FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

視野率100パーセント

先日、PENTAXから、新型DSLRが発表されました。
K-7というネーミングで、K20D後継機とも、上位機とも言われています。
基本的には、K20Dと同じCCDで、足回り(コマ数とか)を強化し、マグネシウムボディとか、いろいろと魅力的な装備満載になっている上、大きさがだいぶ小さくなっています。

PENTAXはその昔、小型軽量をOLYMPUSと争ったメーカーなので、小さい事がそのアイデンティティだったりします。

さて、注目の新機能の中で、ファインダー視野率100% と言うのがあります。
視野率100% と言えば、フラグシップの証しであり、中級機と上位機を分ける一つの基準だったりします。
一眼レフを使わない人にはあまり馴染みが無いのかもしれませんが、通常、視野率は95% ぐらい。

フィルムカメラだった頃は、サービスプリント等をすると、ネガ上で1mmぐらいはプリントされませんので、逆に都合が良かった事もあったのですが、デジタルになってモニタ等で見ると、隅っこに余分な物が写り込んだりするわけです。

ちなみに、今使っている、K10Dは視野率95% で、EOS 40Dも同じです。

ちょっとまとめてみると

K10D
CCDサイズ:23.5×15.7mm 総画素数1075万画素
視野率95%、倍率0.95倍 (50mmF1.4・∞;以下同じ)
23.5*15.7*0.95*0.95=332.97

K-7
CMOSサイズ:23.4×15.6mm 総画素数約1507万画素
視野率 約100% 倍率 約0.92倍
23.4*15.6*1*0.92=335.83

ついでなので、Nikonの例を
D300
CMOSサイズ:23.6×15.8mm 12.1メガピクセル
視野率 約100% 倍率 約0.94倍
23.6*15.8*1*0.94=350.50

D700
CMOSサイズ:36.0×23.9mm 13.1メガピクセル
視野率 95%、倍率0.72倍
36*23.9*0.95*0.72=588.51

D300はAPS-Cのフラグシップを名乗りますので、視野率100% です。
上の3機種が、APS-Cで、D700はFX(35mmフルサイズ機)になります。
目の前に見える、ファインダー像の大きさですが、上3つが330~350なのに対して、フルサイズ機は、588と圧倒的に大きいです。倍率は低くても、もとのCMOSが大きいですから。


さて、先日撮ったものですが

視野率95%
最初に撮ったのがこれです。
偶然、左端の枝がぎりぎり写っていますが、当然ファインダーでは切れています。
なので、押さえで撮り直したのがこれ

視野率95%
結果的に、間の抜けた感じになってしまいました。

写って無いモノはどうしようも無いですが、余分に写っていれば最悪トリミングとかできるわけですけど。
こう言うのが、視野率100%なら、全部見えている訳で、悩まなくて済むわけです。


さて、K-7は、実売11万円台と言われています。
視野率100% を実現するために難しいのは、部品の精度と組み立て精度だと言われています。
そのため、普及機では、視野率を95%程度に抑えて、マージンをみていたのでしょうね。

が、11万そこそこのK-7が視野率100%とはどうなっているのか?

これは聞いた話しなので、裏は取ってないのですが
PENTAX機は、ボディ内手ぶれ補正を採用しています。
PENTAXの一眼レフのCMOSは水平方向に浮いていて、シャッターを押す瞬間に、手ぶれに対して打ち消す方向へ動くのだそうです。(ちょっと表現が分かりにくいですが)
その機構を利用して、センターの位置決めの段階で視野率が100%になる位置に微調整をしているという話しなのです。
これなら、それほどシビアな組み立て精度も必要ないと言うことなのでしょう。

K-7のペンタプリズムは、K20Dのと基本的に同じだという話しです。

コロンブスの卵的発想ですね。
結果的に、視野率100% を実現しているのだからOKだと思います。

Nikonや、Canonにはできない解決方法なのです(レンズで補正しているから)


  1. 2009/06/01(月) 00:00:31|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:4

~Wish You Were Here~

すいません、全然関係ありませんです。

※蛇足を書いておきますと、1975年に発表されたピンク・フロイドのアルバムタイトルです。

先日、庭でたき火をしたときに撮ったモノです。

炎


炎


炎


炎


炎
以上です。



Voigtlander APO-LANTHAR 180mm F4



  1. 2009/06/02(火) 00:00:27|
  2. Voigtlander APO-LANTHAR 180mm F4
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:6

世界的には希少種なのですが...

先日の公園で、りかゆんが撮った分です。
いつも人気の「ヒヨドリ」さんですが。
普段はスルーなのです。
ほぼ毎日見かけるし。

が、実は、世界的には、希少種で
日本と、台湾と、朝鮮半島の一部にしか居ないのだそうです。
最近知りました。

ヒヨドリ
けっこう近くで撮れました。
逆光で、色が悪いですが。


ヒヨドリ
どうやら、若い子みたいですね。
まだ、警戒心が薄いみたいです。


ヒヨドリ
たまには、ヒヨドリさんで...


と言うことで、おまけは

スズメ
スズメくんでした。
このこも、若い?


E-510+ED70-300 (りかゆん撮影)



  1. 2009/06/03(水) 00:00:17|
  2. ☆E-510
  3. 関連するタグ スズメヒヨドリ
  4. | コメント:2

コチドリのヒナ

ヒナの画像を

小さいこは、かわいいですね。
ちょっとの間だけですが。

コチドリ ヒナ
この画像では、コチドリとは分からないでしょうね。


コチドリ ヒナ
親鳥と同じぐらいのスピードで走りますよ。


コチドリ ヒナ
アイリングみたいなのが見えるような。



ED82+P5100 (デジスコ)



  1. 2009/06/04(木) 00:00:50|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ コチドリ
  4. | コメント:0

ケリが近くに居た

先日の、稲美で撮ったケリです。
このあたりでは、けっこう普通に田圃にいるケリですが
関東ではめずらしいようです。

田圃の中を車で走っていたら、すぐそこに居ました。
りかゆん撮影です。

ケリ
車の中から撮りました。


ケリ
けっこう近くて、今回トリミング不要でした。


ケリ
ケリケリケリケリ...と大きな声で鳴くのです。
ケリも子育て中かも?


E-510+ED70-300 (りかゆん撮影)


  1. 2009/06/05(金) 00:00:22|
  2. ☆E-510
  3. 関連するタグ ケリ
  4. | コメント:2
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ キビタキ エナガ シジュウカラ クロハラアジサシ シロチドリ トウネン キアシシギ キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ジョウビタキ ハシブトガラス シメ ツグミ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ オジロビタキ コミミズク タゲリ カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ トビ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ イソヒヨドリ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: