FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

さて、PULIUS

次の車は漠然と、「国産でレギュラーガソリンの車」と思っていたのでした。


PULIUS


最近は燃費の良い車が多くなりました。
GOLFもそうですが、欧州車から始まったダウンサイジングターボ、ハイブリッド車、ディーゼル車、電気自動車等があるわけだけど、ディーゼルは排ガス詐称問題で逆風。
発進でがばっと踏む傾向のあるりかゆんには、ハイブリッドが向いているのではないかと思った訳です。
近頃はCVTが優秀なので、コンパクトな車はただのガソリン車でも燃費が良いのですが。

1.5Lノーマルガソリンのカローラもそうですが、出足で普通に踏んでもあまり加速しません。
快適に加速させると燃費が悪化するので、少し余分に踏んでもじわっと加速する仕様?。(燃費志向です)
もちろん、そこからさらに踏み込んだらエンジンがうなってそれなりに加速しますが。


最初、ハイブリッド(プリウス)が世に出たとき、ハイブリッド車って徹頭徹尾エコカーなんだと思ってました。
実際、結果としての燃費は通常のガソリン車を大きく凌駕してますので、そこに注目があつまる。

ただ、ハイブリッド車の本質は、減速時にブレーキで捨てていたエネルギーを回収する事。
低回転域でトルクが細いという「レシプロ・ガソリンエンジンの避けられない特性」を補完するために、
立ち上がりがパワフルなモーターでトルクを補う事によって
①一番ガソリンを食う加速時にモーターに仕事をさせ
②巡行速に達すれば、グライダーのように滑空し
③減速時にエネルギーを回収すること。


組み合わせるエンジンは、低速トルクを考慮しなくても良い分、巡行時の燃費重視設計に振れるアトキンソンサイクルエンジン。
巡行に入ると、ほぼエンジンパワーで走るので、あまり非力なエンジンでは高速巡行が辛いのです。
高速巡行はモーターを使わないで走るのが効率が良いそうです。

モーターパワーは、加速時のターボ過給のようなモノと考えれば、モーターと電池を積むことで加算されるイニシャルコスト以上のものを、燃費(ランニングコスト)で回収する事だけがハイブリッドでは無いはず。
逆にそういう目で見るなら、うちみたいな走行距離では合わない。やはり年間1万キロ超走らないと。



さて、見に行ってきました。ハイブリッドの新型カローラスポーツ。
色は青だな(笑)と思って見に行ったのですが、後席がやっぱり狭いのと、荷室も狭いのが気になる。
後席を倒せば荷室が増えるけど二人乗りになるし、それにしても狭いというので、カローラスポーツの目は無くなった。
秋に出るという話の、セダンやカローラフィールダーは後席も広いという話なのだけど、GOLFの車検が足りません。
まだ4人乗って出る事も多いのです。
加速感はターボのGOLFに及ばないけど、遅いという事はなかったかな。


カローラスポーツ以外で気になったのは、次期アクセラだったのだけど、りかゆんの好みに合わないみたいなのと、まだ発表も無いから車検満了までに手に入れるのは無理っぽい。
過去に候補に挙げていた、スバルのXVもなんかちょっと違うし、マツダのCX-3の後席はカローラより狭いです。
ホンダだとジェイドは結構高いし、フィットもなぁと思うし、選択肢が無い。

さて困った。

国産車縛りでガラガラポンで総当たり。
カローラスポーツよりもう少し座席、荷室に余裕のある車。
高速巡行が可能な車...
と、webの車種構成を見ても、これと言うのが無い。ミニバンかコンパクトカーばっかり。

普段はりかゆんの足で、たまには遠出する。
大きすぎない車で、でも4人は楽に乗れるように。
ミニバンは不要。幅が1800mm超は論外。SUVはでかすぎ。


結局、選択肢に入ってきたのがプリウス。
あのデザインは「?」だったのけど、今回マイチェンで少し変わった。
どっちにしても、もともと全然眼中になかったのでどんな車かよくわからない。
そもそも、グレードが不明。お値段もわからない。

基本は、カローラスポーツと同じCセグメントのプラットフォームと、これまた同じエンジン+モーター
少し大きいが、実験車的な意味合いもある車なのかな?
使命は40キロ/リットル。アクアよりはちゃんとしてるんだけど。

素人なんで、目が行くのは「見た目」です。
でもって、やはりプリウスが担うのは先進性か?
だったら、安全装備やギミックてんこ盛りのAグレードか?

ツーリングセレクションってのが各グレードに設定してあって
17インチホイールと45扁平のタイヤ(標準は15インチで65扁平)。
合成皮革のシート表皮(標準はファブリック)その他。足回りも専用チューンらしい。
乗り心地がやや硬め。出来の良い合皮のシートはいいけど、是非欲しい感じじゃなくて止めにする。

多分、SかSツーリングが売れ筋なんだろうと思う。
45扁平タイヤと専用ホイールの見た目は良い。合皮のシートは好みだけど安っぽくはない。
Aグレードはてんこ盛りの安全装備、電動シート、ヘッドアップディスプレィ等々

コネクテッドサービスは3年無料なんだけど、これを使いこなすには純正ナビが必須。
しかし、りかゆんはナビを使わない。
9インチナビはともかく7インチのでも15万。(11.6インチのナビは35万円ほどするらしい)
地図の更新は結構高価。
色々調べるが、コネクテッドでないとできないことがあまり見つからない。
スマホで充分かと思うとなぁ。

という事で、CDオーディオでも付けてお茶を濁す案。
プリウス A 2WD 青に決定しました。


PULIUS



G9 + LUMIX X12-35mmF2.8 (パレットナイフで加工)


  1. 2019/06/01(土) 23:05:19|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0

日本で最も危険な場所にある国宝

三佛寺奥院投入堂
鳥取県の三朝温泉の近所にある、三徳山投入堂は、「日本で最も危険な場所にある国宝」と言われています。
きちっとした建築年代は不明のようですが、平安時代後期という説があり、垂直に切り立った絶壁の窪みに建てられた他に類を見ない建築物で、国宝に指定されています。

2001年~2002年に奈良文化財研究所の光谷拓実らにより行われた、年輪年代測定法による研究調査の結果、内部に安置されていた木造蔵王権現立像ともども、平安時代後期に当たる11世紀後半から12世紀前半に伐採された木材が使用されていることが判明。そのことから建造時期もほぼ同じ頃と推定され、現存する神社本殿形式の建築物では日本最古級のものであることが科学的にも裏付けられた。ただし建立のくわしい経緯までは現時点で明らかになっていない。
wikiより


実は、小さいころ祖父に連れられて三朝温泉に連泊していた時期があり、その時旅館の人に連れて行ってもらった記憶があるのですが、全く覚えてなく。
投入堂の写真を見て「ここに行った」という記憶だけがあった建物なのです。
調べてみると、なかなかに険しい修験道を登らねばならず、足腰が丈夫な間に「今一度見に行きたい」と何年か前から思っておりまして、「今年こそ!」。と思っていたわけです。
冬は雪に閉ざされ、雨が降るとぬかるんで登れず、今は2人以上でないと参拝もかなわないという条件が付いるようです。


という事で、りかゆんを伴って、三徳山へ向かって出かけたわけです。


三徳山投入堂
とりあえず、投入堂(なげいれどう)

投入堂の名前の由来は、役行者(えんのぎょうじゃ)が法力でお堂を手のひらに乗るほどに小さくし、大きな掛け声と共に断崖絶壁にある岩窟に投入れたという言い伝えによるそうです。


三徳山投入堂
道路から本堂へは、まぁ普通です。
石の階段がすり減っていますが。


三徳山投入堂


三徳山投入堂
ここからが、奥之院への入り口。
15時を回ると入れてもらえません。


三徳山投入堂
こんなところや


三徳山投入堂
こんなところを登らないとたどり着きません。


三徳山投入堂
さて、文殊堂。(重要文化財)
私は足がすくんで撮影に徹しました(汗)


三徳山投入堂
実は、すぐ脇が断崖絶壁。
過去10年の間に3人の死亡事故があったという記事も見かけました。
まさに「日本で最も危険な場所にある国宝」なのです。


三徳山投入堂
続いて、地蔵堂(重要文化財)


三徳山投入堂
さらに、鐘楼堂(重要文化財)
皆さん、鐘をついてからさらに奥へ


三徳山投入堂
納経堂(重要文化財)


三徳山投入堂
元結掛堂


三徳山投入堂
観音堂
(不動堂は省略)


三徳山投入堂
ようやく、投入堂(国宝)に到着です。
行程は前半の方がきついです。鐘楼堂あたりからは緩い登り。
高低差約200メートル、全長約900メートルの行程でした。
やはり、感激!


三徳山投入堂
投入堂上部のオーバーハングした断崖。
北向きなのと、この断崖のおかげで、思ったより建物の痛みは少ないのだそうです。


三徳山投入堂
ズームUPしてみましょう。


三徳山投入堂
やはりこの構図が安定しています。
左奥に見えるのは、附愛染堂


三徳山投入堂
写真家土門拳をして「日本第一の建築は?と問われたら、三佛寺投入堂をあげるに躊躇しないであろう。」といわしめました。
新緑に映えます。


三徳山投入堂
実は、下りの方がきついのですが、無事に下山しました。
一部渋滞してましたが。

さて、本堂より少し低いところに道路が通っていますが、その道を少し戻ったところに、投入堂が遠望できる場所があります。
せっかくなので、投入堂の高さを実感してください。

健康な間に是非。


GX8 + LUMIX14-140mm
HUAWEI P20 Pro HW-01K


今回、荷物を減らそうと、あえてGX8と14-140のセットで行きました。
カメラ用に買ったウエストポーチに入れ、出して撮り、ウエストポーチにしまって登りました。
両手が自由にならないと登れませんので。
それでも、時々スマホの画像が混じっています。

軍手とかも必須です。
木の根をつかんで登るのですが、つかみやすい木の根は「つやつやしてる」んですよね(笑)



  1. 2019/05/11(土) 22:05:04|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

PULIUS

GWはしっかり遊んだので、画像の整理ができてません。
とりあえず、一枚。


PULIUS


さて、平成も残り少ない4月27日にPULIUSは納車になりました。
ディーラーにはりかゆんにもらいに行ってもらったら、新旧二台と花束を持って記念撮影というおまけつきでした。


さて、仕事が終わって、夜になってからプリウスを動かしてみる。
う~ん。まず何をさわったら良いのかわからない。
乗り込んで、スタートボタンを押しても、前のディスプレィがわずかに変わるだけ。もちろんエンジンは始動しません。

プリウスはちょっとしか試乗しなかったのと、随分前に、プリウスαとアクアを レンタカーで借りたぐらいです。
GOLFの時にはここまで「どうしたらいいんだ!」感は無かったけどな。

とりあえず、壁に近すぎると、ピーピー鳴らしながら車庫から出して発進する。数キロのドライブ。
あまり踏んではないけど、加速はもう一つ。
アトキンソンサイクルの1800ccエンジンはお世辞にもパワフルな感じではない。

そこはモーターアシストがある訳だけど、正面のメーターが「エコゾーン」から外れてると主張するので、ついついアクセルから足が緩みがち。

おっかなびっくりで乗っているのもあって、パワフルと感じる事は無いなぁ。
思った以上にフロントの先が見えないので、視界が悪いという印象。
シートのフィッティングができてないのか?

違和感バリバリ。

GOLFのもりもりと湧いてくるようなトルク感はない。
遅いわけじゃないけど。



本格的に運転したのは、GW後半
鳥取まで行ってきました。
鳥取道を北上して、山の中へ
新緑が素晴らしいです。
つい、車を降りて記念写真です。

実は、全然車が来ないなと思ったら、この先でがけ崩れのため通行止めでした。
おかげで、ぐるりと迂回する羽目に。

いつの間にやら、燃費は 31km / L に。
燃料満タンにしたら、航続可能距離1300キロってなんなん?でしたが
550キロ走って、燃料表示は 5/8 までしか減ってない。(GOLFなら当然給油のタイミング)
この時点で残り800キロ(計算は合ってます)
ハイブリッド恐るべしです。

今回の車は、国産縛り、レギュラーガソリン縛りで選択(笑)
りかゆんの「青縛り」ってのもあった(いみふめ)

選択の過程はまた別記事で書きますが
普段は、りかゆんがお買い物に乗って行く程度なのですが、
たまに長距離ドライブも可能な車にしたかった事。大人4人は乗れること、等が最低条件でした。
PULIUS は、シニアには人気なのです(恰好が奇抜なので、この型は不人気ですが)



GX8 + LUMIX14-140mm


  1. 2019/05/08(水) 00:05:04|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2

某CADの交流会 翌日 (6)

さて、ようやくラストです。
呉には、海上自衛隊の施設がたくさんあり、前回の呉資料館もなんですが
現役の潜水艦がかなりの頻度で見られる場所があります。

うわさに聞いていたので、事前に知っていそうな人に聞いたら
「アレイからすこじま(烏小島)」に行けばいいという事でした。
資料館からもすぐなので、とりあえず行ってみることに。


からすこじま
いました。いました。


からすこじま
X字型の操舵は、最新のそうりゅう型!


からすこじま
潜水艦桟橋に三隻


からすこじま
この鉄の塊感。
ええです!


からすこじま


からすこじま
護衛艦が三隻
向こうのは、かが(ヘリコプター搭載護衛艦)


からすこじま
実は、次の週に、自衛隊祭りみたいなのがあって、多数停泊していた模様。


からすこじま
次の週やったら、もっと間近に見られたのかも?


からすこじま
どんな所かわからなかったのですが
地元の人が、300mmぐらにの望遠が有った方がいいというので、14-140mm持って行って良かったです。


からすこじま


からすこじま
ちょうど、桟橋の前に、セブンイレブンがあって、その二階がカフェになっていたのでした。
カフェのバルコニーからも撮影。


からすこじま
大満足でした。


からすこじま


からすこじま


からすこじま
魚雷積載用クレーンです(もちろん今はオブジェ)



という事で、厳島神社~錦帯橋~広島平和公園~呉港と
盛りだくさんの遠征でした。

さて、往復700キロほど
一年ぶりにみんなに会えて楽しい旅でした。

以上です。



GX8 + LUMIX14-140mm



  1. 2018/11/20(火) 22:11:11|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

The Museum of Kyoto (通称ぶんぱく)

京都のぶんぱくで、『華ひらく皇室文化 明治150年記念 明治宮廷を彩る技と美』をやっていたので、見に行ってきました。
当然、中は撮影不可なので画像はありませんが、さすが明治から昭和の皇室にまつわる品々は、それは華やかで格調高く、最高の技術と最高の材料を生かしたもの。圧巻の展示物です。
庶民は、こんなんをしまっておくところは大変なスペースだろうな...などと的外れなことを考えたりしました。

キャッチコピー
>明治天皇が愛した美術品や昭憲皇太后をはじめとする女性皇族の華やかなドレス、明治宮廷を彩った調度品や帝室技芸員による超絶技巧の作品、皇室の引き出物として明治以降定着したボンボニエール(菓子入れ)など、伝統的文化を庇護しつつ日本の西欧化を牽引した、明治期の皇室ゆかりの品々を、重要文化財10点も含め350余点掲載。
 皇室が愛した日本最高の美術工芸品の数々が、この一冊に集約されています!


さて、画像は、ぶんぱくの建物。
と言っても、本館ではなくて、続きにある、旧日本銀行京都支店(重要文化財)です。
辰野様式の旧日銀内外をゆっくり見学できます。


京都文化博物館
京都文化博物館の別館は、【重要文化財】 旧日本銀行京都支店の建物です。
実は、今回14-140mmを付けていったので、建物が入りきりません(換算28mm)


京都文化博物館
明治39年(1906年)、竣工。
煉瓦造、建築面積884.4㎡、二階建、一部地下一階、スレート・銅板葺、両翼塔屋付、袖塀、金庫附属


京都文化博物館
外観は三条通に面して左右対称で、赤レンガに白い花崗岩を装飾的に配している。
設計は、明治建築界の帝王と言われ、東京駅などを設計した辰野金吾と、辰野の弟子で各地の銀行建築を手がけた長野宇平治による。
いわゆる、辰野様式です。


京都文化博物館
旧営業室。大きな吹き抜けとなっている。現在はホールとして使用
明日からの展示品を並べていました。


京都文化博物館


京都文化博物館


京都文化博物館


京都文化博物館


京都文化博物館


京都文化博物館


京都文化博物館


京都文化博物館


京都文化博物館
中庭です。


京都文化博物館~京都万華鏡ミュージアム
さて、近所の京都万華鏡ミュージアムへ向かいます。
真ん中に写っているお店は、骨とう品店だとか。
次回はのぞいてみたいです。


京都文化博物館~京都万華鏡ミュージアム


京都文化博物館~京都万華鏡ミュージアム


京都文化博物館~京都万華鏡ミュージアム
京都万華鏡ミュージアム前です。
ここも中は撮影不可でしたが、たくさんの万華鏡があって面白かったです。



GX8 + LUMIX14-140mm



  1. 2018/10/14(日) 00:10:11|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 コアジサシ オオヨシキリ ☆花 タゲリ ビンズイ カシラダカ ルリビタキ スズメ ヤマガラ キビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ コゲラ オジロビタキ ミサゴ ミコアイサ カワアイサ ホシムクドリ モズ メジロ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ エナガ サメビタキ コサメビタキ エゾビタキ キョウジョシギ トウネン ソリハシシギ ハマシギ メダイチドリ セイタカシギ アオアシシギ ベニアジサシ ミソサザイ アマサギ ケリ コチドリ ムナグロ ヒレンジャク ハジロカイツブリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ ジョウビタキ クロジ カヤクグリ エリマキシギ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ コムクドリ キアシシギ シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ ホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: