FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

大塚国際美術館

さて、鳴門旅行の翌日です。
あめちゃん(文鳥)を置いてきたので、もともと、お昼を食べたら帰ろうという計画でした。
大塚国際美術館を見て、徳島ラーメンでも食べて帰ろうという作戦です。


鳴門大橋
朝はやく目が覚めて、窓の外の鳴門大橋を一枚。


鳴門大橋
窓があんまり開かないのだけど、無理やり朝日も入れて、もう一枚。


さて、大塚国際美術館というのは、例のオロナミンCの大塚製薬グループの財団が運営する、陶板複製画を展示する美術館。
大塚オーミ陶業株式会社が開発した特殊技術によって、世界中の名画を陶器の板に原寸で焼き付けたものなのです。

ほぼ複製画だけの美術館も珍しいですが、入場料が日本一高い事、日本最大の美術館(延床面積29,412m²)として1998年に開館し、今も、国立新美術館(2007年開館、47,960m²)に次ぐ日本第二位の規模を誇る美術館で私立のものとしては当然日本一です。
美術館の年間来場者数は約22万人。世界25ヶ国・190余の美術館が所蔵する西洋名画1,000余点を、オリジナルと同じ大きさに複製し展示する陶板名画美術館。
-wikiより-

複製画の美術館というのは聞いてましたので、一度行こうと思っていたのでした。そんなに遠く無いし。
写真撮影が可能であったり、直接手を触れられたりできるわけです。
行くまでは、複製の絵画が並んだ美術館を想像してましたが、まず、駐車場から長いエスカレーター(約40m)で3層分ぐらい上がった場所が地下3階?
最後まで全体像が把握できなかったのですが、地下5階、地上3階の建物です。


大塚国際美術館
入ってすぐにあるのが、システィーナ・ホール(バチカン宮殿)です。


大塚国際美術館
スクロヴェーニ礼拝堂
勉強不足で知らず...

ここ(本物)はあの有名な「コンクラーヴェ」が行われるところなんですね。
しかし、こういう、空間をコピーしちゃうってのは、予想外で、良かったです。
あと、エジプトの王家の墓とか、ポンペイの遺跡とか。


大塚国際美術館
さすがに、本とかで見たことある絵が、あちこちにあります。


大塚国際美術館
フェルメールの部屋


大塚国際美術館
この前見たときは、ヒト・ヒト・ヒトの頭越しでしたが。


大塚国際美術館
この階は、天井が高いのです。


大塚国際美術館
B2Fの最後の晩餐の部屋は、復元前と、復元後のが、同じ部屋に飾ってあります。


大塚国際美術館
カフェは、なぜか閉まってました。
最後の晩餐のメニューとか有ったみたいですが。


大塚国際美術館
これでもか(笑)


大塚国際美術館
1Fの現代系統展示(ピカソとか)


大塚国際美術館
中庭の向こうに、昨日上がった、エスカヒルが見えました。


大塚国際美術館
ゲルニカの前に居たのは、一人きり(笑)


大塚国際美術館
お約束のグッズ売り場をチラ見して


大塚国際美術館
長いエスカレーターに乗って帰りましょう。
入場料高かったですが、十分満足でした。

今度は、睡蓮の咲いているときに来たいな。

公式HP
http://www.o-museum.or.jp/


GX8 + LUMIX14-140mm
12-35f2.8にすればよかったです。

【追記】
写真的な見地で言うと、複製画美術館で、作品としての絵画等をカメラに収めてもあまり意味がないというのが、撮っててわかりました。
好きな作品を手元に残したいというのはわかりますが、出来上がったものは、ほとんど意味が無いのです。
複製画が欲しいなら、プリントしたものを買った方が満足度がずっと高いし、絵葉書とかの方がましです。
これは、撮っちゃダメですが、本物であっても同じです。
むしろ、作品に見入る人を撮った方が、行った甲斐があるというモノです。
システィーナ・ホールにしても、それを見る人を点景として入れた方が、ずっと良くて、誰も居ない絵もあったのですが、こちらを選びました。
自撮りはしませんが、それもまた良かったのかもしれません。

今回気に入っているのは、フェルメールの少女と、ゲルニカ。
主題は背景で、背景は主題だったりします。
帰ってから、HPの今月の一枚とかを読んでいると、駆け足で通り過ぎてしまったのを後悔します。
最後の晩餐ももっと見ておくのだったと。


  1. 2017/02/10(金) 00:01:04|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2

エスカヒル鳴門

お正月に家族旅行で、徳島の鳴門へ行きました。
明石海峡大橋を渡り、淡路島を抜けたら、そこは鳴門です。
ほぼ高速道路なんで、一時間ちょっとです。

義母が高齢なため、あまり遠くは無理なのです。
それでも、お泊り旅行は久しぶりでした。

宿に着いたら、「ちょうどもうじき渦の時間です。」と言うので
徒歩で、渦の道(橋の下の通路)へ行くか、「エスカヒル鳴門」へ長いエスカレーターで上るか
だというので、どっちが歩くのが少ないですか?と聞いたら、エスカレーターでしょうというので
そちらへ上がりました。

エスカレーターの料金は¥400円
岬の山の上に建物が建っていて、そこまでエスカレーターで上がります。
そこからはエレベーターでさらに屋上へ
ちっちゃなビルの屋上という感じですが、このあたりで一番小高い丘なので、眺望は抜群です。
すぐ前が、鳴門海峡ですし。


鳴門海峡
という事で、定番っぽい写真を一枚。
実は、泊まったホテルが眼下に見えました。
左手の白い建物。
なるほど、目の前が鳴門海峡なのです。


鳴門海峡
徳島側です。
複雑な内海になっています。


鳴門海峡
ちょうど、渦潮遊覧船が、今にも難破しそうに進んでいますね。


鳴門海峡
鳴門の市街の方へ高速道路が伸びています。


鳴門海峡
流れ落ちている感じ。


鳴門海峡
正面手前に見えているのが、明日行く予定の「大塚美術館」


鳴門海峡
淡路島の方を見ると、風力発電の巨大なプロペラ群
なんか、地中海みたいな雰囲気です。
安易でしたが、けっこう満足しました。

先年、淡路側から遊覧船に乗りましたが、上からの眺めもまた良かったです。


鳴門金時
さて、鳴門の渦潮を上から堪能して、エスカレーターを降りたら、土産物売り場でした。

エスカヒルって、エスカレーター+丘(ヒル)の造語だと思いますが
高速走っていて、時々気になってました。
展望レストランは、流行って無いみたいです...
400円の値打ちは有りましたけど。


これは、鳴門金時...
買いませんでしたが。

宿に帰って、豪華な晩御飯(画像は省略)

二日目に続きます。



GX8 + LUMIX14-140mm




  1. 2017/02/08(水) 00:01:03|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:4

鹿児島 3(翌日)

さて、交流会も無事お開きになり、翌日皆さんにご挨拶して解散です。
今回、そのまま屋久島へ行く方があり、朝ごはんの最中にあわただしく出発していきました。
道中ご無事で...


鹿児島翌日
さて、こんな船で屋久島へ行くのでしょうか?
朝の散歩で港へ来てみました。


鹿児島翌日
みなと大通り公園から、鹿児島市役所を見る。
この左手が泊まったホテルでした。


さて、出発です。
夕方の飛行機なので、空港へ帰りつける時間までが自由時間です。
訳もわからず、南を目指すことに。


鹿児島翌日
翌日ツアーは、何でもありです。
行く予定は無かったのですが、知覧へ行くことに。

ここは、知覧の武家屋敷跡


鹿児島翌日
およそ260年前から変わらない姿だそうです。(道は舗装してなかったでしょうが)


鹿児島翌日
ちょっと休憩。
知覧茶をいただきました。
そういえば、途中に茶畑が有りましたね。
この茶色のは、「げたんは」という素朴なお菓子。
黒糖であんま~いです。


鹿児島翌日
ところどころ、石積みが変わりますが、また戻ったりするので、格式とは無関係みたい。




鹿児島翌日
江戸時代の知覧は当初、島津家の分家である佐多氏が地頭として治めていました。
佐多氏には優れた当主が多く出て、薩摩藩の中でも重要な役目を果たしました。
その功績によって佐多氏十六代久達の時代に、知覧の私領地化と島津姓の使用が許されました。

現在残る武家屋敷群は、佐多氏十八代島津久峯(1732~1772)の時代に造られたものではないかとされています。
地区内は石垣で屋敷が区切られ、沖縄によく見られる石敢當(魔よけの石碑)や、屋敷入口には屋敷内が見えないように屏風岩(沖縄のヒンプン)があります。
知覧の港が江戸時代に琉球貿易の拠点であったことから、武家屋敷も琉球の影響を多く受けているようです。


鹿児島翌日
昭和56年11月には地域一帯が『重要伝統的建造物群保存地区』に選定されました。


鹿児島翌日
十割蕎麦ののぼりがあったので、入るかどうか思案して
結局突撃。


鹿児島翌日
美味しいお蕎麦でした。


鹿児島翌日
さて、このあと、知覧特攻平和会館へ行き、
当初の目的地、指宿を目指します。


鹿児島翌日
これは、開聞岳
すばらしい眺めでしたが、天気はもう一つでした。

指宿では、お約束の砂風呂
砂むし会館砂楽で「砂風呂」体験
別府以来の砂風呂です。
こちらは単なる海岸が砂風呂で、日よけのすだれがある程度(これでも全天候型だそうですが)
まぁ、砂湯のあとの入浴と、浴衣を貸してくれるのと、砂をかけてくれるわけですが、砂は重いので重労働です。
私はお兄ちゃんでしたが、連れの一人は若い女性に砂をかけてもらったようです。

気候が良く大潮等の干潮時、砂の状態が良い日には、波打ち際での砂浴ができるとか。
思ったより大変熱い砂風呂でした。

その後、おみやげを買って、空港までドライブ。
もうちょっとお天気が良ければ、桜島もくっきり見えたんですけどねぇ。


※新型の投稿画面で記事を作ってみました。
さて、違和感はないかな??



という事で、鹿児島旅行は以上です。



GX8 + LUMIX14-140mm






  1. 2016/12/27(火) 22:11:20|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

鹿児島 2

鹿児島旅行の続きです。


仙巌園
昼食を食べたのは、仙巌園のレストラン松風軒
ちょっと高い位置にあるので、目の前の桜島が一望です。


仙巌園
残念ながら、ちょっと雲をかぶって頂上は見えませんが。


仙巌園
仙巌園というお酒もあるのですね。


仙巌園
お昼は、黒豚丼にしました。


仙巌園


仙巌園
島津氏の別邸です。


仙巌園
正門ですね。


仙巌園
レプリカだと思いますが。


仙巌園
珍しい雲がかかっているよというので、すかさず一枚。


仙巌園


天文館
宿に荷物を置いた後、天文館へ出撃(実は徒歩で)


天文館
鹿児島最大の繁華街が、天文館通りと言います。
実は、帰りは路面電車に乗りました。
なぜか、駅のあたりは芝生が...


天文館
目的地はこちら。


天文館
鹿児島では、生「シロクマ」を経験しないとね。
ただし、ハーフサイズです。

むじゃき(お店の名前)でした。


という事で、この後は、宿に帰って交流会でした。



GX8 + LUMIX14-140mm



  1. 2016/12/26(月) 02:11:19|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

鹿児島

某会が、鹿児島であるという。
行けるのか?と思いつつ、交通手段を調べていたら、SKYMARKが、神戸空港から鹿児島空港まで飛んでいるという。
早割だと片道1万円かからないみたいだったので、これで行くことに。

どこへ行くにしても、飛んでいる時間は1時間ほどですし
神戸空港ならアクセスも良いです。

何年か前に伊丹から宮崎まで飛びましたし、神戸から長崎へ降りて佐賀にもいきました。
北九州は新幹線で行きましたが、九州は広いので、場所によっては飛行機が便利です。

もう先月の事なのですが、すっかりUPするのを忘れておりました。
実は学生時代に阿蘇から車で鹿児島まで走った事があるので、二度めだったりしますが
すっかり忘れてしまっています。


神戸空港
神戸空港もひさしぶり。


鹿児島空港
鹿児島空港はお初です。
けっこう不便なところなので、リムジンカーかレンタカーなのです。
翌日の事も考えて、レンタカーを予約しました。

実は、飛行機を降りたら、知った顔が並んでいて、なに?と思ったら
われわれのすぐ後に、VIPが到着するので、そのお出迎えだったのでした。


仙巌園
ご一行について行って、お昼を食べることにしました。
着いたのは、仙巌園
薩摩藩主島津氏の別邸跡とその庭園なのです。
敷地面積は約5ha


仙巌園
尚古集成館は、仙巌園に隣接しています。
要するに、明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業の博物館なのです。
尚古集成館自体が、世界遺産だったりします。


仙巌園
われわれは、レンタカーでしたので、現地の交通事情は全くしらべず...


仙巌園
成り行きで、先に薩摩切子の工場を見学することに。


薩摩切子
実際に作っているところを見学できます。


薩摩切子
薩摩切子の技術は明治時代に一度途絶えていたのです。
幻となった薩摩切子を1985年、現代によみがえらせたのがこの工場だそうです。


薩摩切子
薩摩切子の特徴は、その色の層の厚さ。
切子面に色のグラデーションが生まれること。


薩摩切子
「ぼかし」と呼ばれるもので、それゆえ、薩摩切子はぶ厚く重いです。


薩摩切子
ガラスも加工風景もすごく美しかったですが
出来上がった作品はさらに美しいです。


薩摩切子
イケメン職人(笑)


薩摩切子
カットの行程は非常に繊細。


薩摩切子
気に入ったものがあれば、無理して買おうと思ったのですが...


薩摩切子
やっぱり高くて買えませんでした。



続きます。



GX8 + LUMIX14-140mm




  1. 2016/12/22(木) 22:11:19|
  2. LUMIX14-140mm(GX8)
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ ★街歩き・旅行 トビ オジロビタキ タゲリ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ キビタキ シジュウカラ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: