FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

ジーアール計画

リコーのGRが「スナップにいいな」と思うが、さすがに単焦点コンデジに10万は...とおもう。(注1
だからというわけでは無いけど、M4/3の14mmを買った笑(28mm相当)
で、手持ちの『GX8』に付けてみたけど、GRの代替えにはなりそうにない。
GX8ではデカいのだ。

なので、小さいボディは?と物色する。
パナのGF10か、GF9がいいかなと見ていたけど、
現行モデル GF10の黒は、ボディ全体が黒で上がシルバーのGF9の方が見た目が好みだったりする。
で、GF10と性能的にはあまり変わらないGF9の中古を物色するが、ちょうど良いのが無い。
人気の加減か、オレンジ×銀のボディはたまに見るが、オレンジには銀のレンズ以外はマッチしないみたいなんで、黒×銀を探す。(黒のレンズばっかりなんで)
と言って、キットレンズの、12-32mm F3.5-5.6とかを買う気は無いのです。
小さくて軽くて良いのですが、すでに標準レンズが何本もあるし。
基本、14mmだけでいいかも?
しいて言えば、35-100mmは小さくて可愛らしいので欲しい気はする。
軽いし。(いかんいかん)

注1)GRには21mm相当のワイコンと、クロップがあるので、それでもいいかな?と思ったけど
 ワイコンが本体並みの重さがあることがわかって萎えた(汗


さて、別の選択肢として、オリのE-PL8または9があるのですが
GF9より幅は1cm大きく、重さで100g重い。
ボディ内手振れ補正があるのはいいんだけど、けっこうずっしり重い。
それだけがネックか。
大きいのは持ちやすいからマイナスではない。

それでもGX8より100gほど軽いし、幅は16mmも狭いのだけど。
あとは、まだ見ぬGF10後継機か?(全く不明)

気持ち的には、パナの小さいボディが欲しいが(主にルックスが好み)
パンケーキの14mmと、もしかしたら20mmを買い足してRX100の後継にできるか?
あるいは、計画自体がとん挫するか?

*

という感じで何日か耐えたのですが
結局買ってしまいました。
E-PL9の黒です。ボディのみ。
GF9はいいのが無かった。(PL9はスマホとの連携も良いし)

当面、14mmのみで運用。
予備に望遠を持って出るなら、14-140mmかな。
実は、LUMIX G VARIO 35-100mm F4.0-5.6 が小さくていいなと思っている。
銀が良いか、黒が良いか...いやいや、単に欲しいだけだろう。
それなら魚眼の方が面白いやろ。


OLYMPUS PEN E-PL9 ボディ
1605万画素
液晶:3インチ×104万ドット(EVF無)
Bluetooth 4.0
117.1x68x39 mm  380 g(電池含む)
動画:4K(3840x2160) 29.97fps
TruePic VIII
専用電池型番 BLS-50 (USB充電未対応)

USB充電不可なので、予備電池は要るかな?
SDカードは使いまわせるだろうか?
ケースやストラップは要らんかな?
ノイズリダクション「標準」でISO3200まで許容範囲内...なのか?


E-PL9
レンズは、LUMIX G 14/2.5 ASPH. (旧型)


PENTAX KP + DFA100mmF2.8 Macro


  1. 2019/08/27(火) 23:08:27|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:2

G9 試撮

初見のこが居るというので、雨の中出撃したのですが
残念ながら出てきてくれませんでした。

予備電池は買ってないし、SDカードが届いてないのですが
とりあえず、LUMIX G9pro の試撮です。
雨の中、条件悪いですが。

ルリビタキ♀
G9の試撮です。
たぶん、ルリビタキ

ISO3200 1/400 F6.3
暗いので、ISO上限まで上がってますが、等倍でなければ悪くないです。
等倍だとやや塗り絵ですが、それでもノイズは割と目立たないです。


ルリビタキ♀
ISO等は上と同じです。
GX8とはだいぶ違います。これぐらいなら許容範囲でしょうか?


コゲラ
こちらは、PENTAX KPのほう。
コゲラです。

ISO500 1/125s F5.6
こちらは三脚使用です。
レンズの明るさが半段違いますし、シャッタースピードが遅いので、ISOが低くなってます。
気を付けないと被写体ブレするんですが。


ルリビタキ♀
ISO500 1/125s F5.6


いろいろ考えはありますが、暗いとLUMIX GX8では結構厳しかったですが
G9のほうがずっと歩留まりが良いです。

シャッターを押す感触は素晴らしいですね。
押すだけで楽しいです。

次回は、もう少しISOを下げてシャッタースピードが落ちた時に手振れ補正がどれぐらい効くかですね。
今回は、基本カメラ任せです。


今回は、連写は秒7コマ(M)に制限
カスタム設定で、背面のコントロールダイヤルで露出補正をダイレクトに変更するようにしました。


G9pro
帰ったら、SDカードが届いてました。
今回は、6K連写や、動画も撮るかも?というので
高速なカードではないですが、64GBを2枚に。
Transcend SDカード 64GB UHS-I Class10 (最大転送速度95MB/s) TS64GSDC300S-E【Amazon.co.jp限定】
という安いカードです。

上で書いた「コントロールダイヤル」というのは
真ん中に MENU/SET と書いてある丸いダイヤル(外側の丸い部分)
これを回すとダイレクトに露出補正ができるようにしました。(+/-ボタンとか押さなくても)
EOSの背面ダイヤルと同じパターンなので、覚えやすいです。



LUMIX G9pro + LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm(りかゆん撮影)
PENTAX KP + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW


  1. 2019/03/10(日) 21:03:10|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ ルリビタキコゲラ
  4. | コメント:0

LUMIX G9pro

LUMIX G9pro

これになりました。
出たときは、高性能なカメラだけど高価だし、大きく重いからと、頭から検討もしてなかったですが。


今回は「まち歩きのお供」を更新したいと思ったのがきっかけです。
いい標準レンズをというのも考えたのですが
PENTAX KP+DA17-70mmが重い(AFが迷う時がある)。
KP+古いDA16-45mmは画質的に少し物足りない。(DA16-85は良さげだけど、望遠端がF5.6なのに17-70より3g重い)

LUMIX GX8 が、高感度に弱い(上限iso800で使用)。ときどきWBが決まらない事。
GX8の直接の後継機が出てこない事(GX7は少し違う)
結局『持ち出したら後悔しないカメラ』という事なのでした。

目標は、KP+17-70mm(約1.2キロ)より軽い事。もうちょっと画質で満足いくこと。
画質に関しては、センサーもですが、いいレンズが肝かな?と。

画質を優先すると、軽量になったFFミラーレが候補に上がってくる。
やはりFF用レンズは妥協の少ないものも発売されやすい。

FFミラーレスは、SONY、Nikon、Canon。パナはまだ触れなかった(出たとしてもボディも重い)
で、その中で、一番感触が良かったのが、Nikon。
Z6とか。シャッターフィール、EVF。申し分ありません。(たぶん画質も)
レンズは24-70mmF4。もうちょっと望遠端が伸びたらいいけど、重さは500gで及第点。
SONY α7iiiは瞳AFやイメージャの基本性能で有利だし、5年先行ゆえレンズも豊富。
Canon(EOS R)は手持ちの望遠レンズも使えるうえ、標準ズーム24-105F4がちょうど良い使い勝手っぽい(700gやけど)

そんな中、軽量廉価なEOS RPが出るというので、軽さの魅力も加わって「これでいいかな?」とも思ってたのですが、画素数はともかく、EVFがKISS M 同等という事で、撮る楽しさに欠けるかなぁと思案。
軽くて安いんだから、あれこれダウングレードはあるはずなのはわかりますが。
EOS Rしか触れてませんが、押すときの感触がもう一つ好みと違う感じなこと。
やっぱりFFはレンズがでかい。値段が高いこと。
決め手は、RP+24-105が、1.2キロあること(KP+17-70と同じなのです)

回りまわって、LUMIX G9proになってしまった。
何より、12-60mm(24-120)付けて1キロ切りは大きい。実際に測ったら1050gほど
カサは高いのだけど、素晴らしいEVFとシャッターフィールです。
官能的と言ってもいい。
どちらも気持ちNikonに負けてる気がするけど。

実は、Nikon Z6 + 24-70F4でもいいかな?と思ったのだけど、結構なお値段するしね(30万超え)
Nikon、CanonのFFミラーレスは、出たとこやし、もう少し様子見が良いかも?

Nikonいいと思うけど。無くならないよな>Nikon
FFの高感度耐性があれば、望遠端はF5.6でもいい気がする。
EFマウントアダプタ付けて、クロップ含みでEF400mm+1.4テレコンが使いたい気はある。
車の中から撮るのにちょうど良いから。

それもこれも、結局(FFは)先送りになってしまった。
何年か後にはまた検討したいと思います。


今回は、LEICA12-60mmをセットで購入。というか、レンズキットです。
別々に買うより安いし、いろいろと不満を抱えつつ使うより、行ってしまえと言う感じです。
もう買わないとか、一生これでいいとか、そんなことは思いませんが。

りかゆんの鳥撮でも、前より良い結果が出るんじゃないかな?と思ってます。
①手振れ補正が強力なる事。
②許容ISOが上がる事。
③ピントも合いやすくなると思います。
マイナス面は150gほど重くなることですが、もともとが1キロのレンズ込みなので、1割ほどの増加にとどまります。
背面にコントロールレバーがあるので、背面液晶をしまってもAFポイントを動かせそうです。


LUMIX G9pro
作例というか試し撮り。
露出補正 +2.3EV
EVFは露出補正がらくちんです。


LUMIX G9pro
自宅にて
ISO3200
GX8よりノイズ少なめ。



G9pro + LEICA12-60mm
KP + FA50mmF1.4


  1. 2019/03/07(木) 22:03:07|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:2

初めてカメラ

『初めてカメラ』 の相談を受けた。
正確には、コンデジは使っていて、この度、ミラーレス一眼を買いたいということ。
何を買えばいいだろうかという相談です。

お世話になっている知人の友人だそうで、全く面識は無い方なのですが。
長文になってしまったので、こちらにUPしておきます。

・女性(私と同年代)
・お庭とかのお花を綺麗に撮ろうと思う(らしい)
・知人がマイクロフォーサーズに60マクロでお花を撮っているのを見て刺激を受けた?
・予算がざっくり7-8万円
・コンデジがあるだけで、何もしがらみは無い

ここで、忖度
・重い機材はダメだろう
・ハイエンド機やないし、今さらなのでミラーレス一眼に絞る(軽いし)
・標準ズームはキットレンズで(Wレンズも有り?)
・マクロレンズか、寄れる単焦点をプラスすれば

※重くてでかいと持ち出さなくなります。ミラーやペンタプリズムの分だけレフ機はでかいです。
※キットレンズは、数も出るので、廉価でそこそこ写ります(軽いし)
 なので、何もレンズを持って無い場合はお勧めです。
 キットレンズがセット割でお得なのは間違いない。2台目以降ならボディのみという選択もある。
※お花だとマクロレンズも欲しいですが、予算の事もあるので、例えば2-3cmの花を画面いっぱいに撮らないのなら
 そこそこ寄れる単焦点でも良いかもしれない。後からでもいいけど。

ところで、買うのはどこだ?というのもあります。(㋐~㋔:順不同)
㋐全国に支店がある、キタムラカメラ。
㋑ヨドバシなどの、カメラ系量販店
㋒ジョーシンやヤマダ電機などの家電量販店
㋓マップカメラや、フジヤカメラなどのカメラ店の通販コーナー(実店舗は東京とか)
㋔価格.comに名前が出る秋葉系通販店(ネットの最安店)

㋐は、店長と懇意になるのが得策やけど、それほど機材を買うと思えないので✖
㋑は、ちょっと出かけて買いにいけるならいいかも。ここは店員に聞いたら何でも教えてくれる。さわれるし。
㋒は、店員の知識は無いから聞いても無理。知識のある店員はメーカーからの派遣なので、Nikonの派遣やったらNikonを強引に?勧められる可能性が高い(普通の店員と同じ格好をしている)
㋓は、通販のみなので、買うモノが決まった人向け(中古も機能的には心配ない)⇒私は㋑でさわってここで買う
㋔は、多分大丈夫と思うけど、トラブった時に不安なのでお勧めしない
 amazoneは、amazon直売のはトラブっても大丈夫と思うけど、他のストアは信用できない。


さて、御託ばかり並べずに機種選定です。
予算に沿っていくと、エントリー機又はちょい古い機種になります。
FUJIも魅力なのですが、予算的に収まらないので、マイクロフォーサーズとEOS Mに絞る。

以下の順番(①等)は、価格comの売れ筋順(ピックアップ)です。
http://kakaku.com/camera/mirrorless-slr/ranking_V071/


候補
①EOS Kiss M ダブルズームキット(8万ぐらい)レンズは、15-45+55-200
バリアングルタッチ液晶。ファインダー有り
EOS Mシリーズならこれ一択(新しい上に、そこそこ安い)なので、いま、一番売れてます。
これはCanonのブランド力が大きい(無難な選択とも言える)小さく軽くよく写るし欠点が少ない。
悪くないけど、まだまだレンズの選択肢が無いので、ダブルレンズ以外は買わない人向けかも。
純正アダプタでEOS用の(レフ機の)レンズが使えるという建前だけど、EOSのレンズを持って無いのに、わざわざ買う意味は無いと思う。という事で、除外。

②LUMIX DC-GF9 ダブルレンズキット(5万ぐらい)12-32mm+25mmF1.7
ファインダーが無い。チルト液晶。タッチパネルモニター。自撮り可能
ローパスレス1600万画素。オレンジがかわいい。本体240g
GF9は、12-32ズームと25mm単のセット販売しか無い。
GF10(GF90)がすでに出ているが、あまり変わってない。※GF10とGF90は全く同じもの

③LUMIX DMC-G8 標準ズームレンズキット(8.3万)参考価格はkakaku.comあたり参照です。
12-60mmがキットレンズで選べる。このレンズ一本でほぼ賄える。12-60をレンズ単体で買うと4万ぐらいする。

④OLYMPUS PEN E-PL8 ダブルズームキット(5.4万) 14-42+40-150
ファインダーは無い。チルト液晶(自撮り可)。白とか、茶とかある。ローパスレス1600万画素
GF9と同じような位置のカメラ
チルト液晶がE-PL8は下へ開く。GF9は上に開く。
ただし、こちらはボディのみ、14-42キット、ダブルズームキットがある(但しWズームとわずかしか価格差が無い)
E-PL9がすでに出ているが、こちらもあまり変わってない。

⑤LUMIX DMC-GX7MK2 ダブルズームキット(6万ぐらい)12-32+35-100
チルトタッチ液晶。
GX7はすでにmk3が出ているが、mk3は標準ズームで、9万はするので予算オーバーか

①以外は、マイクロフォーサーズなので、レンズは互換性があります(買い足すレンズの選択肢が同じになる)


ファインダーで撮るというのを是非やって欲しい。(②と④はファインダーが無いのです)
まず、目で見てこれぐらいを切り取ろうと思う。⇒そのままファインダーを覗いて撮る(+ズームする)という行為が自然で気持ち良い。
スマホも、コンデジも、まず目で見て、対象を決めた後、背面液晶を見ながらカメラ(スマホ)をかまえて入れたかった角度を調整するのがもどかしい。
ローポジションとかでファインダーを覗くのが苦しい時でも、背面液晶がチルトなら、バリアングルより自然です。バリアングルはカメラの左にモニターが飛び出すので、どうしても光軸がずれて、もどかしい。
チルトは縦位置では使えないという欠点がありますが。


GX7mk2
GX7mk2


さて、一押しは⑤です。LUMIX GX7MK2 (MK3ではなく、MK2)
エントリー機では無くて、ミドル機になります。ご心配なく、Pモードでフルオートになります。
背面液晶を指でなぞって、AF位置を決める。AFの位置は撮影者の意図を表します。
ピントを置きたいものを決めたら、背景に何を入れるかを決める。
カメラ位置を左右上下に動かして、何をどこまで背景に入れるかを考える。
絞り値を変化させて、背景をどれぐらいぼかすかを考える。
露出補正を行って、色味・トーンどうするかを決める。
※②と④でもできますよ。

普段は、isoオートにしたら、露出補正ダイヤル以外はさわらないですから、露出補正ダイヤルがワンアクションで操作できるのがいいと思います。
ミドル機は、ワンアクションでできることが増えます。ちなみに私はGX8を使ってますが、GX7の方が少し小さいです。
パンケーキレンズ(薄いレンズ)が付いてきますので、携帯性は良いです。
望遠は使わないというのなら12-35のみのでもいいですが、キットで買うと安いので、有ってもよいかな?と思います。
運動会を撮らないなら、この2本で充分です。とりあえずならお花のアップは望遠ズームででも。
強いて言えば、レンズは12-60mmがいいんですが、これがキットになってない。別途買うと4万円ぐらい。
運動会なら、もう少し望遠が欲しいし、体育館なら難易度がすごく上がります(高価なレンズが要ります)
最新のMK3が良いけど、最初に決めた予算に収まらないです。


GF9
GF9


E-PL8
E-PL8

候補の二番目は、②か④
あまり差は無いので、LUMIXでも、OLYMPUSでも、見た目が好みの方で。
どちらもエントリー機ですが、出てくる絵は上位機と同じです。
但し、ファインダーは無い。
望遠ズームが付いてくるのはオリンパス。25mm単焦点レンズが付いてくるのはLUMIXです。
12mm(換算24mm)始まりはLUMIXで、42mm(換算84mm)まで伸びるのはオリンパス。
ちなみに、私はルックスの好みでLUMIX(Panasonic)にしました。

G8


三番目は、③です。
大きくなるのと一眼レフスタイルなんで、女性に向かないかもしれませんが、12-60mmがキットに付いているのが選んだ主な理由。運動会で無ければ、街中スナップ、お花もこのレンズ一本で全部いけるかも?
大口径や、長めの望遠レンズを付けても持ちやすいですが、大きすぎるからダメかも?
手に取ってみて下さい。

見た目、手の中の感触というのはとても大事です。
すぐ近くで、手の中にある機材なので、手触りや感触も大事です。
是非、実物をさわってください。大きすぎる、小さすぎるという感覚も大事です。

ミラーレスは、背面液晶を見ながら撮れますが、是非、ファインダーを覗いて撮るのをやってみてください。
押す瞬間が一番快感になります。
ファインダーと背面液晶を交互に使って撮れるのはミラーレスの良いところ。
レフ機では、まず選択(切り替え)が必要です。


予算が余る分は、お花用の単焦点レンズを買ってほしい。
余らなかったら、遅れても買ってほしい。
伊達にズームできないわけでは無くて、単焦点レンズは、ズームより軽くて、明るくて、綺麗に撮れます。
花だけ撮るなら、単焦点一本でいいです。
単焦点はズームできない代わり、ズームする必要が無いので(笑)
「カメラを向けて⇒ズームして⇒シャッターを押す」が
「カメラを向けて⇒シャッターを押す」になるので、リズムがすごく良くなります。

単焦点は焦点距離が変化しない(画角が決まる)訳ですが、レンズによって最短(撮影距離)が違います。
どこまで寄れるとかという事。
最短が30cmというのは、カメラの撮影素子から対象までの長さが30cm以下だとピントが合わないという事。
ざっとレンズが10cmであれば、レンズから先に20cmの空間が要るわけ。
この距離が極端に短いのがマクロレンズとい言われるレンズで、等倍マクロというのは、1cmの花が素子上に1cmの大きさで写せ、ピントが合うまで寄れるという事(小さな花がモニタ一杯に写せる)
等倍近くまで寄ると、背景は色になり見たことのない世界が広がります。
これは...と思って寄っていくとピントが合わないところまで寄ってしまって、少し下がるというのはよくある事。
コンパクトデジカメは、寄れるカメラが多いので、寄りすぎて撮れないという感覚は無かったかも?

さて、マクロレンズの一押しは
OLYUMPUSの60mm(結構高価)4.2万円
LUMIXの30mmは気持ち焦点距離が短いかも? 3.7万円
OLYMPUSの30mmは、2.8万円
LEICAの45mmはちとお高い。 5.7万円

で、予算が苦しい時は、SIGMAの19mmか30mmのF2.8の方。
15000円ぐらいで買えますが、これがすごくよく写る。
ちなみに、60mmを持ってますが、最短が60cmなのがストレスで、お花用にはどうかと思う。
19mmは20cm、30mmは30cmまで寄れますので、お花はこれでもいいと思います。
広めに撮るか、寄りめに撮るかは撮り手のスタイル次第。(19mmか30mmか?あるいはマクロの60mmか)
19mmは換算38mmでやや広角。30mmは換算60mmで望遠よりの標準画角です。
ズームレンズで確かめてみてください。


GIGMA19-30-60


換算というのは、35mmフィルムの頃の名残。
同じ焦点距離のレンズでも、撮影素子の大きさによって画角が変わるので、35mmフィルムの画角だったら何ミリのレンズかという言い方をします。
50mmが標準、28mmは広角、24mmから超広角。
7-80mmは中望遠で、135~200mmは望遠。400mm超は超望遠になります。
マイクロフォーサーズは、実焦点(レンズの焦点距離)を2倍したら換算焦点距離になります。


補足① GX7mk2 と mk3 の違い
画素数が1600万から2000万画素にUP
独立した露出補正ダイヤル(mk2は後ろダイヤルを押し込めば露出補正になる)
ファインダー(EVF)が可動になった。省電力設定ができる。AFの向上その他
mk3は魅力的だけど、予算的にmk3は外しました。

補足② GF9 と GF10の違い
「広角4Kセルフィー[4K連写(広角)]」の追加
「夜景セルフィーモード(夜景&自分撮りモード)」が追加
「美肌効果モード」と「スリムモード」が使用できる
という程度の事で、安いGF9でいいかな?

補足③ E-PL9 と E-PL8の違い
9には、内蔵フラッシュがある
アートフィルター、アドバンストフォトモード追加
Bluetooth追加
こちらもほぼ一緒なので、安ければE-PL8で


長文失礼しました。



  1. 2018/10/25(木) 14:32:06|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:0

TOTOシーウインド淡路 2003-2

さて、シーウインドに泊まった翌日です。
安藤忠雄つながりで、淡路の安藤作品を攻めます。


淡路
本福寺です。
蓮池の下が本堂。


淡路


淡路


淡路
淡路夢舞台
ここは、花博会場跡地


淡路
ウィスティンホテルは、外側が安藤忠雄で、内装は別の方。
隣接して、会議場と、植物園もあります。


淡路
この一角は、安藤ワールド。


淡路
この水面の下に海の教会があります。


淡路


淡路


淡路
ラッキーにも、教会の中を見せていただけました。


淡路


淡路
その後、野島断層へ
実はこの風車が先日の台風で倒れたやつです。


淡路
最後は、淡路牛で締めでした。
香川の皆さん、お世話になりました。


結局、その年の、2003年の12月に、初のレンズ交換式デジカメ PENTAX *istD を買ったのでした。
フィルムの一眼は、ミノルタでした。
親父のお下がりの、SR-7から、X-700に買い替えて、結婚する前に同じミノルタでもAFのα8700を買いましたが、その後αのデジカメが一向に出ず、メーカー変更となったのでした。
本当は、CanonのEOS KISS DIGITAL(初代KISSデジ)を買う気で出かけたのですが
その無駄な「でかさ」に萎えて、つい横にあったPENTAXに目移りしてしまい、後日購入することに。
予算が足りず、1GBのCFを買うはずが、512MBで妥協したのでした。
画素数は600万画素でしたが、出てくる絵はやはり別物でした。
今から思えば、全然ですけど。

Canon買ってたら、ここまでカメラにのめり込まずに済んだかもしれません。
PENTAXファンは、単焦点使いが多く、また、オールドレンズファンが多かったのでした。
どっちが仕合せだったか、わかりませんが。



Canon PowerShot S30
2003年4月撮影


  1. 2018/08/29(水) 00:04:13|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ☆花 コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ アオアシシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ コアジサシ オオヨシキリ タゲリ カシラダカ ビンズイ ルリビタキ スズメ ヤマガラ キビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ コゲラ オジロビタキ ミサゴ カワアイサ ミコアイサ ホシムクドリ モズ メジロ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ エナガ サメビタキ エゾビタキ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ミソサザイ アマサギ ケリ コチドリ ムナグロ ヒレンジャク ハジロカイツブリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ ジョウビタキ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ コムクドリ シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ ホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: