FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

四国水族館 (2)

四国水族館の続きです。


四国水族館
いやしのクラゲ展示は最近のトレンド


四国水族館
本館は、小さい水槽が多いです。


四国水族館


四国水族館


四国水族館


四国水族館
ここが、目玉の、撞木ザメの水槽です。


四国水族館
見学者は、椅子に座って見上げる感じ。


四国水族館
やはり、大きい水槽はいいですね。


四国水族館
広角なんで、はるか向こうに瀬戸大橋が見えます。


四国水族館
イルカ水槽を下から。
深さが足りないので、ダイブするとそこにつきそうです。


四国水族館
鳴門海峡の渦潮をイメージした水槽だそうです。


四国水族館
売店で、和三盆の撞木ザメを買いました。

さて、まだ帰るには早いです。



E-PL9 + LUMIX G14mm F2.5



  1. 2020/09/22(火) 20:09:13|
  2. LUMIX G 14mm F2.5
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

四国水族館 (1)

自粛疲れで、久しぶりにさぬきうどんを食べに行きました。
と言っても、りかゆんは1-2軒が限度なので、何か別の企画が必要。
先日OPENした宇多津の四国水族館を組み込みました。

うどんは、「海侍」でスタート
もちろん、キュウリのワサビ漬けをあしらったぶっかけうどんです。
キュウリのワサビ漬けぶっかけは、9月中しか食べられないのです。
うどんを食べたら、水族館へGOです。


四国水族館
大人2200円はちょっと高いかな。
うわさでは、整理券を渡されて、1~1.5時間待ちだという話だったのですが
チケット買うのに、10人ぐらい並んだだけで、すっと入ることができました。
帰る頃にはもう少し混んでましたが。


四国水族館
あとから撮った外観です。


四国水族館
敷地面積8516平方メートル
2階建で、延床面積は7184平方メートル
展示水量の合計は2233トン


四国水族館
海遊館の一番大きな水槽が、約5,400トンなので、その半分ほど。
それでも、四国最大の水族館になります。


四国水族館
イルカのプールは上からと、下から見ることができます。


四国水族館
ペンギンのプール
最近は珍しい魚を展示するだけでは誰も来てくれません。


四国水族館
食べて美味しい魚も結構いました。


四国水族館
これは、くじ引きの景品。


四国水族館
有名な、ゴールドタワーのすぐ近くになります。


四国水族館
ケープペンギン(温帯ペンギン)なんで、すぐそこに居ます。


四国水族館
アシカと記念撮影


四国水族館
もうちょっと続きます。



E-PL9 + LUMIX G14mm F2.5



  1. 2020/09/21(月) 23:09:13|
  2. LUMIX G 14mm F2.5
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

御影公会堂 (2)

御影公会堂の続きです。


御影公会堂


御影公会堂
洋館の階段は美しい。


御影公会堂


御影公会堂


御影公会堂
ドアが開いていたので、部屋の中も少し撮らせていただきました。


御影公会堂


御影公会堂
会議室


御影公会堂
これは、大ホール用の映写室です。
ここで映写機等を操作したのだと思います。


御影公会堂
お祭りの山車のミニチュア


御影公会堂


御影公会堂
一階ロビー


御影公会堂
という事で、以上です。

お昼を食べたころは、そこそこのお天気だったのですが、食べた後内部を撮って、外に出たら雨が結構降ってました。
先に外観を撮れば良かったですが、雨に濡れたスクラッチタイルも良かったかもしれません。
また、オムライスを食べに来たいです。



E-PL9 + LUMIX G14mm F2.5


  1. 2020/09/13(日) 21:09:10|
  2. LUMIX G 14mm F2.5
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

御影公会堂 (1)

行きたいと思っていた、御影公会堂へ行ってきました。
実は別のところへ行く予定が、お休みという事で思い出した次第(汗)


御影公会堂
登録有形文化財です。


御影公会堂
現役の公会堂なので、この日も使用されていました。


御影公会堂ランチ
先にランチを
ここのオムライスとハヤシライスは有名らしいです。


御影公会堂ランチ
欲張って、私はオムハヤシ。りかゆんは、オムカレーをいただきました。
休日は並ぶそうですが、この日は少し時間が早いのと、平日なので並ばずに入れました。


御影公会堂
ランチのあとで見学です。
中之島公会堂もですが、美しい大理石が使われています。


御影公会堂
玄関ホールは吹き抜け
階段はフォトジェニック。


御影公会堂


御影公会堂
玄関ホールのトップライトです。


神戸市立御影公会堂

以下、wikiより
兵庫県神戸市東灘区御影石町4丁目、石屋川の東側、国道2号の北側にあります。
国の登録有形文化財に登録されており、集会施設として利用されるほか、施設内にある御影公会堂食堂は、建設当時から営業している老舗の洋食店として知られています。

御影町時代、この建物は御影町公会堂として建設されました。設計は清水栄二です。
白鶴酒造の嘉納治兵衛の20万円の寄付と、町費積立金等で建設費・設備費等が賄われた。
敷地は約945坪、1932年6月に大林組の請負で着工し、翌年5月20日竣工。5月25日落成。

1945年(昭和20年)神戸大空襲により御影の町は焦土と化し、公会堂も被災。
公会堂の外側だけがやっと残ったような状態でした。
御影町が神戸市と合併後、1953年(昭和28年)4月から使用を再開
大ホールは約一千人を収容でき、神戸市最大の集会施設でした。
1957年(昭和32年)から、結婚式場を設置し、低廉な経費で結婚式を行い、最盛期には年間1100件の挙式があったが、各所に結婚式場が増えたため減少。1983年に閉鎖されました。
築後60年を経過し、耐震の観点からも、正面玄関部分のみを残し、北側を壊して新しく建て替える計画(柔道の殿堂「嘉納記念館」とする計画)が浮上しましたが、阪神淡路大震災により立ち消えとなります。
幸い、震災の影響は軽微で、避難所として活用されました。
震災から21年経った2016年4月より、老朽化に対する修繕及びバリアフリー対応を目的として約16億円を投入して、建物外観の殆どをそのままにリニューアル工事が行われ、翌2017年4月10日にリニューアルオープンしました。
地下には御影郷土資料室・嘉納治五郎記念コーナーが設けられています。

鉄筋コンクリート三階建 延  約3234㎡


続きます。


E-PL9 + LUMIX G14mm F2.5
ランチは HUAWEI P20 Pro HW-01K



  1. 2020/09/12(土) 22:09:10|
  2. LUMIX G 14mm F2.5
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

紅葉 2019

貼り忘れる前に今年の紅葉を貼っておこう。
稲美の万葉の森です。


万葉の森
令和の出典が「万葉集」という事で、説明碑ができていました。
そうそう、今年の漢字は「令」だそうですね。


万葉の森
ここに野鳥が水浴びに来ます。
この日はあんまり来なかったけど。


万葉の森
ちょっと盛ってますので、悪しからず。


万葉の森


万葉の森


万葉の森


万葉の森


万葉の森


万葉の森


万葉の森


万葉の森


万葉の森


万葉の森


万葉の森
シュウメイギク (秋明菊)だそうです。
たくさん咲いていました。



E-PL9 + LUMIX G14mm F2.5


  1. 2019/12/12(木) 23:11:24|
  2. LUMIX G 14mm F2.5
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ☆花 オオヨシキリ カラシラサギ カイツブリ コアジサシ アジサシ レンカク ムラサキサギ ヨシゴイ ムナグロ ウズラシギ キビタキ ホオジロ ミソサザイ ゴジュウカラ エナガ ヒヨドリ シメ ヤマガラ コルリ コマドリ オオルリ ジョウビタキ コムクドリ スズメ ニュウナイスズメ ホウロクシギ ソリハシセイタカシギ ハジロカイツブリ キレンジャク ヒレンジャク メジロ ギンムクドリ モズ トモエガモ チョウゲンボウ コゲラ アカゲラ コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ アオアシシギ エリマキシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ カシラダカ タゲリ ビンズイ ルリビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ オジロビタキ ミコアイサ ミサゴ カワアイサ ホシムクドリ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ サメビタキ エゾビタキ メダイチドリ ソリハシシギ セイタカシギ ベニアジサシ ケリ アマサギ コチドリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ カササギ アオバト ホシハジロ スズガモ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: