FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

産寧坂へ (3)

さて、ようやく今回でおしまい。
三年坂(産寧坂)から、二年坂(二寧坂)へ曲がります。


二年坂
二年坂へ曲がる角です。
ここも少し急な坂ではじまります。


二年坂
人気があるのもわかりますね。
いい雰囲気です。


二年坂
伝建地区のスタバです。
聞いたら、知り合いの同僚だった人の設計とか。


二年坂
りかゆんが持っているのは「阿闍梨餅」(笑)
前のせんべいやで、焼き立ての「きんつば」を買って食べました。


二年坂
ようやく坂も終わり


八坂の塔
通称「八坂の塔」が見えます。
法観寺です。
真後ろに、京都タワーも見えますね。


二年坂
二年坂を下から見上げる。


二年坂


高台寺
高台寺です。
秀吉の正室である北政所(高台院)が秀吉の冥福を祈るため建立した寺院


高台寺
台所坂というそうです。


高台寺
降りたら、ねねの道


ねねの道
落ち着いた小道です。


祇園閣
いきなり現れる祇園閣


祇園閣
祇園閣は、1928年(昭和3年)に建築された3階建ての建物で、大倉財閥の設立者である大倉喜八郎が別邸とし建てた別邸「真葛荘」の一部である。
屋根は銅板葺きであるが、これは大倉が金閣、銀閣に次ぐ銅閣として作ったためである。
祇園祭の鉾を模したもので、設計は伊東忠太。元からこの地にあるもので、1972年の大雲院の移転により伽藍の一部となった。
-wikiより-


知恩院
知恩院三門(国宝)です。
入るのは久しぶり


知恩院
本堂は修理中でしたので、売店でうろうろ
これ、線香です。全部


知恩院
帰りは、三門のわきを通って(階段急やから)


一澤帆布
一澤信三郎帆布の前を通って、地下鉄に乗りました。
京都散策はこれにて終了。
お付き合いありがとうございました。


このあと、某会の反省会で、熟成肉を食べてきました。
もっと、反省会を頻繁にやらねばという反省をしました。



GX8 + LUMIX X 12-35mmF2.8



  1. 2018/01/21(日) 12:12:17|
  2. LUMIX X 12-35mmF2.8
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

産寧坂へ (2)

京都の続きです。

産寧坂とは、清水坂から北へ石段で降りる坂道を言います。公式には北に二年坂までの緩い起伏の石畳の道も含みます。
北にある八坂神社、円山公園、高台寺、法観寺(八坂の塔)と南にある清水寺を結んでいるため、観光客が絶えません。
沿道は土産物店、陶磁器店、料亭などが並び、文化財保護法に基づき重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。

「京都市産寧坂伝統的建造物群保存地区」の名称で重要伝統的建造物群保存地区として選定されました。
その後、通称「石塀小路」地区が追加選定されて、保存地区の面積は約8.2haとなっています。

「産寧坂」の語源には諸説あり、この坂の上の清水寺にある子安観音へ「お産が寧か(やすらか)でありますように」と祈願するために登る坂であることから「産寧坂」と呼ばれるようになったという説が有力だが、一方で清水寺に参拝した人がこの坂道を通る際に念願を強くし、願いが叶ったあとで観音様への御礼に再度お参りする時に通る坂であることから「再念坂」と呼ぶようになったという説もある。
-wikiより-


産寧坂
ここはまだ清水坂ですね。
清水寺を出てすぐです。


産寧坂
京都はつけもん屋が人気です。


産寧坂
産寧坂に曲がる角っこにあるのが、七味家本舗です。
ここの七味は、山椒たっぷりの高級七味


産寧坂
流行っとります。


産寧坂


産寧坂
曲がってすぐにあるのが、阿闍梨餅本舗
近所の甘党の方から、産寧坂行くなら、阿闍梨餅買っといで...と指令が(笑)


産寧坂
いろんなお店がそれなりに流行ってます。


産寧坂
やや遅くなったのですが、ここでお昼を食べました。
お昼は考えてなくて、適当に入ったけど、お蕎麦美味しかったです。


産寧坂
一時、絶大な人気だった「ようじや」


産寧坂
イノダコーヒーの店舗があって、裏に茅葺屋根の庵とお庭がありました。


産寧坂
青龍苑というそうです。
http://www.seiryu-en.com/index.html


産寧坂
こじんまりとしていますが、なかなかきれいに手入れされていました。


産寧坂
紅葉の季節とか、すごい人かも?


産寧坂
お香を扱っているお店みたいです。
googleで調べたら、香老舗 松栄堂でした。


多いので、もう一回続きます。



GX8 + LUMIX X 12-35mmF2.8




  1. 2018/01/19(金) 23:12:17|
  2. LUMIX X 12-35mmF2.8
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

産寧坂へ (1)

風邪をひいて(ただの風邪なんですが)起き上がれませんでした。
皆様もお気をつけて。

さて、年末の忙しころ、京都までお出かけしてきました。
某会の反省会(何を?)なのですが、実際には単なる飲み会です。
その前にちょっと京都を歩いてみようということで、りかゆんと出かけました。

前から気になっていた、三年坂(産寧坂)あたりを歩いてみようという計画です。
とりあえず、京都駅からバスに乗って清水寺へ
実は、清水寺も25年以上行ってない気がします。


清水寺
学校からとか来た覚えはありますが、個人的に来たことあったかな?
京都駅からバスに乗りました。


清水寺
舞妓さんの偽物は、こういうところで製造されているんやね(笑)


清水寺
さて、着いたのですが
「こんなんやったかなぁ???」


清水寺
すっかり記憶にありません。


清水寺
舞台から見るこの風景には見覚えが...


清水寺
2017年始めから、2021年頃までかかるみたいです。


清水寺
考えようによっては貴重な風景かもです。
調べると、昭和40年頃にも大修理をやっているみたいです。


清水寺
おみくじを引くりかゆん


清水寺
音羽の滝
向かって右(奥)から「延命長寿」「恋愛成就」「学業成就」のご利益があるとか。
すっかり忘れてましたが、言われたらなんかそんなことも聞いたような。


清水寺
この風景はたぶんもう見ることはないので、よく覚えておきましょう。


清水寺


続きます。



GX8 + LUMIX X 12-35mmF2.8


  1. 2018/01/18(木) 22:12:17|
  2. LUMIX X 12-35mmF2.8
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

新世界から浪速クルーズ

先日、某会の親睦バス旅行で大阪へ行きました。
日帰りバス旅行なので、あまり遠くへ行くと、帰りが遅くなります。
大阪だと暗くなってから帰ってきても、すぐですね。

個人的には、夏に新世界へは行ったのですが、それまでは道頓堀止まりで、新世界が未踏でした。
関西在住でも、案外そういう人は多いかも?


大阪
スタートは、天王寺駅の近所です。
天王寺公園~動物園、新世界のあたりは、内国勧業博覧会の跡地になります。


大阪
動物園の横を抜けると、そこは「新世界」
「新世界」という呼び名は、1912年に通天閣を中心とした「ルナパーク」という遊園地のようなものが開園し、このような技術の進歩がまだなかった徳川時代(江戸時代)という「旧世界」に対して「新世界」と名付けられたのだという事です。


大阪
雑多な感じがいいです。


大阪
ビリケンさん!


大阪
づぼらやのフグ提灯!


大阪
これは、通天閣の裏側なんですが
どうやって通天閣に上るのかな?と思ったら、裏にエレベーターがあったのですね。
今回初めて知りました。


大阪


大阪
ここで、お昼ご飯。
奥に団体さん用の大きな部屋があるんです。


大阪
串揚げはお約束。


大阪
なんでもあります。


大阪
さて、移動して、浪速クルーズです。
川から大阪を眺めるという趣旨。
橋の下をくぐるので、こんな平べったい船なのです。


大阪
浪速クルーズは、若手噺家の案内付き。


大阪


大阪
もう一隻が見えます。


大阪


大阪
おしまいは、南港の明太パークへ寄って、帰路に付きました。
まだまだ、大阪は面白いところがいっぱいです。



GX8 + LUMIX X 12-35mmF2.8



  1. 2018/01/10(水) 23:11:19|
  2. LUMIX X 12-35mmF2.8
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

秋のバス旅行 -2-

自治会のバス旅行の続きです。
生野銀山のあとに、お昼を食べに篠山に行きました。
お昼は、「ささやま荘」というところでしたが、隣接する「王地山公園」も実は紅葉の名所です。

お昼ご飯のあと、時間が無かったので、チラ見でした。


篠山
ここは、ささやま荘の横の公園です。


篠山
なかなかうまく赤が出なくて、レタッチで少し盛ってます(汗)


篠山


篠山
撮ってみると、この黒っぽく見える枝ぶりがなかなか良い感じだと思ってます。
なので、意図的に太い枝やら幹やらを入れてます。


篠山
ベンチとか、柵とかもいいアクセントですね。


篠山
赤だけじゃなくて、緑とか、黄色とか、オレンジとかが混じったのも良いですね。


篠山


篠山
実は、2回台風が来たのもあるかもしれませんが、葉っぱが痛んでいるのがほとんどで
アップで撮るのに耐えませんでした。
これは、割とマシな落ち葉。


篠山
これは、王地山公園の入口あたり


篠山
バスの時間があるので、入り口で引き返しました。


高蔵寺
そのあと向かったのが、高蔵寺
予定では、洞光寺へ行くはずだったのですが、バスが奥まで入れず、だいぶ歩くので予定を変更です。


高蔵寺
「丹波篠山もみじ三山」だそうです。
「丹波紅葉三山」というのは、高源寺・円通寺・石龕寺なんですが
まぁ、言ったもん勝ちという事でしょうか。


高蔵寺
紅葉に「透過光と黒バック」というのも定番です。


高蔵寺
点景に気を使いますね。
似たような絵になるので。


高蔵寺
やっぱり似たような絵ですが。


高蔵寺


高蔵寺
さて、バス旅行はこれで以上です。
帰り道に、三田の「めんたいパーク」に寄って帰りました。



GX8 + LUMIX X 12-35mmF2.8




  1. 2017/11/17(金) 00:11:12|
  2. LUMIX X 12-35mmF2.8
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KPとHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたが、暗いところで、ISO上げられるので、撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズとKPの組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

アトリ シロハラ ビンズイ ★街歩き・旅行 ウミネコ ヒドリガモ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ ミコアイサ カワアイサ ジョウビタキ カヤクグリ クロジ オグロシギ エリマキシギ ダイゼン ホウロクシギ サメビタキ コムクドリ キョウジョシギ シロチドリ キアシシギ トウネン アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) イカル モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ オジロビタキ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ エナガ キビタキ コゲラ シジュウカラ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ ムナグロ ツバメ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ミサゴ スズメ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: