FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

布草履

新兵器を買った。
新兵器
<通販で買った新兵器>
ちなみに、「ドリルドライバ」は前から有ります。
ボール盤(上下するドリルマシン)が廉価で無いかな?と思って探したら、こう言うのが有ったのだ(当然ネット)
ちなみに、これは4100円ほどだが、5000円以上で無いと送料・代引き費用が無料にならないので、雑貨(ニッパとか)を1000円ほど買う。

で、何をするかというと
マシン
こういうものを作るわけ。
さらに解らないと思うが、ある物を作るための道具だ。

成果物
これを作るのだ
布草履と言って、最近主婦雑誌等で取り上げられ、流行しているらしい。
原理は、わら草履なんだが、ビニールの編みヒモと、端切れ布もしくは、タオルを切ったモノを使う。
なんで、流行しているかというと、フローリングの床と相性が良いらしい。
ネットでは完成品も売っているので、興味のある方は探してみてください。


布草履マシン
こういう風に編む。
編み方は(私がやらないので)省略するが、写真のように、ビニールヒモをマシンに回して、布を編んでゆく。
(ヒモは、PPソフトロープ 8mmと言うモノ:太いのはあまり売ってない)
ちなみに、これはTシャツを切ったモノだが、タオルだと分厚いので、早くできるそうだ。

そもそも、わら草履は、自分の足の親指にワラ縄をかけて、左手で反対側を引っ張りながら作るモノだが、初心者には辛い体勢なうえに、片手になるので、こういうマシンを開発した人がいる。
実は、実用新案を取っておられるそうなので、営利目的で作ると捕まると思う。

なんで、新兵器を買ったかというと、まだ何台も作らないといけないのだ。
自治会の、カルチャースクールみたいな会で使うので、ボランティアで制作することになったのだ。
元々は、板にくぎを打って作るようになっていたのだが、当然分厚い板が必要で、費用がかさむので、M4の皿ネジ(65mm)で代用することにした。(板はポプラ集成材をホームセンターで購入)
まっすぐにドリルで穴をあけないと、ビスが曲がってしまって不細工なのだが、大量に作るとなると大変なので、マシンに頼ることを考えたわけだ。

何台か試作マシンを作って、下記のようなマシンに落ち着いた。
興味のある方は作ってみてはどうか?

図面
図面です(クリックしたら大きくなります)

ネットにいろいろ情報が有るし、主婦雑誌等で特集記事が有ると思うので、探してみてください。
マシンの製作は、NHKの「おしゃれ工房」に載っていたモノを参考に作りました。
(すいません、違う雑誌みたいですが、名前が判らなくなりました)



  1. 2007/07/01(日) 00:00:01|
  2. FA35 F2
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ
  5. | コメント:4

6月23日の夕方
もう夏空だと思うのだけど、変な雲だ
雲
秋の雲みたい


雲
色も独特で、不思議な雲
だいたい、西の空に広がっている。


雲
もうじき夕焼け


雲
北の空は、何故かこんな感じ


おまけ
マンホール
マンホールファンの方へ
これが明石市の下水のマンホールです。
街中では、カラーに着色したバージョンもあります。



  1. 2007/07/02(月) 00:00:23|
  2. SIGMA 50mm MACRO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ
  5. | コメント:3

マンホール他

マンホールファンさんのリクエストにお答えして、カラーマンホールです。
マンホール
明石駅前のインターロッキングの歩道部分にありますが、駅前を外れると、色が付いていません。
経費節減か?
実は、デザインというか、文字が違いますね。
間違い探しでは無いので、答えですが...「おすい」と「合流」です。

明石市の公共下水は、一番最初に船上(ふなげ)下水処理場ができたときには、合流式の下水処理施設でした。
(先日書いた、織田家長屋門の移転元が船上城でしたが、覚えておられますでしょうか?)
合流式とは、汚水と雨水を同時に処理する施設です。
雨が降ると処理量が増えますが、下水管は1系統で済みます。
で、後から作った、朝霧処理場は「分流式」
雨水と、汚水+雑排水(生活排水)が別系統になります。
雨水はそのまま、川に流します。


マンホール
これは下水マンホールと違いますね。
消火栓のようです。
消火栓も専用のデザインです。

マンホールと言うと、以前に行った鳥取の大栄「コナンロード」のマンホールを思い出します
(コナンロードの事は村岡農園の時に書きましたね)
コナンマンホール



と言うことで、今日もおまけは
マンホールを撮ったあとに見上げた、魚の棚の入り口
魚の棚と書いて、地元では「うおんたな」と発音します。
覚えておきましょう>明石通になるために
魚の棚
魚の棚はアーケード商店街です。
関西三大市場の一つに数えられる商店街なのです。


魚の棚
やっぱ、タコですね。

今日は、諸事情により、カメラがコンデジです。
一応 PENTAXですが、OptioS5z 何の取り柄もない普通のコンデジです。
最近、あまり使ってませんが。


  1. 2007/07/03(火) 00:00:02|
  2. コンパクトデジカメ
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  5. | コメント:7

コスモス

うちの近所を車で走っていたら、綺麗にコスモスが咲いていた。
休耕畑(こういう表現があるのか?)だと思うけど。
行き過ぎたのだけど、戻って少し撮影
コスモス
畑をバックに


コスモス
空をバックに


コスモス畑
こんな感じで咲いてます
梅雨とは思えない良い天気で、車で走っていると、とっても暑いです。

【追記:コスモス撮影メモ】
上の画像:F2.4 1/3000s
下の画像:F1.9 1/4000s
絞り優先 ISO100 です。
ノーレタッチ。リサイズのみ。
首の長いコスモスを撮るのに、そよそよと風が吹いていましたので
明るいことを良いことに、開放付近で高速シャッターを切っています。
ときどき、1/4000をオーバーしてましたが...
背景のボケは、F1.9でもF2.4でも同じですね。
どちらの背景が好みでしょうか?



おまけ
ハムちゃん
ご近所のハムちゃん♂
これだけ SIGMA170-500 430.00(mm) F6.7 1/125秒 

柴のミックス
ときどき逃げます(笑)

なんか、おつかれ気味?
シーズンなので、夜寝られないみたい。



  1. 2007/07/04(水) 00:00:03|
  2. FA43 F1.9 Limited
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ
  5. | コメント:0

明石の史跡 忠度塚

明石は、須磨に近いこともあり、平家物語ゆかりの史跡が多く残っている。
近いのに、なかなか訪ねることができないでいるが、今日は「忠度塚」に行くことができた。

場所は天文町、明石の裁判所の裏になる
このあたりは「忠度町」と呼ばれていたはず。他に「右手塚(うでづか)町」や「弓町」などそれらし名前が残っていたのだが、町名変更でほとんど消えてしまった。
天文町というぐらいなので、明石市立天文科学館が近くにある。
すぐ近くに「忠度公園」という児童公園もある。

と言うことで、忠度塚(ただのりづか)
忠度塚
車がすれ違うのがやっとというような細い道の脇にひっそりとある。


忠度塚
忠度塚


忠度塚
平忠度については、これを参照
享年41歳か


忠度塚
ご近所の方が供えたのか、お花が生けてあった


忠度塚
貴族社会から武家社会へと移りゆく狭間で栄えた平家の公達
武家であったのに、貴族のような優雅さを備えていた。
和歌を詠み、笛の名手などがいたと記憶している。
それ故、関東の荒武者達に追われる事となったのかもしれない。
勝者である源氏の史跡は残っていないというのに。


忠度塚
源氏の世に、忠度を弔う碑を建てるのは大変だったろうにと思う。
それとも、その頃の日本はもっと穏やかで敗者にやさしかったのだろうか?


忠度塚
ここにも、震災の跡がある。




旅宿花
行きくれて木の下かげを宿とせば花やこよひの主(あるじ)ならまし(平家物語)

【通釈】旅をゆくうち日が暮れてしまいそうだ。桜の木陰を宿とすれば、花が今夜のあるじということになるなあ。

【補記】『平家物語』巻第九、「忠度最後」。
一ノ谷の戦いで忠度は岡部六弥太忠澄に首を討ち取られた。忠澄が忠度の箙(えびら)に結び付けられた文を取ってみたところ、この歌が書き付けられていたという。

  1. 2007/07/05(木) 00:00:04|
  2. FA43 F1.9 Limited
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  5. | コメント:4
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

カシラダカ ホオジロ クロジ ミヤマホオジロ ★街歩き・旅行 タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ エナガ コゲラ シジュウカラ キビタキ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: