FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

ムクドリの若

お昼間にりかゆんが、ムクドリの若鳥が来ていたよって。
最初、よく分からなかったのですが、格好はムクドリ
でも、いかにも幼いです。
その上、親鳥がやってきて、えさを運んでいます。

ムクドリ若
座り込んでいますね。


ムクドリ若
くちばしが黄色いです(笑)


ムクドリ若
親鳥がやってきましたが
大きさは変わりませんね。


ムクドリ若
えさをもらってます。
大きさは変わらなくても、まだまだ雛と変わりません。


ムクドリ若
ちょうだい! ちょうだい! ちょうだい!


今回、PhotoshopEL8使ってみました。
まだまだ慣れません。
ワイド画面のノートなので、縦の解像度が低くて縦長画像は扱いにくいです。



α550+REFLEX500mm (りかゆん撮影)




  1. 2010/06/01(火) 23:06:01|
  2. 500mm F8 Reflex[α]
  3. 関連するタグ ムクドリ
  4. | コメント:2

カメラストラップ

先日から部品を用意しておいた、カメラストラップをようやく組み立てました。
ブラックラピッド「R-ストラップ」です。
何で組み立てかというと、R-ストラップ用 ファステンR-2という、カメラに取り付ける部分しか買わなかったからです。
これだと、ヨドバシで1500円程度です。
セットで買うと6-7000円しますので。

でもって、手芸屋でぶら下げる「ひも」の方を調達しようと思っていたのですが、ふと見るとリュックタイプのパソコンバックの肩ひもパーツが余っておりましたので(ほぼ未使用で)それを流用することにしました。

取り付け部が窮屈では無いかと、カラビナをホームセンターで調達。
そろったパーツがこれです。

ブラックラピッド
ブラックラピッドの「ファステンR-2」と、カラビナの代わりに買った「リングキャッチ」
百均で売っているアルミのカラビナは、耐加重500gぐらいみたいです。
こちらは、ステンレスで耐加重なんと30kg
結果的に、加重のかかる使い方はしませんでしたが、500gでは心配ですね。

ブラックラピッド
ファステンR-2を、カメラの三脚ねじにねじ込みます。
そうすると、ぶら下げているときには、カメラは逆さまになっているのですが、逆に使いやすいわけです。
サイドストラップがファインダーと干渉することもありませんし。

その辺のことは、この記事を参照 http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/item/20100105_339363.html


ブラックラピッド
この、ゴムパッキンだけで止まっているようなものです。


ブラックラピッド
取り付けてみました。
結局、「リングキャッチ」を外して、じか付けすることに。


ブラックラピッド
りかゆんは、どうせ三脚を使わないので、しばらく使ってみることにしましょう。

ちなみに、ストラップは長めにして、タスキがけにして使用します。



撮影:EOS40D+EF-S18-55IS



  1. 2010/06/02(水) 23:06:02|
  2. その他の撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:4

6:45に電話が鳴った...

りかゆんに、朝、6:45に電話がありました。
しばらく考えて、以前に鳥身でお会いした人だとわかりました。

目の前に「オグロシギ」がいるんですよ!って。

ということで、今日、りかゆんはオグロシギを探しにいくことに。
いつも行くあたりの近所です。
オグロシギはもちろん初見です。

田圃に着いたら、ちゃんと居てくれました。

オグロシギ
夏羽なので、赤っぽくて、なかなかりりしいです。


オグロシギ
稲の緑色に映えて、すごくきれいです。


さて、実は、先日図書館で借りてきてもらった「獣の奏者」の3巻を明日返さねばならないので、最後まで読んでいたら遅くなってしまって、画像の整理が全然です。
とりあえず、数枚だけリサイズしたので、2枚貼っておきます。
ちなみに、今回はトリミングの無い分(近いです)

続きは、また明日にでも...


α550+REFLEX500mm(りかゆん撮影)



オグロシギ (尾黒鷸、学名:Limosa limosa)チドリ目シギ科
和名は尾羽が黒いことによる。
北海道から沖縄まで日本各地で旅鳥として春と秋に渡来するが、数はあまり多くない。
全長約38cm。雌の方が雄よりも体がやや大きい。
雄の成鳥夏羽は、頭部から胸が赤褐色で、頭頂から後頸にかけて黒い縦斑がある。
顔には白い眉斑がある。体の下面は白く、赤褐色と黒褐色の横斑がある。
上尾筒は白色で尾羽は黒く、飛翔時にはよく目立つ。
成鳥雌の夏羽は雄に比べて淡色である。成鳥冬羽は、頭部から胸にかけてと体の上面が灰褐色になる
食性は動物食で、昆虫類、貝類、ミミズ、ゴカイなどを捕食する


  1. 2010/06/03(木) 23:06:03|
  2. 500mm F8 Reflex[α]
  3. 関連するタグ オグロシギ
  4. | コメント:0

オグロシギは旅立った?

今日、オグロシギを見に行った方から連絡をもらったら、今日は見かけないという事です。
ちょっと、お出かけしているだけなのか?あるいは繁殖地へ旅立ってしまったのか?
何せ、オグロシギは旅鳥だそうですから。

どうやら、日曜に見に行っても会えそうも無いので、とりあえず、もう少しオグロシギを貼っておきます。

オグロシギ
胸のまだら具合が良いですね。
やっぱり、一羽ではさびしかったのか?


オグロシギ
こちらは、少しトリミング
口を空けていますけど、鳴いているわけでは無いみたいです。


オグロシギ
正面から見ると、また感じが違いますね。
頭の辺りは、ジシギなんかと似てますね。
まぁ、シギですけど。


オグロシギ
ちょっとサービス。
羽を広げたら、白と黒でコントラストがくっきりして、別の鳥みたいだそうです。
降りたら地味というこは多いですけど。

できたら、会いたいものですが....



α550+REFLEX500mm(りかゆん撮影)



  1. 2010/06/04(金) 23:06:03|
  2. 500mm F8 Reflex[α]
  3. 関連するタグ オグロシギ
  4. | コメント:2

ねた切れ

ねた切れです。
で、ねた切れのときは、コチドリさんです。
困ったときの、コチドリさん。

今日も畑を走り回ってましたし、実は、今も窓の外から声が聞こえます。
しかし、今のところ営巣している感じは無いのですよね。
雛はまだかなぁ?
コチドリ
鳥撮影は、目がいのち!
これは、かろうじてOKカットか?


コチドリ
後ろの雑草が、お花畑みたいですね。
うまくボケてくれました。


コチドリ
いつも、大きな声で鳴きながら、走ったり、飛んだり。
すごい体力だと思います。
畑で何食べているのかな?


コチドリ
足が、逆行で透けてきれいです。


コチドリ
毎日、カメラを持って無くても、双眼鏡をもって観察です。
コチドリ、かわいいですよ。



ED82+MCアタッチメント+EOS40D



  1. 2010/06/05(土) 23:05:29|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ コチドリ
  4. | コメント:2
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KPとHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたが、暗いところで、ISO上げられるので、撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズとKPの組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

エリマキシギ ★街歩き・旅行 ダイゼン ホウロクシギ サメビタキ コムクドリ キアシシギ シロチドリ キョウジョシギ トウネン アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ シジュウカラ キビタキ エナガ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: