FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

オニバスの池

オニバスを見てきました。
近所にも自生している池があるのですが、これはちょっと遠方。
たまたま、今年は花がたくさん咲いていると言うので、ちょっと寄り道して見てきた次第。

オニバスは、スイレン科の一年生の水生植物で、浮水性の水草
絶滅危惧 II 類に分類されます。
植物全体に大きなトゲが生えており、「鬼」の名が付けられています。
特に葉の表裏に生えるトゲは硬く鋭いです。
-wikiより-


オニバス
手前のは「つぼみ」です。


オニバス
なかなか「いかつい」です。


オニバス
花は、葉っぱを突き破って、水面に顔を出します。
左下にもちょっと顔を出しています。


オニバス
見事に、葉っぱを突き破ってます。


オニバス
綺麗な紫ですね。
花はもうちょっと開くみたいですが、この日は遅かったのか、この程度。


オニバス
おまけのカエルくん



EOS7D+Tamron70-300mmVC USD



  1. 2015/09/09(水) 22:09:06|
  2. TAMRON A005 70-300mmVC [EOS]
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0

明石城イルミネーションプロジェクト

明石市の商店会が中心になって、幻の明石城天守閣が復元?されました。
「明石城イルミネーションプロジェクト」というそうです。

実は、明石城には天守閣は築かれることは無かったのですが、2019年に予定される、築城400年祭に向けてのアピールイベントなんだそうです。
光の天守閣は、現存する重要文化財「巽(たつみ)櫓」と「坤(ひつじさる)櫓」の間に作られ、南(明石駅)側を向いています。

が、実際の天守台は坤櫓の北側。西を向いて築城される予定だったわけです。
というのは、明石城は姫路城と連携して、西国(外様)大名に対する押さえの意味で、親藩や譜代の城主をいただくお城だからです。

明石駅の方を向いて、2棟の櫓と立派な石垣が残っていますので、南側が正面だと思っても仕方ないですね。

~夜空に浮かぶ光の天守閣~ということで
点灯式のあった、10月7日にちょっと見に行ってきました。
18時00分~26時00分まで点灯しているので、終電でも見ることができるとか。


明石城
カメラを持っていくのを忘れて、RX100で手持ちです。


明石城
後日、望遠レンズを持って行ったのですが、選択を間違え、左右に櫓を入れた構図どころか、片一方さえ入れることができませんでした。
大失敗(笑)
家紋は明石城を作った初代小笠原氏の三階菱紋が入っています。


明石城
こちらは向かって左の「坤(ひつじさる)櫓」


明石城
こちらは「巽(たつみ)櫓」です。


明石城
脳内で合成してください(汗)
櫓には約35,000球の白いLEDを点灯させたそうです。


明石城
これはさらに前に撮った、イルミネーションを取り付ける前の、鋼管天守閣でした。
高さは18mだそうです。

13日まで点灯の予定でしたが、台風19号の影響で、11日で終了となりました。
でも、好評だったら、来年もやるかも知れないとか。




SONY DSC-RX100
EOS7D+Tamron70-300mm
K3+DA18-135WR


  1. 2014/10/15(水) 23:10:11|
  2. TAMRON A005 70-300mmVC [EOS]
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

アリスイ 初見初撮り

市内の公園に、オオルリやらキビタキやらが出ていると言うのですが
休みが予定でいっぱいで、鳥見に回れません。
そんな中、りかゆんがちょっと見てくるというので、偵察をお願いしました。

が、なんと!
先日、りかゆん専用機のα37が異音とともに止まってしまったのです。
ファインダーに「カメラエラー」と表示されるだけで、全く動きません。

しょうがないので、購入店からメーカーへ送った時だったので
代替機を持っていってもらうしかありません。

私の機材は、基本三脚必須なので、りかゆんは使いません。
とすると、使えそうなのはタムロンのA005(75-300mmVC)+EOS7Dです。

換算で、480mmと短いですが仕方ありません。
親指AF仕様を普通のレリーズでAFがスタートするように変更して持っていってもらいました。


で、オオルリは少し出ましたが
サービスがよかったのは、このこでした


アリスイ
アリスイです。
結構珍鳥で、皆さん、奈良とかまで撮影に行かれてます。
当然、初見、初撮り


アリスイ
トリミングですが
この切り株で、ずっと毛づくろいをしていたそうです。


アリスイ
変な顔ですね。
一応、キツツキの仲間です。


アリスイ
実は、前の薮やら、木の間のわずかな隙間からしかちゃんと見えないのだそうです。


アリスイ
ポーズも決まって


アリスイ
毒々しさ?が薄いのは、若いこだからかもしれません。


アリスイ
地味なこなので、動かないとなかなか見つからないのです。


アリスイ
舌が見えますか?
この舌で、アリを食べるのだそうです。


アリスイ
羽根の模様も変わってますね。

と言うことで、アリスイくんでした。



EOS7D+Tamron75-300VC(りかゆん撮影)



アリスイ(蟻吸) キツツキ科アリスイ属
日本では北海道、本州北部では夏季に繁殖のため飛来し(夏鳥)、本州中部以西では冬季に越冬のため飛来(冬鳥)する。
警戒のために頻繁に首をかしげるような行動を行う。種小名torquillaは「首を捻る者」の意で、英名(Wryneck=曲がった首)と同義
食性は動物食で、主にアリを食べ、和名の由来になっている。地表や朽ち木に止まって舌を伸ばし、獲物を捕食する。
-wikiより-




  1. 2014/04/28(月) 23:04:17|
  2. TAMRON A005 70-300mmVC [EOS]
  3. 関連するタグ アリスイ
  4. | コメント:0

甲子園ボウル(おまけ)

上から見下ろしなので、チアガールは撮ってもあまり良い絵になりません。
もう少し目線が低くないと駄目ですね。
まぁ、愛想なので、何枚か貼っておきます。
やはり歩留まりが悪いです。
ピンボケなのか、手振れなのか?
次回までには、もう少し精進して、ましなのが撮れるようにしなくては。


甲子園ボウル
角度も悪いのです。


甲子園ボウル
しかし、三段ぐらい簡単にやりますね。


甲子園ボウル
決めポーズのあとは...


甲子園ボウル
順番に落下です!



EOS7D+TAMRON A005




  1. 2013/12/16(月) 23:12:15|
  2. TAMRON A005 70-300mmVC [EOS]
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:2

甲子園ボウル

甲子園ボウルを見に行ってきました。
アメリカンフットボールの学生チャンピオン決定戦です。
関学vs日大です。

知人の招待で、すごく良い席で見ることができました。
ついでなので、少し写真を撮って来たわけです。


甲子園ボウル


甲子園ボウル


甲子園ボウル


甲子園ボウル


甲子園ボウル


甲子園ボウル


甲子園ボウル


甲子園ボウル


甲子園ボウル


甲子園ボウル


甲子園ボウル


甲子園ボウル

結果、関学の三連覇で幕を閉じました。

ちなみに、青が関学ですので(笑)


【追記】
久しぶりに持ち出した、TAMRONの70-300mm
球場で望遠レンズで撮るのは初めてですが、屋外なのでそこそこ明るいかと思いましたが
結構曇っている時間が多くて、あまり光には恵まれませんでした。
最初、Pモードで撮っていたのですが、シャッタースピードの割にISOが上がりすぎかと思い、絞り優先にして、解放で撮影に切り替え
できれば、ISO400~800ぐらいまででも収めたいです。
そのうえで余裕があれば一段絞れれば良かったのですが。
気を付けていたつもりでも、あまりやらない望遠の手持ち撮影は歩留まりが悪いです。
300mm程度なら気を付ければ大丈夫だろうと思ったのが間違いなのでしょうか。
思ったよりシャッタースピードが遅かったのも敗因かもしれません。
今思えば、ワンショットAFだったかもしれない(あれ?)
次回は同じ機材でももう少し歩留まりを上げたいと思います。
この分では、ナイター撮影は厳しいです。





EOS7D+TAMRON A005



  1. 2013/12/15(日) 23:12:15|
  2. TAMRON A005 70-300mmVC [EOS]
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: