FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

1000Hit!

さて、6月です
これが80エントリ目ですが、31日のお昼前に1000Hitになりました。
最初、他の人が閲覧したらリセットされて、自分が半分近く数を稼ぎ出しているのかと思っていたのですが、このカウンタは、24時間は重複カウントはしないみたいなので、自宅と会社で見るとしても約80日なので、160Hit以外は誰か他の人が見たことになるわけです。
まだ2ヶ月半では有りますが、5月中に1000Hitになったので、とりあえずお祝いですね(笑)
皆様のおかげです。ありがとうございました。

1000Hitを越えたので、設定を変更して重複をカウントしようと思います。
まぁ反則とも言いますが(爆)


さて、まだネタが有るので、続いて貼ります(ぉひ)
アマサギ
アマサギも飛びます。(ピントもアマイです)


アオサギ
アオサギは一番でかいですね。


アオサギ
アオサギ2羽ですが、でかいだけに、すごい声で鳴きます。


さて、ニューフェースです
アジサシ?
アジサシの仲間だと思うのですが、特定できません


アジサシ?
すごいスピードで何度か上空を通過していきました。私の腕ではやっとこの程度です。
最初はカモメかと思ったのですが、どうも飛行スピードが速すぎるのと、つばさが細長くて、カモメのフォルムと少し違う気がするのです。
帰って、いろいろ(この不鮮明な画像で)調べてみたのですが、どうやらアジサシか、コアジサシでは無いかな?と言う結論に達しました。

アジサシ:チドリ目 カモメ科(鯵刺)
体長は35㎝ほどで、ハトと同じくらいの大きさ。翼と尾羽がツバメのように細くとがっていてスマートにみえる。くちばしはまっすぐで黒い。雌雄同色であり、頭、足、翼の先も黒く、のどと胸が白、他の体の部分はうすい灰色。

コアジサシ:チドリ目 カモメ科(小鯵刺)
体長は 25cm ほどで、ツグミやヒヨドリと同じくらいの大きさ。翼と尾羽がツバメのように細くとがっていて、嘴もまっすぐのびる。
夏羽では頭は黒く、額、のど、腹が白、他の体の部分はうすい灰色で、嘴と足はだいだい色。 冬羽では嘴と脚が黒くなり、額の白い部分が拡がる。

遠くて、速かったので大きさが不明です。
どっちだったんだろう?

【追記】
上の解説をちゃんと読んでいませんでした(汗)
くちばしが黄色いので、コアジサシで決まりですね。
コアジサシは、絶滅危惧II類に分類されているらしいです。



  1. 2007/06/01(金) 00:00:31|
  2. SIGMA 70-300mm APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ
  5. | コメント:0

ハシビロガモと...

遠いので、出来が悪いのだが、備忘録と言うことで貼っておきます。
ハシビロガモです
ハシビロガモ


もう一枚
ハシビロガモ


今回の鳥はおしまい。
もっと精進して、いい絵を撮りたいです。
いや、機材を変えないと無理か...

おまけシリーズ
風景



蒲
蒲の穂


イタチ
最後にイタチです
ちゃんとイタチを見たのは初めてでした。


前回と今回を見比べて、変えたのは、一脚を使用したこと
今回の方が、ましな絵が多いですから、一脚が有効と言うことです。
要するに、ピントが来てないように見える絵は、ぶれていると言うこと。
ぶれた絵は、アンシャープマスクで加工しても、いまいちすっきりしません。
参考になりました。

一脚の場合、前後に倒したりすることで、雲台を使用しなくても有る程度は目標にレンズを向けることができますから、機動性としては、それほど困らないです。
三脚ほどすえるのに時間はかからないですし。
当面、一脚を使うことにしましょう。

  1. 2007/06/02(土) 00:00:01|
  2. SIGMA 70-300mm APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ ハシビロガモ
  5. | コメント:4

カワラヒワ

カワラヒワが、うちの庭に来ました。
5/30なんですが。お昼間、カミさんが撮ったものです。
かわらひわ
SIGMA 55-200ですが、割と近くで撮れたようです。
りりりりりりりり...とかわいらしい声で鳴きます。
野鳥は、結構大きな声で鳴くので、声を覚えれば探すのが楽になります。
皆さんも、注意してみてください。
びっくりするぐらい、いろんな鳥が居るのですよ。

直後、携帯へ「かわらひわ げとしました!」と言うメールが届いて、人知れず悔しい思いをしたものですが(笑)
翌日帰ってすぐ庭に出てみると、聞こえるのです 「りりりりりり...」
しめた、これは噂に聞く、『かわらひわくん』に違いない。
と、大急ぎでカメラを取りに家に入って、少し遠かったですが、何とか写せたのがこれ
かわらひわ
偶然同じ所に止まったのか、それとも同じ鳥なのか?
こっちは、SIGMA70-300です。
夕方で、少し暗かったので、やや手ぶれっぽいです。


毎日、一番長いレンズをカメラに付けて、メモリの残量をチェックして、バッテリーをチェックして寝ます。
もしかしたら、庭に知らない鳥が来るかもしれないですから。

また、別の鳥が来てくれたら良いなぁ。

カワラヒワ:スズメ目 アトリ科(河原鶸) 英名 "Oriental Greenfinch"
体長は約 14cm でスズメ同大。全体的に黄褐色で、太い嘴と、翼(初列風切と次列風切)に混じる黄色が特徴的である。


  1. 2007/06/03(日) 00:00:30|
  2. ☆SIGMA 55-200
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ カワラヒワ
  5. | コメント:2

カーナビ買いました

カーナビ買いました。
最近流行の、メモリカーナビです。
金曜に来て、今日初めて、まともにドライブのお供をさせてみました。
SONY NV-U1 nav-u です。
SONY NV-U1
NV-U1(撮影はFA35 F2)

カーナビの主流は、HDDを搭載した高性能タイプと、CDもしくはDVDナビに別れるのですが、去年ぐらいから内蔵フラッシュメモリに地図を入れたモノが出ました。フラッシュメモリの価格が下がった事が大きいですが、車に搭載するため、回転するドライブを搭載しないというのはイイと思いますし、物理的にDVD等のドライブが不要なのでDVDよりも小さな筐体に入れることができます。
実際、6-7inc等のナビが主ですが、これは4.3incしかありませんから、ダッシュボード上で視界を遮る割合が少なくなります。(純正ナビはダッシュボード内に格納できますからね)
当然、DVDなどから読み出すよりもアクセスが速いと考えられます。
あと、魅力は価格が安いことですね(これが最大の要因か)
参考価格

NV-U1は、512MBの内蔵メモリに「地図」を格納し、OPのメモリスティックに詳細検索情報を入れるようになっています(最低限の検索情報は内蔵可能です)
全ての検索情報をメモリスティックに入れようとすると1GBの容量が必要です。これも安くなったので、何も考えずに1GBのメモリスティックを買いました。

さて、購入に当たって比較したのは、SANYOの mini GOLILLA
これも、昨年出た機種は1GBの内蔵メモリでしたが、今年出たマイナーチェンジ版は内蔵メモリが2GBになっています。さらにバッテリー内蔵になりましたが、お値段も上がりました。
当然、古いのが残っていれば安く買えます(最近、安く買った知人がいます)
GOLILLAの最大の売りはワンセグTVがみられること。
個人的にはぜんぜん魅力を感じませんし(TV見ないし、カミさんの携帯でもTV映るので)
SONYのは、簡易自立航法ができるというのが売りなので、SONYにしてしまいました。
あと、買ってないのですが、SONYにはVICSユニットがOPであります。

取り付けは至って簡単
付属のクレードル(台)の吸盤をダッシュボードに押しつけてレバーを押し回す
クレードルにナビ本体をカチっとはめ込む。
シガーライターから、電源を取って、ケーブルをつなぐ。
以上です。
その他何もつなぐものはありません。
吸盤は優れもので、ダッシュボードに簡単にひっつきますし、駄目な場合は、吸盤の大きさのシール(付属)をあらかじめダッシュボードに貼っておけばOK
安定も良いです。

検索データは、CDで提供される管理ソフトをPCにインストして、データDVDからメモリスティックに転送するのみ。
但し、メモリスティック・リーダが必要です。
本体データは、やはり管理ソフトを使って、USBケーブル経由で入れ替え可能です。
(将来的には、新しい地図データを買って入れ替えするわけです)

出かけるときは、ナビを家に持って入って、あらかじめ目的地をインプットしておけば、すぐにナビゲーションが開始できます。

自宅を登録しておけば、帰りは、画面上で半円形を描けば、自宅へのルートを検索始めます。
ジェスチャーコマンドですね。

文字ばかりになったので、おまけを貼っておきます。
ゆり
ゆり


名前が不明
これは名前が不明です。
カミさんの実家のお隣の庭に咲いていました。
何でしょうね?

【追記】ビヨウヤナギ(美容柳)らしいです。
    ネットで探し回ってようやく見つけました。


さて、鳥は明日以降に(笑)




  1. 2007/06/04(月) 00:00:03|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ
  5. | コメント:4

今日のオオヨシキリ

さて、オオヨシキリです。
だいぶ撮影にも慣れたので、今回、アシの中で見つけることができました。
ただ、AFではぜんぜん駄目で、MFで合わせてます。
70-300mmテレ端(1.5xテレコン付き)一脚使用です。
今回、ノートリミングで見られる程度のが撮れました。
オオヨシキリ
アシの間で見にくいです。

オオヨシキリ
MFでかろうじてピントが合う感じ

オオヨシキリ
こっちを向くと、なんか「おじいさん」みたい

オオヨシキリ
だいぶよく分かります

オオヨシキリ
羽根の模様もよく見えます

オオヨシキリ
やっぱり大声で鳴く姿がオオヨシキリらしい


オオヨシキリ
やっぱりこれですよね。


今回、だいぶ満足いくのが撮れました。
何度も付き合ってくれた「オオヨシキリ」くんに感謝です。




  1. 2007/06/05(火) 00:00:03|
  2. SIGMA 70-300mm APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ オオヨシキリ
  5. | コメント:1
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

ツグミ ジョウビタキ ★街歩き・旅行 トビ オジロビタキ タゲリ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ シジュウカラ キビタキ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ コアオアシシギ オオハシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ イソヒヨドリ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: