FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

OBOG会 II

さて、翌日ツアーの続きです。

お昼を食べて、モザイクタイルミュージアムに突撃です。
藤森照信氏の作品で、今年完成したものですから、旬なミュージアムです。


モザイクタイルミュージアム
多治見と言えば、岐阜県になります。


モザイクタイルミュージアム
どどーん。
このファサードでいちころですね。


モザイクタイルミュージアム
訪れる人も、女子率たかいです。
しかも、若い女子。
※写ってるのは、われわれの一行なので、女子率それほど高くないです。


モザイクタイルミュージアム


モザイクタイルミュージアム
これが玄関。
勝手口ではありません。


モザイクタイルミュージアム


モザイクタイルミュージアム
玄関ホールで入場料を払ったら、いきなり最上階まで登ります。


モザイクタイルミュージアム


モザイクタイルミュージアム
多治見は、モザイクタイルの生産が盛んだった地区で、ノスタルジーたっぷりの壁面や、ショーウインドゥなどが建物の解体やリフォームで撤去されたときに、残されたモノとかがあって、倉庫に眠るモザイクタイルの作品をまとめて保存できないだろうかという事で、このミュージアムが作られたのだと聞きました。


モザイクタイルミュージアム




モザイクタイルミュージアム
モザイクタイルのオブジェです。


モザイクタイルミュージアム


モザイクタイルミュージアム
ここは、屋根がありません。
雨が降ったらどうなるんだ?と
専門家の一行は収まりを確認しておりました。


モザイクタイルミュージアム
こんな風に、若い女子がどんどんやってきます。


モザイクタイルミュージアム
さて、階下の作品を見て回ります。


モザイクタイルミュージアム


モザイクタイルミュージアム
これは、モザイクタイルの型ですね。
ラ・コリーナの和菓子の型と同じような感じ。


モザイクタイルミュージアム
(笑)


モザイクタイルミュージアム
一階のショップでは、モザイクタイルを使うワークショップが行われていました。
休日なので、順番待ちです。


モザイクタイルミュージアム
もう一回、ぐるっと外を眺めてみましょう。


モザイクタイルミュージアム
広角レンズを持ってきて良かったです。


モザイクタイルミュージアム


モザイクタイルミュージアム


モザイクタイルミュージアム
モザイクタイルミュージアムは以上です。
お疲れ様でした。


多治見モザイクタイルミュージアム



ツアーは続きますが、明日から小旅行なので、ちょっとお休み。



LUMIX GX8 + KIPON + EF-S10-18mm



  1. 2016/11/18(金) 21:10:23|
  2. EF-S10-18mm+GX8
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2

OBOG会 I

学生時代のサークルの仲間たちで、何十年かぶりのOBOG会がありました。
と言っても、今回で4回目ですから、隔年開催でも、もう6年めになります。
それでも、毎回連絡が取れる人が増えたりして、何十年ぶりという人に会えます。

今年は、名古屋で開催だったのですが、翌日、有志で見学会に出ることにしました。
普段はSNS(Facebook)で連絡を取っているのですが、これまた有志で 『写真部 』を作ったので、今回は写真部のミーティングを兼ねています。
各自撮って何枚かUPして、いろいろ批評したり、「ここなら、こんな風に撮ったよ」と見比べたり。
なかなか面白いです。

名古屋開催だったのですが、藤森照信の『モザイクタイルミュージアム』が見たいというので
多治見(岐阜県)へ向かう事にしました。
交通の便が良くないのでレンタカーです。

近所で行くとこは無いかと聞きましたら、磯崎新のセラミックパークMINOがいいよというので、
コースの関係で、一番最初に行くことに。


セラミックパークMINO
美術館、イベントホール、国際会議場などで構成される複合施設です。


セラミックパークMINO
入り口あたりです。
今回は、公共建築を撮るという想定でしたから
広角レンズを用意しました。
荷物が重いと嫌なので、LUMIX GX8にEOS用の10-18mmを、KIPONのマウントアダプタ経由です。
へんてこな組み合わせですが、ちゃんとAEでAFも効くのですよ。
換算で、21mm~37mmぐらい。
広角不足はありません。
念のため、14-140mmも持っていきましたが、結局不要でした。


セラミックパークMINO
建物の下を、カスケード状の水面がもぐりこんでいます。


セラミックパークMINO
なかなか見せ場が多い建物で、さすが磯崎ですね。


セラミックパークMINO
一番奥が、茶室。
地産の石がランダムに配置された水面がいいですね。


セラミックパークMINO
上から見るとこんな感じです。


セラミックパークMINO
帰り際に、裏山に展望台みたいなのがあるのに気が付いて、押さえてみました。
レフ用の廉価なレンズなのですが、なかなか解像しているみたいです。
等倍で見ると、特に周辺が甘いのですが、超広角はなかなか出番がありません。


続きます。



セラミックパークMINO
http://www.cpm-gifu.jp/




  1. 2016/11/16(水) 21:10:23|
  2. EF-S10-18mm+GX8
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2

EF-S10-18mm + MFT テスト

KIPON MFTアダプタと、EF-S10-18mmのテストです。
こちらも、GX8にKIPONのAFマウントアダプタを介して、AF(-S)でストレス無く撮影可能です。

奇しくも、本日Panasonicから、12-60mmというレンズが発表となりました。
発売されていれば、14-140mmではなくて、12-60mmにしていただろうなというレンズです。
これぐらいの焦点距離のレンズが欲しかった...

残念ながら、フォーサーズのときの12-60mmSWDのように、F2.8-4 ではなくて、F3.5-5.6です。
その代わり、重さは 575gに対して 210gしかありませんが。

ともかく、時計の針は戻りませんので、当面、高倍率ズームの14-140mmと、この10-18mmでいこうと思います。

さて、撮影にいく機会がありませんので、明石駅前あたりのスナップです。


EOS用の10-18mmSTMレンズは設計が新しく、超広角の割には軽量(240g)で廉価です。
名玉といわれた、古い方のEF-S10-22mmは今でも6万円以上しますので、このレンズは半額以下
STMモーターと、プラ・マウントと、プラスチックモールド非球面レンズ(成型レンズ)の技術により、廉価でそこそこ高性能なレンズに仕上がっています。
常用レンズじゃないし、新技術の魅力に惹かれて買ったレンズなのですが、やっぱり出番が少ない。
超広角は難しいですから。

それが、LUMIXだと、計算上は20-36mm
実際には、3:2で使っているので、換算21mm~37mm程度と、思ったより使い勝手が良い画角に収まってきました。
旅行用なら、14-140mmと、広く撮りたい時のために、この10-18mmを持っていけば後悔は少ないかな?と思ったりします。
実際には交換が面倒かも?ですが。



10-18mm
換算37mm


10-18mm
換算37mm


10-18mm
換算33mm

まぁ、こんな感じです。
あんまり超広角は使ってませんね。
また撮りにいってきます。




LUMIX GX8 + KIPON + EF-S10-18mmSTM




  1. 2016/02/25(木) 22:02:25|
  2. EF-S10-18mm+GX8
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:4

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: