FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

鳥見に六甲山へ (3) ヤマガラ

最初、ボウズかと思われた、今回の鳥見だったのですが
アオゲラはじめ終わってみれば、けっこう満足でした。

で、途中を飛ばしたので最後に登場しますが、一番愛想が良かったのがこのこです。

ヤマガラ
ヤマガラくんです。


ヤマガラ
正面から見たら、変な顔ですね。


ヤマガラ
何度も、何度も、同じところへ戻って来てくれました。


ヤマガラ
頭の後ろは、モヒカンみたい。


ヤマガラ
松ぼっくりとかに、虫が付くみたいで、それを食べに来ているみたいでした。

ヤマガラさんはすごく人なつっこくて、手からエサをもらったり
「おみくじ鳥」をやったりするそうです。

灰色、黒、白、オレンジと、それほど派手な色では無いのですが
配色がとてもサイケデリックですから、けっこうインパクト有りますよね。

何となく、ウルトラセブンの宇宙人を思い出してしまいました。
名前が出てこないのですが...


SIGMA 170-500 APO


  1. 2008/10/01(水) 00:00:28|
  2. ☆SIGMA 170-500 APO
  3. 関連するタグ ヤマガラ
  4. | コメント:2

まわる

先日撮った、アマサギくん
シラサギは、大きい順に、ダイサギ>チュウサギ>コサギ>アマサギ になります。
コサギとアマサギは、あんまり変わらないのです。

婚姻色が出ると、アマサギは名前の通り頭部が亜麻色になりますから、見間違えませんが、白くなると分かりにくいです。

微妙に顔つきが違うのと、コサギは足の指だけ黄色いのです。
確か、コサギのクチバシは年中黒いのでは無かったかな?
ダイサギとかは、夏と冬で、クチバシの色が違ったりしますので。

アマサギ
車の中から撮ったので、けっこう至近距離です。
ていうか、これでノートリなので。


アマサギ
ゆっくりまわります(笑)


アマサギ
今日はこれだけ(汗)


E-510+ED70-300 (りかゆん撮影)

  1. 2008/10/02(木) 00:00:21|
  2. ☆E-510
  3. 関連するタグ アマサギ
  4. | コメント:0

六甲の秋

今日は、さわやかな一日でした。
乾燥した空気が流れ込んでいるとかで、湿度が低いのですね。
こんな日は、どこにいても、気持ちいいです。

先日の、六甲の秋をお届けしておきます。

六甲の秋
空気が綺麗に澄んだら、葉っぱの色も綺麗に見えます。


六甲の秋
なんの実でしょうか?
綺麗な赤色は、秋の色ですね。


六甲の秋
六甲には、ススキがいっぱいでした。


六甲の秋
ススキは、良いですねぇ


望遠で撮る、秋の一コマ



SIGMA 170-500 APO


  1. 2008/10/03(金) 00:00:28|
  2. ☆SIGMA 170-500 APO
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:4

たぶん ホオジロ さん

どうも、決め手に欠けるのですが
たぶん、ホオジロだと思います。

メスさんかもしれません。

ホオジロ
枝かぶりがひどくて、いったんピントを外すと全然合ってくれません。
こういう時は、MFが良いですね。

SIGMA 170-500mmは、カメラ側でAF-MFの切り替えをしないといけません。
K10はレンズ横のレバーを回して切り替えるのですが、*istDの時のスライドレバーより操作がやりにくくなりました。(防塵・防滴のためだそうですが)
スライドレバーの時は手探りでやれたのですが、回すレバーはどうもうまくできず、いったんファインダーから目を離して切り替えしなければなりません。

超音波モーター駆動のレンズや、特殊なクラッチが付いた「クイックシフトフォーカス」(PENTAX)のレンズだと、AFから何もアクション無しでMFに移れるのですが。
次に望遠レンズを買うことが有れば、是非そう言うのにしたいと思います。

ホオジロ
おっと、顔が見えましたね。
やっぱり、ホオジロさんだと思うのですが。

この日は、ホオジロさんが一番出ていました。



SIGMA 170-500 APO



  1. 2008/10/04(土) 00:00:28|
  2. ☆SIGMA 170-500 APO
  3. 関連するタグ ホオジロ
  4. | コメント:0

パープルフリンジ

最近、いつも連れて出るのは、Tamronの28-75 F2.8
色乗りも良いし、立体感もあって良い感じ。
だいたい、この28-75mmという中途半端な画角(換算で、42~112mm)が使いよい(笑)
標準よりも少し広角~中望遠までをカバーするうえ、28mmで撮るか75mmで撮る事が多いズームの両端が、どちらも好みの画角という事なのです(まぁ、個人の好みですが)

さて、先日石山寺で貼った画像です。

石山寺
気に入っているのですが、拡大するとアラが見えます。


左上のあたりを、等倍に拡大

パープルフリンジ

見事な、パープルフリンジが浮いていますね。
上の縮小画像ではほとんど気にならないのですが。

原因は、倍率色収差だと思うのですが、やはり名玉と言われたレンズでも、フィルム時代のレンズなので、DSLRで撮って等倍に拡大すると、いろいろアラが出てきます。

だから、ダメという訳では無くて、最近の高性能レンズではほぼ解消されているでしょうから、技術というのはすごいな...などと思うわけです。

倍率色収差を補正するには、特殊低分散レンズや、異常分散レンズを使用したり、コーティングの技術でもある程度回避できるらしいです。

そんなことよりも、良い写真を撮ることを心がけねばなりません。
フリンジも後処理で目立たなくできることですし。


Tamron 28-75 F2.8



【追記】
PFreeプラグイン(Photoshop)で加工してみました。

パラメーターは
PFree

で、加工後です
加工後

だいぶ低減されていますね。
実は、パラメーターをどういじるのか分からないので、DLページのと同じでやっています。

どんなもんでしょうか?

加工後





  1. 2008/10/05(日) 00:00:55|
  2. PC
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:4
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 コマドリ コチドリ シマアカモズ シロハラ アトリ イカル モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: