FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

自治会の夏祭り

今日は、自治会の夏祭りでした。
町内の児童公園で、すべてボランディアで運営する夏祭りです。

焼きそば、たこ焼き、ウインナー、かき氷。
スーパーボールすくい、ワッフル、ジュースにビール。

準備は大変ですが、業者が入らないので、100円とか50円なので
子供たちは喜んでます。

さて、2-300人は来たかなぁ。
6時スタートですが、6時半ごろに行ってもすごい人でした。


夏祭り


夏祭り


夏祭り


夏祭り


夏祭り


夏祭り


夏祭り


夏祭り


夏祭り


夏祭り


夏祭り


夏祭り


夏祭り

暑い一日が終わりました。



LUMIX G9pro + LEICA 12-60mm



  1. 2019/08/10(土) 23:08:10|
  2. LEICA 12-60mm
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

ひまわり

またしても出遅れて、終わりかけのひまわり
小野 「ひまわりの丘公園」です。


ひまわり
この日が最後で、刈り取られます。
次は、コスモスに模様替え


ひまわり
もうちょっと広角を持ってくるんだったか?


ひまわり


ひまわり


ひまわり


ひまわり
以上です。

ここ数日めっちゃ暑いです。
気が付けば8月
夏だなと思ったら、終わりの始まりなのかな。



LUMIX G9pro + LEICA 12-60mm



  1. 2019/08/03(土) 00:07:28|
  2. LEICA 12-60mm
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

旧山邑家住宅

ようやく見に行ってきました。旧山邑家住宅
淀川製鋼所迎賓館(ヨドコウ迎賓館)

灘五郷の造り酒屋・櫻正宗の八代目当主山邑太左衛門の別邸としてアメリカ人建築家フランク・ロイド・ライト (Frank Lloyd Wright) が設計した個人住宅。

原設計は1918年で、ライトは1922年にアメリカに帰国してしまったため、実際の建築はライトのもとで帝国ホテルライト館の建設にも携わっていた遠藤新と南信が行った。
竣工は1924年(大正13年)で、芦屋市街を一望できる高台に建っている。
1947年から淀川製鋼所が所有し、社長邸や独身寮などとして使われた。
ライトが日本で設計した住宅建築としてほぼ完全な形で現存する唯一の作品。

1974年、大正時代以降の建造物として初めて、かつ鉄筋コンクリート建造物としても初めて国の重要文化財に指定された。
栃木県産の大谷石を内・外装に多用し、細かい装飾を至るところに施している。

2016年11月より保存工事のため閉館。2019年2月16日より一般公開が再開しています。
https://www.yodoko-geihinkan.jp/


旧山邑家住宅
一階は玄関と車寄せのみ。


旧山邑家住宅


旧山邑家住宅
二階にあがると、応接間があります。
あとは、小さな配膳スペースと倉庫のみ。


旧山邑家住宅
室内にもふんだんに大谷石が使われています。


旧山邑家住宅


旧山邑家住宅
入り口を狭くすることで、室内の広さを強調するライトの手法。


旧山邑家住宅
のり地に建つためもありますが、複雑な平面で、レベルがいくつあるのかわからなくなるぐらい


旧山邑家住宅
3階には、和室と寝室等があります。
当初の設計では和室は無かったのですが、施主の希望で3部屋続きの和室があります。


旧山邑家住宅
建物の金物はすべて金メッキが施されています。


旧山邑家住宅
3階家族寝室には、竣工90周年を記念して復元した、竣工当時の机と椅子を展示しています。


旧山邑家住宅


旧山邑家住宅
高台なので、今でも素晴らしい眺望。


旧山邑家住宅


旧山邑家住宅
最上階の食堂
素晴らしい意匠です。


旧山邑家住宅


旧山邑家住宅


旧山邑家住宅


旧山邑家住宅


旧山邑家住宅


旧山邑家住宅


旧山邑家住宅


旧山邑家住宅
一段低い駐車場から建物を見る。


LUMIX G9pro + LEICA 12-60mm


平面図
旧山邑家住宅 平面図



2014年の、浅野忠信主演のNHKテレビドラマ「ロング・グッドバイ」にも登場します。
ドラマは、レイモンド・チャンドラー「ロング・グッドバイ」を焼き直したもの。
https://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=goodbye


  1. 2019/07/28(日) 00:07:21|
  2. LEICA 12-60mm
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

舞子から有馬温泉へ

先日、遠方から知人が来てまして。
明石で「蛸を肴に飲む」というのがメインだったのですが、当日は天文科学館あたりからスタートして、明石城あたりを散策。
翌日は、私が引率して、明石海峡大橋を見た後、有馬温泉へ繰り出しました。
と言っても、金泉(外湯)に入ったぐらいですが。

うちの近くのおのぼりさん観光コースです。


明石海峡大橋
舞子駅の南、すぐに明石海峡大橋はあります。
実際、JR舞子駅からEVがあって、高速バスの乗り場に直結しています。
換算、24mm、もっと広角が欲しい。


移情閣
公園内にある移情閣
通称「舞子の六角堂」は孫文記念館です。
【追記】
1915年築。現存する日本最古のコンクリートブロック造建造物で、国の重要文化財


明石海峡大橋
少しガスってました。
この日は「明石海峡大橋 海上ウオーク」の日で、たくさんの参加者が集まっていました。
一斑120人で、10班×2日で、合計2400人が参加したようです。


移情閣
さて、舞子を後にして、有馬温泉へ


有馬温泉
10時頃に着いたので、わりと空いていました。


有馬温泉
有馬温泉は、全国的にも有名な温泉なので、外湯ですがいい思い出になったかな?
wikiによると、日本三古湯に数えられるそうで、江戸時代の温泉番付では当時の最高位である西大関に格付けされ、秀吉が愛したことでも有名です。

金泉の泉質は、塩分と鉄分を多く含み褐色を呈する含鉄塩化物泉。舐めると塩辛いです。
湧出口では透明ですが、空気に触れ着色する含鉄塩化物泉になります。
「金泉」、「銀泉」という名称は、有馬温泉旅館協同組合の登録商標だそうです。


有馬温泉
ここは、金泉横の「足湯」
時間が無ければ足湯だけでも。


有馬温泉
観光客ルートです。


有馬温泉
有馬温泉内には、何か所も源泉があります。


有馬温泉
ここも別の源泉
泉種だけでも、金泉、銀泉、炭酸泉と三種類。


有馬温泉


有馬温泉
これは、ランチを食べたお店の中。
懐かしい、ピンボールは年代物でした。
若い子は、横のボタンでレバーを操作するのも知らなかったみたい。

この後、竹中大工道具館へ行って解散
一人は新幹線で、二人は神戸空港から帰路につきました。

楽しんでもらえたかな?



LUMIX G9pro + LEICA 12-60mm


  1. 2019/06/09(日) 23:05:26|
  2. LEICA 12-60mm
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

吉野山のさくら

先日、吉野(奈良)の先輩に会いに行ってきました。
もちろん桜がお目当てなわけです。吉野の桜も20年以上行ってませんでしたので。

平日なので、すいてる吉野山を見るつもりが、この日は年に二日だけの蔵王堂花供懺法会(花供会式)
着いたら時間がぎりぎりで、先輩の車で、地元の人も通らない林道を飛ばして、ほんとにぎりぎりで花供会式に間に合いました。

花供会式は、蔵王堂(金峯山寺:きんぷせんじ)ご本尊である、蔵王権現に、ご神木である桜の開花を報告する儀式だそうで、大名行列が蔵王堂に向かいます。

世界で二番目に大きな木造建築である吉野山蔵王堂では、秘仏蔵王権現特別ご開帳にも遭遇し、巨大なご本尊を前に小部屋にこもって懺悔する機会もいただきました。

これまた久しぶりに、吉水神社にも寄って、当時の南朝皇居も拝見しました。
義経が避難していた場所でもあります。

吉野の中千本を愛でながら、ワインとランチもいただきました。
大変盛りだくさんな吉野行きでした。


吉野
間に合いました。


吉野
吉野の若者は、全員踊れるそうで、酔うとこの踊りを披露するという話です(笑)


吉野


吉野
この銭箱には、本当に銭が入っているそうで、振り回すと音がします。


吉野
蔵王堂へ向かいます。


吉野


吉野


吉野
一目千本


吉野


吉野
山桜は花より先に葉っぱが出ますが、オレンジ色の葉っぱなので、ソメイヨシノとはずいぶん趣が違います。


吉野
吉水神社です(旧南朝皇居)


吉野


吉野


吉野
蔵王堂へ戻って特別参拝しました。(1000円なり)


吉野


吉野
世界最大の秘仏蔵王権現(高さ7m)だそうです。


吉野


吉野
ここで「柿の葉寿司」を買いました。


吉野


吉野
葛切りも食べました。


最後に、吉野町立老人福祉センター中荘温泉へ寄って帰りました。




金峯山寺(きんぷせんじ)は、奈良県吉野郡吉野町にある金峰山修験本宗(修験道)の本山である。
本尊は蔵王権現、開基(創立者)は役小角と伝える。

金峯山寺の所在する吉野山は、古来より桜の名所として知られ、南北朝時代には南朝の中心地でもあった。



LUMIX G9pro + LEICA 12-60mm


  1. 2019/04/22(月) 23:04:11|
  2. LEICA 12-60mm
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 コアジサシ オオヨシキリ ☆花 タゲリ ビンズイ カシラダカ ルリビタキ スズメ ヤマガラ キビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ コゲラ オジロビタキ ミサゴ ミコアイサ カワアイサ ホシムクドリ モズ メジロ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ エナガ サメビタキ コサメビタキ エゾビタキ キョウジョシギ トウネン ソリハシシギ ハマシギ メダイチドリ セイタカシギ アオアシシギ ベニアジサシ ミソサザイ アマサギ ケリ コチドリ ムナグロ ヒレンジャク ハジロカイツブリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ ジョウビタキ クロジ カヤクグリ エリマキシギ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ コムクドリ キアシシギ シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ ホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: