FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

明石原人まつり

今日は、鳥見はお休みで、「第17回明石原人まつり」と言うのに参加しておりました。
明石原人をネタに、町おこしをしようという事なのですが、うちの高校の同窓会メンバーが、原人まつりの主要スタッフだったりするので、何年も前から、ブース出店しています。
今年はお気楽に、フライヤーで揚げ物と、飲み物

原人まつり
フライドポテトと、タコの唐揚げ、チキンナゲットです。

原人まつり
これは、発泡酒ですが、ビールとお茶等も販売していました。

原人まつり
お隣のテントは、現役高校生が、手打ちうどん店を出店

原人まつり
実は、味見に行く前に、完売してしまいました。

原人まつり
こういうの、そそられますね。

原人まつり
この色が、なんとも。
でも、雨上がりで、ちょっと暑さが足りませんでした。

原人まつり
最後は、氷の上で、ビール缶を回して

原人まつり
穴をあけて遊んでいたり。

原人まつり
タコ検定の、シンボルかな?

あと、恒例の、原人パレード(原人の扮装)も有りました。
ステージパフォーマンスや、フリーマーケットもやっていました。
もう、17年も続いているのですね。


*istD+FA24-90 (K10Dは、レンズの修理に同行中です)



  1. 2008/05/26(月) 00:00:25|
  2. ☆FA24-90
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:6

神椿ふたたび

金比羅歌舞伎を観るために金比羅さんへ来たわけなのですが
一緒のメンバーには、『神椿』を素通りして帰るわけにはいかないようで、
神椿のパフェを目指して、500段を登る訳です。
本殿へ(あと200段あまり)上がったのは、若いお二人だけだったことは、内緒にしておきましょう(笑)

神椿

さて、前回は、珈琲をいただいた訳ですが、今回の流れでは、やはりこれを外すわけにはいかないでしょう。

神椿
美味しかったです。
ちょっと、高かったですが(笑)

神椿
田窪恭治氏創作の、藪椿の陶板画

「化粧室の手洗いに置いていたオードパルファムとあぶらとり紙。
神椿にしか置いていないとのことで、ぜひお土産として。」

...だそうです。しくじりました(汗)

金比羅さん
金比羅さんの石段周りは、自然も豊かで、季節によっていろいろと楽しませてくれます。


金比羅さん
ソメイヨシノは、すっかり葉桜でしたが、八重桜は見頃でした。


さて、今回のお供は、FA24-90

標準系のZoomは、最初に買った FAJ18-35 と、DA16-45 F4を持っています。
DA16-45は一番最初にリリースされた、PENTAXのAPS-C専用レンズ。
設計が新しいだけあって、開放からシャープで、諸収差も少なく、16mmスタートの画角は、建物や風景を捉えるのに、すばらしいのですが、少し望遠側が足りません。

24-90mmは、広角側が少し不足ですが、スナップと風景用にはちょうど良い画角になります。
実は (特に望遠側で逆光時など) パープルフリンジが出るので、最近あまり持ち出して無かったのですが、良い色乗りで、開放から破綻も少なく、好みのレンズでは有るわけです。
こうやって見返すと、ボケ具合も、Zoomにしては良いですね。

最近は、鳥見で超望遠か、50mmの単焦点ばかり持ち歩いているので、どんと広角側へ振れるレンズは力が抜けて良いですね。

やはり、旅先のスナップは、AFでZoomが楽だなぁ(笑)


  1. 2008/04/23(水) 00:00:20|
  2. ☆FA24-90
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  5. | コメント:8

海老蔵は 『モビルスーツ』 のように

金比羅歌舞伎、第三幕は、『歌舞伎十八番 暫(しばらく)』
このお芝居の中には、歌舞伎 荒事の様式美が総て含まれているそうです。

金比羅歌舞伎
こんなところから観てました。

鎌倉権五郎景政(海老蔵) 
その扮装は、紅の「筋隈」、鬘(かつら)は、ムカデのような「五本の車鬢(くるまびん)」、頭には烏帽子に蝶々のような白い力紙と言う出で立ち。
さらに、衣装がすごい。たぶん高下駄のようなものを掃いているのでしょう、背も高い。
太刀は、信じられないほど巨大、素襖も横に広げると3mとくれば...
「モビルスーツ」なのです。
あり得ないものがそこに有りました。

彼が、花道から現れただけで、客席はやんやの拍手。
おまけに、花道は客席のすぐそこ。鎌倉権五郎景政は、すぐそこに居るのです。
あぁ、これが歌舞伎の魅力だなぁと思います。

見得を切る。
役者が止まる。客の視線が集まる。役者の姿が脳裏に焼き付く。
また、観たいと思わせる演出を探し求めて、数百年。

金比羅歌舞伎
楽しませたいモノと、楽しみたいモノが、そこに居ました。


金比羅歌舞伎
芝居小屋には、非日常が住んでいるのでしょうね。


金比羅歌舞伎
また見に行きたいものです。


歌舞伎の話しは
ここが面白かったです。



FA24-90 F3.5-4.5





  1. 2008/04/22(火) 00:00:20|
  2. ☆FA24-90
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  5. | コメント:2

四国こんぴら歌舞伎大芝居

四国の金比羅歌舞伎に行ってきました。
日帰りです(笑)
だいたい、2時間強なので、そんなにしんどくないですが(足がややだるいです)

さて、旧金丸座(金比羅歌舞伎の建物)には、何度も足を運んでいるのですが、実際の歌舞伎を見るのは、今回が初めて。
琴平駅あたりから金比羅さんの参道まで、歌舞伎一色です。
金比羅歌舞伎
今回は、市川海老蔵の初座長公演と言うことも有って、なかなかの人気です。

おさかな氏の尽力で、チケットを取っていただきました。

金比羅歌舞伎
さすがに、公演中は、建物も生き生きしています。

金比羅歌舞伎
午前の部を観ました(午後とは演目が違います)
・双蝶々曲輪日記 角力場 (ふたつちょうちょうくるわにっき)
・太刀盗人 (たちぬすびと)
・歌舞伎十八番の内 暫 (しばらく)
の三幕です。

チケットは、お弁当と、おみやげの付いたもの。
金比羅歌舞伎
お弁当です。
三越謹製。なかなか美味しかったです。

金比羅歌舞伎
おみやげの一部
あと、おうどん(乾麺)と、おやつなど。

歌舞伎は、エンターテインメント
伝統芸能では有りますが、基本的にサービス精神旺盛で、単純に観て楽しいです。
能などの、張りつめた緊張感とはまた違った良さが有りますね。

金比羅歌舞伎は、現在の規模からいくと「小屋が小さい」ので、すぐそこで行われる臨場感が有ります。
たまたま、舞台のすぐ脇の席でしたので、角度が悪い代わりに、すぐそこまで役者が来るので、大迫力でした。


FA24-90 F3.5-4.5

  1. 2008/04/21(月) 00:00:20|
  2. ☆FA24-90
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  5. | コメント:11

大蔵八幡町(2)

大蔵八幡町は旧街道の通る街ですから、どちらかというとひっそりしています。
こんな感じです。
大蔵八幡町
2階の背が低い建物は、おそらく江戸時代の建物
ここは街道沿いですから、参勤交代の武士も通ったはず。
その時代、2階から武士を見下ろすことは許される事ではありませんでした。
2階はそもそも居室では無かったわけですね。
ですから、天上高も低くてこんな感じの建物になります。

大蔵八幡町
古そうな塀を発見
いつ頃の塀なんでしょうね。

さて、大蔵八幡町と言うのは、八幡神社があるからです。
大蔵八幡町
たぶん、阪神淡路大震災で倒壊した鳥居を再建したものと思われます。

大蔵八幡町
永らく明石に居ますが、ここの神社は初めてかな?

大蔵八幡町
一応、狛犬も押さえておこう。

大蔵八幡町
本通りよりも、路地の奥にドラマがありそうな、古い町並みなのです。



【画像を追加】
さぬきのトトロさんのご指摘により
狛犬を追加(汗)
狛犬



  1. 2007/10/24(水) 00:00:21|
  2. ☆FA24-90
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  5. | コメント:4
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KPとHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたが、暗いところで、ISO上げられるので、撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズとKPの組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 キョウジョシギ キアシシギ トウネン シロチドリ アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ コゲラ キビタキ エナガ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: