FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

今日はアトリ

アトリを初めて見たのは、青い子を見に行ったとき。
遠くていまいちでした

今回、エサ場に入れ替わり出てきてくれたのは
ヤマガラと、シジュウカラと、アトリくん。
結構、満足するまで撮らせてくれました。

アトリ
このこは、雄です。
雄は、頭部がグレーです。なんかお目々がかわいいですね。
これは冬毛で、夏毛ではもっと真っ黒になるみたいです。
同じこなのか、いつもえさ台の左側に陣取っていましたよ。


アトリ
このこは、雌です。
雌は頭部が茶色っぽいです。


アトリ
枝止まりの雄さん


アトリ
種をほおばっていますねぇ
手前が雌で、奥が雄ですね。


アトリ
欲張って、大きな種をほおばっています。
全体に、派手げな色合いですね。大群になるときも有るそうです。

こんどは夏毛のこも撮りたいです。



EF400mm F5.6L


  1. 2009/02/01(日) 00:00:25|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ アトリ
  4. | コメント:2

コゲラ劇場

せっせとエサ場を撮っていたときに、目の前の木に飛んできたのは、コゲラさんでした。
おっと、びっくり!
すぐそこの木です。

コゲラ
コゲラさん、雌のようです。


コゲラ
逆光やら、遠かったのやらで、今まで割とちゃんと撮れなかったコゲラさんですが
今回は、満足いくまで撮らせてくれました。


コゲラ
ドラミングでは無いのですが、動きが速いと、ぶれてしまいます。
この時、地上約1m、いやもっと低いか?


コゲラ
その間、約1分
100枚近く押しました...途中でメモリフルになるというアクシデントを乗り越えて(笑)


コゲラ
縦にトリミング
隙間からのぞく目がするどいです。


コゲラ
左目が、光に透けて綺麗ですね。


EF400mm F5.6L


  1. 2009/02/02(月) 00:00:25|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ コゲラ
  4. | コメント:2

ハクセキレイくんの日常

きれい好きのハクセキレイくん
顔が黄色っぽいので、若いこですね。

ハクセキレイ
水浴びです。


ハクセキレイ
まずは顔から


ハクセキレイ
もちろん全身水浴び!


ハクセキレイ
バシャバシャ!


ハクセキレイ
あらよっと!


ハクセキレイ
バシャバシャ!


ハクセキレイ
ふぅ、さっぱりしたぜぇ!


ハクセキレイ
ぶるぶるぶるぶる…


ハクセキレイ
ひゃぁ!


ハクセキレイ
場所を移動してっと


ハクセキレイ
もう一回、ぶるぶるぶるぶる…

あれ?回しすぎたぁ!


鳥が水浴びや、砂浴びをするのは、羽毛の汚れやダニなどの寄生虫を落とすためです。
まめに水浴びをして手入れしておかないと、雨や雪が皮膚にまでしみてきてしまったり、病気になってしまうかもしれません。ですから鳥たちは、夏ばかりでなく寒い冬も水浴びをしているのだそうです。


EF400mm F5.6L


  1. 2009/02/03(火) 00:00:25|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ハクセキレイ
  4. | コメント:0

Manfrotto #503 HDV

Manfrotto #503HDV
買ってません(笑)

先日からビデオ雲台の、ベルボンFHD-61Q に、400mmを載せてを使っていますが、ロックをしておいてもお辞儀をしてしまうのです。(ロックの利きが悪くなってます)
FHD-61Q は、オイルの粘性を利用してゆっくりと雲台の角度を変えてくれるのですが、カウンターバランスのバネが入っているわけでは無いので、ある程度以上の重さには負けてしまいます。

そんな話しをしていたら、知人が「ちょっと使ってみる?」と言って、Manfrotto #503HDVを貸してくれました。
Manfrotto のビデオ雲台には、#701HDV #501HDV #503HDV #516 等があります。
新型の#701HDVは、自重1.5kg 耐荷重4kg
#501HDVは、自重1.6kg 耐荷重6kg
#503HDVは、自重1.9kg 耐荷重8kg

元の FHD-61Qは、自重910g 耐荷重3.5kgです(メーカーが違うので厳密には比較しにくいですが)
ベルボンには、カウンターバランス用のバネは入って無いので、お辞儀してしまうのは仕方ないようです。

と言うことで、お借りした #503HDV をさわってみました。
まず、でかいです。
ボリュームで3倍ぐらいあります(重さも2倍)
パーン棒もすごくでかいです(伸びるし)
1.3kg、2.6kg、3.9kgおよびフリーの4段階のカウンターバランスが選択できます。
フリクション(動きやすさ)も無段階調整可能。

カウンターバランスについては、うちの400mmを載せた状態で、3.9kgでは完全にフラットに復帰します。2.6kgぐらいで、だいたいバランスしてますね(傾けた位置で止まる)
がくんとならないのは良いのですが、デジスコでは使いにくいのかな?
知人が微動装置が付いた、天体望遠鏡用のジンバル式雲台(半自作)に手を出したのも分かる気がします(知人は最近デジスコで使っていますので)

実は、買うのだったら #501かなぁと思っていたのですが、知人曰く「#503で無いと止まらないでしょう」と。
それ以外にも、#501ではカウンターバランスの調整は不可なので、効き過ぎたり不足したりしてもカウンターの利きを調整するすべがありません。
が、しかし、#503は重いし、高いのよね。

はてさて、画期的に使いやすくなるなら、検討の余地は大いにあるのですが、使っている分には、今のFHD-61Qでそれほど不満はありませんし、デジスコではむしろ微調整がしにくいかも?と言う感じ。
いまだに、両方使っているので、機材選びも難しいです。

さらに振動を止めるには、脚部分から換えてこないと変わらないような気がして。

はてさて、雲台は問題ですねぇ。
結局、現状で #503HDVがすごく良さそうと言う事にはなりませんでした。

もちろん、FHD-61Qよりはすごくしっかりしているので、もっとでかいレンズを載せるのであれば、有効のような気がしますが、400mmF5.6にはそこまで必要ないのかも?と思ってしまいます。

Manfrotto #503HDV
某店のアウトレットセール(箱汚れ)でも 43,800円もするので考えてしまいますね。

もう少し我慢して、FHD-61Qを使いましょう。
お辞儀するのを我慢すればそれほど不満は無いですから。
でもなぁ、うっとおしいんだよなぁ。


【ビデオ雲台の効用】
望遠撮影にビデオ雲台を使う訳は、鳥などを追いかけたり、探したりするのに便利だから。
もちろん、一番自由度が高いのは「手持ち」ですし、一脚もよほど見上げなどが無ければ比較的自由に目的を導入(視野に入れる)できるのですが、手持ちは超望遠でぶれますし、きちんとフレーミングするのはなかなか大変です。一脚もやはりふらふらとして安定感では三脚の比ではありません。
きちんと水平に脚を据えることができれば、首振りと角度変更が「適度な抵抗感」を持って自由に変更できますから、大変良いです。
固定が前提の、3ウエイ雲台や、ボールヘッド(自由雲台)だと、
角度を決めて→固定...動かして→固定...と言う作業の繰り返しになります。

じわっと動いて、そこで(有る程度)保持してくれるビデオ雲台が素早くフレーミングできる所以です。
ただ、完全バランスしていませんので、手を添えて無ければ、特に傾けたレンズは徐々にお辞儀してしまいます。
完全バランスは、ジンバル雲台でないと難しいでしょう(ジンバル雲台はお値段の点で問題があります...高いです...10万ぐらい?)
一眼レフの場合、ブレ対策もあって両手で保持して、額を押しつけて体でミラーショックを押さえ込みますので、手を離して双眼鏡で鳥を探すときや、休憩中以外は、問題ないのですが
デジスコは、完全に三脚に任せて、ケーブルレリーズで振動を与えないようにシャッターを押しますから、お辞儀されるとフレーミングができませんし、フリクションを上げて半固定にすると、今度は微妙な角度調整がやりにくいわけです。
ちょい動かして固定...が非常に難しいです。
軽く動いて、止めたら動かない...と言う相反する事を求める訳ですから難しいのはしょうが無いのですが。



FA43 F1.9 Limited


  1. 2009/02/04(水) 00:00:03|
  2. その他の撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:6

飛び出し

某掲示板で、オオマシコの見事な飛び出しを見ましたので
在庫から探してみました。
(実はどけてあった...笑)

先日の、オジロ君の飛び出し

オジロビタキ
連写の成果です(笑)


オジロビタキ
シャッタースピードは、遅い方が雰囲気が出るのかな?


オジロビタキ
偶然の産物ですね。
まだまだ、狙って撮れません。


オジロビタキ
最後は、3枚組で。


EF400mm F5.6L


  1. 2009/02/05(木) 00:00:25|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ オジロビタキ
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ ★街歩き・旅行 トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ エナガ キビタキ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: