FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

欲ばり

久しぶりに、河口へも行きました。

何が浮かんでいるのかと思ったら、カンムリカイツブリくん
そうそう、ここではときどき見かけます。

カンムリカイツブリ
普通のカイツブリより、おすましさんですね。


カンムリカイツブリ
おっと、獲物を捕まえました。

で、でかいです。


カンムリカイツブリ
頭から飲み込まないと、うろこがのどにつかえます。

しばらく格闘していたのですが、気合で飲み込みました。


カンムリカイツブリ
満足げというか、無理やり飲み下した感じです。


今日から師走
その割りに暖かでした。
この暖かさも来週水曜までとか。
また、寒気がやってくるようです。
年末の準備はお早めにね。



EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン



  1. 2010/12/01(水) 22:11:28|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ カンムリカイツブリ
  4. | コメント:0

疾走

さて、ウミアイサです。
カワアイサとよく似ていますが、ここでは「ウミアイサ」しか見たことありません。
クチバシの根元が太いのがカワアイサで、同じぐらいの太さのがウミアイサだそうです。

ウミアイサ
シンクロしてますね。


ウミアイサ
が、一羽が走りだしました。


ウミアイサ
当然、もう一羽も。


ウミアイサ
離水です。

どうやったら、水面を走れるのでしょうね。
一度やってみたいものです。



α550+REFLEX500mm(りかゆん撮影)




  1. 2010/12/02(木) 22:11:28|
  2. 500mm F8 Reflex[α]
  3. 関連するタグ ウミアイサ
  4. | コメント:0

ツグミに接近

またまた、藪の中です。
先日のジョビ男くんが居た藪なのですが、すぐ近くにツグミがとまりました。

いただいておきましょう。
でも、やっぱり枝かぶり。

前ボケで、フレアみたいになっています。
少し、救済。

ツグミ
じっくり観察しましょう。


ツグミ
やっぱり拡大(トリミングです)


ツグミ
さてさて、こっちに気がついているのだか、いないのだか?


今日は、某忘年会で、クエ鍋の予定です。
クエ鍋の事は、明日にでも(笑)



EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン



  1. 2010/12/03(金) 20:11:28|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ツグミ
  4. | コメント:0

九絵

昨夜は忘年会でした。
クエを食わしてやるというので、忘年会は決定!
近大クエと言って、1988年(昭和63年)近畿大学が世界で初めて人工孵化・飼育に成功したものです。
ちなみに、集まったメンバーの大半が近大OBと言うのは、何の関係もありません。

最初は、養殖のクエと、天然のゴマアラと言う話でしたが
ゴマアラを見かけなかったので、全部クエだったようです。
本日のクエは、予定より大きくて、約4.4kgとか。

おかげで、鍋のほかに、お刺身、たたき、さらに、焼き物まで出していただきました。

酒虎
お店は、天満橋の「酒虎(しゅこ)」さん
北区天満2丁目2-21


御造り
まずは、御造りで
しっかりとした食感と、淡白すぎないので、美味しいです。


タタキ
ねぎまみれですが、クエのタタキです。
あぶると、身のうまみが増しますね。


焼き物
焼き物は贅沢です。
やや、大きすぎるクエであったので、焼き物をいただけました。
滅多に無いことだそうです。


アラ
これは、鍋の材料のアラです。
アラと言っても、食べるところたっぷりですよ。
人数分のアラと、豆腐だけ入れていただきます。
全員食べたら、次の身を...
煮えすぎると美味しくないですから。


お酒
今夜は日本酒で...


酒虎
マッチが有ったのでもらって来ました。

近大クエは「要予約」です。
今回は8人で食べました。
これぐらいの人数が良いですね。
あまり少ないとクエが大きすぎますし、多いと店に入りきれません(笑)


クエの名前の由来は、体側にある縞模様を時とともに変化させ、体に九つの絵を描き出すと伝わるところからきています。
スズキ目ハタ科に属する海水魚で、成魚は全長60cmほどだが、稀に全長1.3m・体重30kgに達する大型個体が漁獲される事もあるそうです。

大相撲九州場所とかで、よく優勝者が巨大なクエをもらっていますね。


SONY DSC-W300


  1. 2010/12/04(土) 22:12:03|
  2. コンパクトデジカメ
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2

タゲリ 初見初撮り

今日は、遠征でした。

と言うのは、りかゆんが友達と会いに出かけるというので、私一人で探鳥なのですが
あても無く出歩くのもナンなので、鳥友に電話を入れたら、そういう事になってしまいました。

○○と、タゲリと、猛禽が居るよ...と言うので、私的には、タゲリが撮れたら良いかな?と言う感じで遠征です。

詳しく場所を聞いて、知人を一人駅でひろって高速に乗りました。
急遽決まった割には高速で2時間ですから、結構な遠征です(笑)

さて、着いたら、さっそく○○を探しますが、影も形もありません。
さて、場所を間違えたか?

とりあえず、あたりをうろついたら、地元の鳥仲間の I 氏に会いました。
そういえば、昨日出かける事をメールで書いたら「私も行くかも?」と言ってましたね(汗)
おまけに、とっくに着いていっぱい撮ってるし。

場所は合っていたようです。
とりあえず、引き返して探しますが、やっぱりお留守。

しばらく探してから
タゲリを撮りに行きますか?」と言うことで、移動です。

飛ばれてしまってから、後悔するのもなんなので(ボウズが怖いですし)

先ほどたくさん見かけましたが、遠いです。
しかし、なんとも、たくさん居ます。


タゲリ
最初、EF400mm+テレコンを付けていたのですが、とにかく遠いので、MCアタッチメントに交換です。
これだけ、EF400mm+テレコン
換算900mmでも、この程度です。


タゲリ
と言うことで、換算1600mmに変更。
それでも、この程度です。
とにかく遠いのですが、たくさん居ることには確かです。
ざっと、200羽ぐらい?


タゲリ
できるだけ近いこを探して撮ります。


タゲリ
日が当たると、背中が綺麗です。(ピン甘ですが)

このあと、飛びました。
飛んだら壮観...何せ200羽ですから。


タゲリ
少し先へ降りたのですが、道があったので、逆に近寄れました。
ようやくディティールが分かる程度に接近させてくれました。


タゲリ
頭の冠羽がかわいいですね。
タゲリは撮りたかった鳥なのです。


タゲリ
これが一番良い感じでした。


ED82+MCアタッチメント+EOS40D


ちなみに、本日のシャッター数 2323(約8GB)
とりあえず、半分弱削除完了(大汗)



タゲリ(田鳧) チドリ目チドリ科タゲリ属
全長31.5cm。背面は光沢のある暗緑色、腹面は白い羽毛で覆われる。
頭部には黒い冠羽が発達する。頸部には黒い首輪状の斑紋が入る。
河川、湿地、干潟、水田等に生息する。冬季は小規模な群れを形成し生活する。
見通しのよい開けた場所におり、警戒心が強い。
食性は動物食で、昆虫類、節足動物、ミミズ等を食べる。
「ミュー ミュー」とネコのような声で鳴く。
-以上、wikiより-




  1. 2010/12/05(日) 23:12:05|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ タゲリ
  4. | コメント:4
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ ★街歩き・旅行 トビ オジロビタキ タゲリ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ キビタキ コゲラ エナガ シジュウカラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ イソヒヨドリ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: