FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

ヒマラヤの青いケシ

蓮華升麻を貼っていて気が付いたのですが
この前、高山植物園に行ったときに、「ヒマラヤの青いケシ」を撮ったなぁと振り返ったら、BLOGにありません。
なんと、忘れてたのですね。

という事で、引っ張り出してきました。
5月19日の撮影でした。

「ヒマラヤの青いケシ」 こと、メコノプシス・ベトニキフォリア
1500株の群生だそうです。

実は、この青いケシも、その前に行ったときは終わってしまっていて、数株だけ花が残っていましたが、けっこう残念な感じで
これも最盛期に来なければと思ったわけです。

調べたら去年の事でした。
オダマキと駒草は綺麗でしたが。

という事で、これもリベンジです。


ヒマラヤの青いケシ
群生です。


ヒマラヤの青いケシ
詳しくないですが、青い花は珍しいですし、この「ヒマラヤの青いケシ」も人気が高いです。


ヒマラヤの青いケシ
今回は、撮り放題。


ヒマラヤの青いケシ
なんか、上のとちょっと違うような。
雌雄があるのかな?


ヒマラヤの青いケシ


ヒマラヤの青いケシ


ヒマラヤの青いケシ


ヒマラヤの青いケシ


ヒマラヤの青いケシ


ヒマラヤの青いケシ


ヒマラヤの青いケシ


ヒマラヤの青いケシ
一輪だけ白い花が。


ヒマラヤの青いケシ
以上です。


PENTAX KP + DFA100mmF2.8 Macro



Meconopsis betonicifolia Franch (メコノプシス・ベトニキフォリア)
一般にヒマラヤの青いケシといえば本種を指し、英名もそうなっているが主産地は中国雲南省北西部の高山地帯である。多年生であるため、一度根付けば種から育てる必要は無く、その点栽培の難しい本属の中では栽培しやすいといえる。ただし低地で栽培した場合は紫外線の影響もあり、花色の青は薄らぐ傾向にある。
-wikiより-



  1. 2019/07/25(木) 23:05:19|
  2. D FA MACRO 100mm
  3. 関連するタグ ☆花
  4. | コメント:0

蓮華升麻 2019

りかゆんが女子会だというので、お休みに一人でうろうろすることに。
そろそろ、蓮華升麻(レンゲショウマ)が開花しているというので、見に行くことにしました。

一昨年のお盆のころ、知人のSNSに蓮華升麻がUPされていて、自分でも見たいと思ったのですが
調べたら、六甲高山植物園に咲いていて、しかも「見頃」とあるので、喜んで見に行ったのです。
ところが、結構花が痛んでいて、残念な思いをしたのでした。
知人は、関東なので、少し開花が遅いのかもしれません。

ともかく、機会があればもう少し早い時期に見に行きたいと思っていたので、出かけてきました。
六甲でも、いつもの森林植物園と違って、高山植物園は、芦屋の上のほうなのです。

さて、高山植物園に着いて、入り口を入ったところで、何人か集まっていて、今まさにガイドツアーが始まるところだったので
しばらくついて行くことに。
高山植物園の花は、山野草なので、気を付けないと見落としてしまうものばかりです。

教えていただいても、すぐに忘れちゃうのですが。

という事で、ツアーの終わりごろに目的のレンゲショウマのところまで来たので
ツアーの皆さんと別れて、一人レンゲショウマを堪能しました。

200枚以上押したので、多めに貼っておきます。


蓮華升麻
可憐な花で「森の妖精」と呼ばれるようです。


蓮華升麻
たくさん、ツボミが付いていて、まだ痛んでないこもありました。


蓮華升麻
木漏れ日の「ボケ玉」とのコラボもいい感じでした。


蓮華升麻


蓮華升麻


蓮華升麻


蓮華升麻
お昼から開くでしょうという話。
まだツボミです。


蓮華升麻


蓮華升麻


蓮華升麻


蓮華升麻


蓮華升麻
風が無くて良かったです。


蓮華升麻


蓮華升麻


蓮華升麻


蓮華升麻


蓮華升麻


蓮華升麻


蓮華升麻
たくさん押して満足しました。

一昨年のはこれ



PENTAX KP + DFA100mmF2.8 Macro




  1. 2019/07/24(水) 19:07:21|
  2. D FA MACRO 100mm
  3. 関連するタグ ☆花
  4. | コメント:0

今年の月下美人 2019

今年も月下美人が咲きました。
実は、近所からもう一鉢いただいた分なんですが
数えたら12個もツボミが...

これが、一番花です。
LED照明で、手持ちです。


月下美人
7:23 開き始めました。


月下美人
このツボミは、明後日ぐらい咲きそうな別の花


月下美人


月下美人


月下美人


月下美人


月下美人


月下美人


月下美人


月下美人


月下美人


月下美人


月下美人


wikiによれば
古くから日本に普及していた株は、原産地から導入されたたった1つの株から挿し木や株分けで増やされた同一クローンであり、受粉に際して自家不和合性を示す特性があるため人工授粉してもほとんど果実が実ることはなかった。
しかし1980年代に東京農業大学の研究グループが原産地から野性の別のクローンを持ち帰り、増殖、普及させたため今日では複数のクローンが幾つもの園芸業者によって国内流通しており、これらの間でコウモリに代わって人間が人工授粉してやれば容易に成熟した果実が得られるそうです。




PENTAX KP + DFA100mmF2.8 Macro



  1. 2019/07/23(火) 22:07:23|
  2. D FA MACRO 100mm
  3. 関連するタグ ☆花
  4. | コメント:0

紫陽花 2019 -おまけ-

六甲森林植物園での、紫陽花のおまけです。


六甲森林植物園
ホタルブクロ


六甲森林植物園
沙羅の木


六甲森林植物園
モリアオガエルの卵


六甲森林植物園
オオヤマレンゲ


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園
以上でした。



PENTAX KP + DFA100mmF2.8 Macro



  1. 2019/07/10(水) 22:06:23|
  2. D FA MACRO 100mm
  3. 関連するタグ ☆花
  4. | コメント:0

紫陽花 2019 100MACRO -3-

2019 六甲森林植物園の紫陽花はこれでおしまい。


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園
いつも、シチダンカの花は終わっていて、ガクだけかろうじて撮ってますが
今回は少し早いので、花が残っていました。


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園


六甲森林植物園

以上です。



PENTAX KP + DFA100mmF2.8 Macro


  1. 2019/07/05(金) 13:06:23|
  2. D FA MACRO 100mm
  3. 関連するタグ ☆花
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 コアジサシ オオヨシキリ ☆花 タゲリ ビンズイ カシラダカ ルリビタキ スズメ ヤマガラ キビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ コゲラ オジロビタキ ミサゴ ミコアイサ カワアイサ ホシムクドリ モズ メジロ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ エナガ サメビタキ コサメビタキ エゾビタキ キョウジョシギ トウネン ソリハシシギ ハマシギ メダイチドリ セイタカシギ アオアシシギ ベニアジサシ ミソサザイ アマサギ ケリ コチドリ ムナグロ ヒレンジャク ハジロカイツブリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ ジョウビタキ クロジ カヤクグリ エリマキシギ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ コムクドリ キアシシギ シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ ホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: