FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

昨日が今日でも

昨日が今日でも、今日が明日でも、明日が昨日でも、
まるで変わらない日々が続いているものだと思っていた。

これは「大河ドラマ清盛」の頼朝の事だけど。

そんな訳はないんだよね。
時は流れる。人は老いる。

ひと月見なくて変わらなくても、半年見ない間に逝ってしまうものが居る。
それだけ心が離れてしまっていたという事か。

それは、それで仕方ない。
すでに僕の日常の中にあなたは居なくなってしまっていた訳やから。
出会いは突然で、別れは...いつの間にか。

ふと思い出す時があって、もう自分の日常の中に居なくなっていることに気が付く。
残るのは感傷だけ。
直接の感情とは違うものだ。


  1. 2018/05/12(土) 09:58:18|
  2. 雑記
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0

INDEX

シロハラ
シロハラ
本文とは全く関係ありません。


Blogは INDEX だと思っているわけです。
このことを意識したのは、昆虫写真家の海野さんのコラム
当時と言っても、すでに7-8年前のような気がしますが、海野さんは、撮りためた昆虫写真がその時点で7T(テラバイト)だと書かれていました。枚数は不明ですが一枚10MBとしても70万枚
彼は、その日撮影した昆虫を、自身のBlog記事にUPするそうです。

仕事で「〇〇クワガタ」の写真がいるとなった時、自分が過去に撮った昆虫であっても、まずその時の画像を探すのが問題なのでした。

元ファイルの保存方法は、(例えば)フォルダ名に撮影日:20180130と「〇〇クワガタ」 と付けておきます。(最悪日付のみでも)
こうしておけば、まず自分のBlogを「〇〇クワガタ」で検索すれば、複数の記事がヒットしたとしても、撮った自分はあの時のあのこだと思い出すわけで、画像を見ながら目的の日付を確定できます。

ある程度以上の枚数になると、撮ったことは覚えていても、何年の何月だったかまでは無理なので、自分のHDDの中から探し出すのさえ一苦労なわけですが、INDEXさえ付いていれば、すぐです。

うちのBlogは、野鳥が多いですが、名前で探すのはすぐです。
野鳥以外でも、例えば京都のあの記事のあの写真というような場合も、blog内検索をすれば出てくるわけです。
「こんなところへ行ったよ」というのを記憶に頼って説明するのより、自分のBlog記事を見たほうが早いです。
行った時のことを思い出して記事を書くとき、いろいろ調べ物をしたり、なかなか勉強になります。
自分で行ったところの事は、よく覚えているものですし、blogを書きながら見返すと、記憶に残りやすいです。

お休みに京都へ行こうという知人に、先日行った三年坂散策以外に「京都」だけでも何度か行っているので、参考にとピックアップしたのが下記。


京都駅夜景
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-2630.html

ねじりマンポから水路閣へ
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-2601.html

錦市場あたり~先斗町、祇園あたり
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-2592.html
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-2593.html

梅小路蒸気機関車館~京都水族館
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-2261.html
から
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-2265.html

ゲストハウス 「祇園 久楽」
http://fa43.blog77.fc2.com/blog-entry-1931.html

  1. 2018/01/30(火) 22:01:04|
  2. 雑記
  3. 関連するタグ シロハラ
  4. | コメント:0

謹賀新年

2018.01.01


本年もよろしくお願いいたします。
  1. 2018/01/01(月) 00:06:43|
  2. 雑記
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0

Mission Complete

ミッションコンプリート
しかし、審判の日は当分先です。

........


くすり

先日、胃カメラを飲んできました。
健康診断で、『要検査』になったわけです。

駅前の内科は、胃カメラが上手だという評判です。
数をこなしているのと、安定剤を使って、カメラを入れるときには意識がありません。
途中で目が覚めたのですが、ボーッとしている間に終了しました。

引き続き、ピロリ菌の検査をしたのですが、ばっちりいらっしゃいました。
という事で、駆除のお薬です。

これが、一日分で、上半分を朝食後。下半分を夕食後にいただきます。
ピロリ菌を殺す(除菌する)抗生物質なので、腹具合が悪くなります。
ひどい人は下痢をしたり、味覚障害が出ることもあるとか。

幸い、自家製ヨーグルトを大量に食べているせいか、下痢はありませんでした。
腹部膨満感はありますが。

抗生物質は、一回でも飛ばすと効果が無いので、忘れるわけにはいきません。
7日間、14回飲み切るのがミッションです。

さらに、投薬中はアルコールはいけません。
また、結果は10月中頃でないとわからないとか。

10月の検査で除去できてなかったら、二回戦です。
一回目の除去の確立が3/4だそうですが...

*

で、胃カメラの方は、約一週間で結果で出ます。
薬を飲みきったら、ちょうど一週間なので、聞きに行ってきましたら、ガンは見つかりませんでしたという事。
とりあえず、良かったです。

まぁ、ピロリ菌が居るぐらいなので、絶好調というわけではありませんが。


さて、ピロリ菌の検査ですが、尿素呼気試験法というのは

ピロリ菌が持つウレアーゼという酵素により、胃の中の尿素を分解して、アンモニアと二酸化炭素を生成します。尿素の分解により、アンモニアと同時に生じた二酸化炭素は速やかに吸収され、血液から肺に移行し、呼気中に炭酸ガスとして排泄されます。この試験法は、この原理を利用して、検査薬(13C-尿素)を患者さんに服用して頂きます。ピロリ菌に感染している場合では、尿素が分解されるため呼気に13CO2が多く検出されることになります。一方ピロリ菌に感染していない場合では、尿素が分解されないため13CO2の呼気排泄はほとんど起こりません。

という事で、割と簡単。
でも、朝ご飯抜いて、水以外飲まずに検査に来てくださいと言われました。

まだまだ、試練は続きます。
あっという間に、9月になって、セミの声がしなくなりました。

もう秋ですねぇ....あんなに暑かったのに。



PENTAX KP + FA50mm f1.4


  1. 2017/09/02(土) 22:08:23|
  2. 雑記
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0

ZEPPELIN

時計を買いました。

ZEPPELIN

ZEPPELIN [ツェッペリン]
7680M-1 100周年記念 クォーツ 42MMメタルベルト

右はこれまで使っていた SEIKO


Blog記事をひっくり返してみたら、今まで使っていた時計(SEIKOのKINETICチタン・ダイバー)を買ったのが、ほぼ10年前のこと。
けっこう経ってますね。

二回ほど紛失して(実は車の座席の下に落ちていたり)何か月かほったらかしたのがいかんかったのか、当初はフル充電で何カ月も電池がもったようなのですが、少し前から一日放置するとほとんど電池残量が無くなってしまってました。
最近では、前日にフル充電だったのに、朝見ると4段階の充電残量の下から二番目になっているありさま。
実は三段階だと思っていたのに、さらにその下が有ったわけで。

ちなみに、KINETIC(キネティック)は自動巻きの要領で電池を充電するしくみで、基本的に電池交換は不要です。
ただ、ソーラーのように明るい方を向けておけば充電OKとならず、今では毎日腕にはめてないと止まってしまう?ような状態です。
調べていませんが、SEIKOに修理に出せば、内蔵二次電池の交換で当初の性能に戻るような気もしますが、たぶん分解掃除も要るし、買うほどの値段になりそうなので聞いてもいません。

今でも、特に遅れることは無く、オールチタンなので格好の割に軽く、金属ベルトなのに100gを切っています。
ぞんざいに扱っても壊れず、ダイバーですから濡れてもOKで、時々石鹸で水洗いする程度ですから、気に入って持っていた訳ですが、さすがに外すと一日ちょっとで止まるというのはどうも。

そんなわけで、数か月前から次の時計を物色してましたが
(出来れば)ソーラー充電(電池交換不要)・アナログ文字盤・あまり重くないもので、次は白い文字盤のが欲しいなとおもってました。

結局、見た目重視なのですが、候補を絞り込んでも、なんか決めきれず。
クラシックなフェイスのこんなんになりました。
ん十万も時計に出す気が無かったので。

残念なのは、電池交換が必要な事と、ミネラルガラスなので、傷がつくかも?という事です。
皮のベルトと悩んだのですが、何ならあとから変えてもいいかもと金属のにしました。

ZEPPELIN というメーカーは、最近まで知らず。いい加減と言えば、いい加減に決めた次第です。
さて、こいつは何年持つ事になるかな?



GX8 + LUMIX X 12-35mmF2.8



【蛇足】
ZEPPELINは、Ferdinand Graf von Zeppelin(フェルディナンド・フォン・ツェッペリン伯爵)が開発した硬式飛行船、ZEPPELIN号に由来します。
硬式飛行船というのは、アルミニウムなどの軽素材でできた枠組みを持つ飛行船のこと。ガス圧で外形を維持する従来の軟式飛行船とは違い「高速飛行」「大型化」が可能になり、空の輸送手段として実用化されるようになったことです。



  1. 2017/01/17(火) 22:01:14|
  2. 雑記
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:2
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 アマサギ ケリ ムナグロ コチドリ ヒレンジャク ミコアイサ セイタカシギ ハジロカイツブリ コゲラ ルリビタキ オシドリ スズメ アトリ シロハラ ビンズイ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ カワアイサ ジョウビタキ カヤクグリ クロジ オグロシギ エリマキシギ ダイゼン ホウロクシギ サメビタキ コムクドリ キョウジョシギ キアシシギ シロチドリ トウネン チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ オジロビタキ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ エナガ キビタキ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ ツバメ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ミサゴ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: