ
ノゴマは、全長約15cm。
このこは、尾羽が無いのでさらに小さいです。


ノゴマ
木漏れ日が良いですね。


ノゴマ
明るいとこへ出ておいで。


ノゴマ
サービスで、羽を広げてくれました。




EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン



  1. 2011/11/02(水) 22:10:16|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ノゴマ
  4. | コメント:0

Manfrotto #243

久しぶりに撮影機材の話です。
実は、だいぶ前に購入したのですが、あまり使う機会が無く
実戦であまり使っていませんでした。

Manfrotto #243
これです。
この、黒い金属の固まり
(右にあるのは、SLIKのボール雲台 SBH-320です)


Manfrotto #243
真横から見ると、こうなっています。
このネジで、はさんで固定します。


Manfrotto #243
これで分りますでしょうか?
車のウインドーガラスに取り付きます(実際には、内外が逆です)


Manfrotto #243
雲台を取り付けてみました。
余っているビデオ雲台の、ベルボンFHD-61Q ですが
思ったより背が高くて、上に余裕がありません。
と言うのは、この上にスライドプレートが載って、その上に三脚座が乗るわけですから。

それでも、車の中で三脚を広げるのは至難の業で、上手くいきません。
軽い機材や、スコープとかなら乗せて好きな角度に固定できますね。

一眼レフなら、手持ち(窓枠に乗せる)もいけますが
2000mm超の Qではブレから開放されません。

ストッパーが不調の 61Qは、構図の微調整が難しかったですが。


Manfrotto #243
カーウインドウポッド
180g



PENTAX Q + 01 STANDARD PRIME



  1. 2011/11/03(木) 22:11:03|
  2. その他の撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0

Nikon 1 で望遠

ちょっと知っている人が、Nikon 1 V1を買うというので、妄想をしてしまいました。

たまねぎ
たまねぎです。
本文の内容とは何の関係もありません。



さて、Nikon 1 には、純正のマウントアダプタがあって、既存のNikonレンズが付きます。
AF-Sレンズ(レンズ内モーター内臓レンズ)だと、AFも利くという事なのです。
さらに、VR(手振れ補正)も利くそうなので、ほぼNikonのDSLRを使うのと同じ要領です。
で、画角は2.7倍ですから、300mmでも810mm相当になります。

Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-EDは、理想的なレンズで、重さは約1,440gありますが
画質は折り紙つき。

りかゆんの次期主力にどうだろうと思ったのですが、よく考えたらこのサンヨンは VR(手振れ補正)が無いのです。
手持ちが基本のりかゆん専用機としては、手振れ補正無しは考えられません。

とすると、VRがあるのは、
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED 約745g か
Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED 約1,360gになります。
80-400は、ちと重くて高いですが、換算で1000mmを超えるのは魅力です。
しかし、ちと重すぎかな?
あれ?80-400は、AF-Sではないので、MFになってしまいますね。
とりあえず却下ですね。

私が使うなら、迷わず 300mm f/4Dという事になるのでしょうが
りかゆん用と考えると、VR70-300mm 一択という事になりますでしょうかね?

ボディの分だけ、今より軽くなりますし
望遠端でも、今のF8より一段明るくなります。


さて、α65の別バージョンで、EVFで高感度に強い機種が出たら
そっちのほうが良いでしょうか?

若干決め手に欠けます。
Nikon 1だと、けっこうな出費になりそうでし。

妄想のまま終わりそうです。



K5+DA18-135WR




  1. 2011/11/04(金) 23:11:04|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:2

第83回明石公園菊花展覧会

明石公園恒例の、菊花展をやってます。
今回、第83回とか。
旧御料地の明石公園を広く紹介するため、1926年より皇室の紋章にちなみ菊花展を開催したのが始まりとか。

写真を撮ったのは先月終わりでしたので、少し早かったですが
明日(11月6日)あたりは見頃でしょうね。
だいたい、文化の日に一番綺麗に咲くように仕立てるらしいです。

菊花展
明石公園の正面入り口(駅のすぐ北)からスタートです。


菊花展
菊の花って、撮りづらいです。
なかなか上手く決まりません。


お近くの方は、是非、現物を見に行ってください。
JR明石駅から、徒歩で1分ほどですから。




PENTAX Q + 01 STANDARD PRIME




  1. 2011/11/05(土) 23:10:29|
  2. PENTAX Q&Q7
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 コマドリ コチドリ シマアカモズ シロハラ アトリ イカル モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: