FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

心斎橋から道頓堀

さて、大丸を出て、お昼です。
同行の人が、「はり重」で「ビーフワン」にしましょう...というので、よく分からず
「そうしましょう!」と言ったのでした。

「ビーフワン」って、何でしょうね??

さて、御堂筋を歩いて、道頓堀川を渡ると、こてこての大阪がそこにあります。


道頓堀
えびす橋はすごい人


道頓堀
望遠の圧縮効果で


はり重
これが、「はり重のビーフワン」
要するに、卵とじ牛丼なんですね。
はり重は、大正8年創業の黒毛和牛専門店。
はり重の軽食レストラン「はり重カレーショップ」の方に入った訳です。


道頓堀
道頓堀の方へ突撃です。


道頓堀
ここは、いつもお祭り騒ぎ。


道頓堀
たこ焼きは、「大たこ」にしました。


道頓堀
6個入りで、380円です。


法善寺横町
さて、法善寺横町へまわって


法善寺横町
水掛不動尊に


法善寺横町
よく考えたら、初めてでした。
知ってるつもりになってましたが...

まだまだ、大阪を知りません。




α37+SIGMA18-200mm



  1. 2015/10/16(金) 00:10:11|
  2. SIGMA18-200mm
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2

心斎橋大丸 (二)

さて、一週間後の撮影なのですが
同じく、心斎橋大丸なので、続けていきます。

この日は、大丸から道頓堀へ回りました。
さて、再び大丸


心斎橋大丸
御堂筋側からの全景ですが
解体保存の調査をしているのか、一部足場がかかっていました。


心斎橋大丸
こちらは、心斎橋商店街側


心斎橋大丸
これをもう一度撮ろうと


心斎橋大丸
もうちょっと望遠を持ち出したのでした。


心斎橋大丸


心斎橋大丸
中二階が見えますね。


心斎橋大丸
豪華な天井装飾です。


心斎橋大丸


心斎橋大丸


心斎橋大丸
エスカレーターの壁のステンドグラス。
80年前って、エスカレーターは有ったのかな?


心斎橋大丸


心斎橋大丸
階上のエレベーター前の天井の意匠です。


心斎橋大丸


心斎橋大丸
屋上に、鐘がありました。
鐘には鳥の模様。
今でも、毎時鳴らしているとか。


心斎橋大丸
たぶん、北階段


心斎橋大丸
これも、北階段か?


心斎橋大丸
北のエレベーターの前です。


心斎橋大丸


心斎橋大丸


心斎橋大丸
ということで、大丸は以上です。


【追記】
ネットで、クジャクのレリーフについて下記のようなエピソートを見つけました。

心斎橋筋側にクジャクのレリーフがあり、このクジャクについては、文献が残っておらず、2つのエピソードがあるのだそうです。
ひとつは、昔この近くにクジャクの剥製を置いている家があり「クジャク屋敷」と呼ばれていたところから利用されたとの説。
もうひとつは、ヴォーリズがフェニックスを依頼したところ、フェニックスを知らずに困った制作者がクジャクをレリーフにしたという説です。
どちらであっても興味深いですね。

どちらにしても、それ以来、孔雀は大丸のシンボルとして使われ
「くじゃく会」と言うお得意様向けの会員制度のシンボルにもなってます。



SONY α37 + SIGMA18-200mm




  1. 2015/10/14(水) 22:10:11|
  2. SIGMA18-200mm
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

手乗りヤマガラをアップで。

ちと、僥倖があり、手乗りヤマガラが撮れました。

野生のヤマガラなんですが、餌付けしている人が居るそうです。

「餌のひまわりの種を持っていったら、来るかもしれないよ」
と教えてくれた人が居ました。

それにしても、僥倖でした。


笑っちゃいますが、コンデジの広角端(換算28mm)

ヤマガラ
携帯のカメラでも撮れます。


ヤマガラ


ヤマガラ
これは、200mmからトリミング


ヤマガラ
どアップで...


ヤマガラ


ヤマガラ


ヤマガラ


ヤマガラ


ヤマガラ



SONY RX100
α37+SIGMA18-200mm



  1. 2015/09/11(金) 23:09:06|
  2. SIGMA18-200mm
  3. 関連するタグ ヤマガラ
  4. | コメント:0

海の家と銭湯 II

さて、白浜温泉(姫路)てくてく銭湯の続きです。
白浜温泉さんで「おやつ」をいただいて、海の家に移動です。
駅からも、海の家までも全部徒歩です。
てくてく銭湯ですから。

よく知らなかったのですが、松原八幡神社は「灘のけんか祭り」として有名なんですね。
神社の前には、グランドみたいな何も無い広場があって、その一角には観覧席が作ってあります。
年にたった二日のお祭りのために、鉄骨造の立派な観客席があるんですね。
祭りのパワー恐るべしです。

さて、海の家です。


白浜海水浴場
私らがお世話になったのは、この隣なんですが...
個人的には、仮設の海の家しか知らなかったので、こういう恒久的な海の家は初めてでした。


白浜海水浴場
海の家の南側は少し広場があって、防波堤があります。


白浜海水浴場
防波堤の向こうは、なが~い遠浅。
潮干狩りでも有名だそうです。


白浜海水浴場
無関係の人です(汗)


白浜海水浴場
良い点景!


白浜海水浴場
足首ぐらいの深さで、ず~っと続きます。


白浜海水浴場
カニと、カニの穴がいっぱい。


白浜海水浴場
この土団子は、カニの仕業。


白浜海水浴場
海の家でごろごろしていたら
地元のおじさんが、マテガイをいっぱい採ってきてくれたので、海の家で料理してもらいました。

マテガイは初めていただきました。


この後、白浜温泉に戻って汗を流しました。
竹炭入りのお風呂は、絶品のお湯。
温泉じゃ無いんですけどね。
ちょっとあったまりすぎぐらいで、脱衣場でゆっくりしてしまいました。

てくてく銭湯の懇親会が有ったのですが
ちょい所用で先に抜けさせていただきました。
銭湯イイですねぇ~


白浜温泉を応援しよう


α37 + SIGMA18-200mm


  1. 2015/08/24(月) 00:08:16|
  2. SIGMA18-200mm
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

海の家と銭湯 I

『関西てくてく銭湯』という謎の結社?が有ると言う話は、ある知人から聞いていた。
ひっそりと消えつつある、まちの「銭湯」をこよなく愛する人々が

「大好きな銭湯を残すにはどうしたらいいか?」
「みんなで行けばいい!」
「銭湯の良さを知らない人には、銭湯の良さを知ってもらおう!」

と言うようなコンセプトで始めた「街歩き + 銭湯」と言う企画だと理解しています(違ってたらすいません)

別の知人に「8月16日」にあるよ...とお聞きしたので
とりあえず参加してみることにしました。

山陽電車「白浜の宮駅」に集合して、街歩きのあと、海の家でまったりして、銭湯に入る計画です。

まず、澤田店(さわだみせ)と言うおでんとか、丼モノとかがあるお店
すばやく「姫路おでん」を一串。

松原八幡神社、マッチ工場を経て、開店前の「白浜温泉」へ


白浜温泉
昭和30年代初め創業だそうです。


白浜温泉
裏側の釜場から見せていただきました。


白浜温泉
実は、この白浜温泉さん
常連さんの減少、釜の老朽化(水漏れ)で、閉店されるはずだったのですが、心機一転。釜を新調して営業を継続すると決心されたのだそうです。


白浜温泉
煉瓦造りの釜場


白浜温泉
普段見ることはありませんね。


白浜温泉
こちらが正面


白浜温泉
まだ開店前です。


白浜温泉
竹炭が入れてあります。
竹炭からは、ミネラル分が出てすごくいい感じです。


白浜温泉
左が女湯。右が男湯。
まだ営業前です。

おかみさんが、絵手紙を書くのが趣味だそうです。


白浜温泉
さすがにレトロです。


白浜温泉
脱衣場。
ええ感じです。


白浜温泉
一個しかないので、番台の上にある冷蔵庫。


白浜温泉
そういえば、温泉以外の銭湯って久しぶり。


白浜温泉
女湯のお釜ドライヤー
まだ営業前なので、女湯も見学できました。


白浜温泉
ラッキー植松氏による銭湯絵葉書。
2枚有りましたが、『迷ったら両方!』
買って帰りました。


白浜温泉
可愛らしい湯船です。
浮いてるのが「竹炭」


白浜温泉
アーガイル模様の床タイルが珍しいとか。


白浜温泉
桶は、ケロリン


白浜温泉
憧れの番台で記念撮影


α37 + SIGMA18-200mm


さて、多いので「海の家編」は次回に続きます。



関西てくてく銭湯



  1. 2015/08/23(日) 13:08:16|
  2. SIGMA18-200mm
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ キビタキ エナガ シジュウカラ クロハラアジサシ シロチドリ トウネン キアシシギ キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ミヤマホオジロ ズグロカモメ ジョウビタキ ハシブトガラス シメ ツグミ シロハラ トラツグミ ツクシガモ スグロカモメ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ オジロビタキ コミミズク タゲリ カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ ホオジロ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ トビ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ イソヒヨドリ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ カシラダカ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: