FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

遠征地の狛犬様

帰り際、道路脇の神社?を見つけました。
良さげな狛犬様がいらっしゃいました。

これは、素通りできませんね。

遠征地
小さな祠です。


遠征地
「阿形(あぎょう)」なので、獅子だと思います。


遠征地
良く分りませんが、足の前に小さな獅子(狛犬)がさかさまに居るように見えます。


遠征地
こちらが「吽形(うんぎょう)」の狛犬ですね。
この状態では、角があるかどうかは不明です。


遠征地
祠よりも立派な、ご神木でした。



SONY DSC-W300






  1. 2012/08/04(土) 22:07:22|
  2. コンパクトデジカメ
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:4

遠征地スナップ

コンデジのメモリを見たら、先日の遠征地のスナップが残っていました。
多少は高地なので、下界より涼しいはずだったのですが
それほどでも無かったのは、下界がよほど暑かったからでしょうか?

画像的には若干涼しいですが。

遠征地
常に木陰になるので、少し涼しいです。
その代わり、明るさが足りないので、シャッタースピードが厳しいですが。


遠征地
いいところですね。


遠征地
バンガローに泊まることができます。
フクロウ類は、夜のほうが良いです。
が、撮影するのはたいへん。



帰り道、路上駐車の車に、懐かしいクラウンを見つけました。
この型のクラウンは、大学生のとき、友人が親の車を乗り回していて、よく乗せてもらった車なのです。

四代目クラウン
調べたら、四代目クラウン(1971-74年)
「トヨペット・クラウン」から「トヨタ・クラウン」を名乗るようになった型です。

時代を先取りしたスピンドル・シェイプ(紡錘形)と呼ばれる丸みを帯びたスタイルから「クジラ」の愛称を持つ意欲的なデザインなのです。
が、この斬新なデザインが法人から敬遠され、「クラウン史上最大の失敗作」と言われたそうです。
友人もそんな事言ってました。

三速コラムシフトのベンチシートでしたね。
暖房を入れても、エアコンが作動するので燃費も悪かったです(笑)
クラウンですから、当然パワーウインドウでしたよ。

いやぁ、非常に懐かしかったです。




SONY DSC-W300



  1. 2012/08/03(金) 23:07:22|
  2. コンパクトデジカメ
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:5

飲み込まれる

DMC-FX77を連れて散歩したときの画像です。
あまり何も考えずに撮っていますが、やはり24mm相当は広く写りますね。

蔦
去年見た時は、こんなにすごくなかったのですが
さらに、蔦が茂っていました。


蔦
飲み込まれたら、どこへ行くのでしょうね。


その後、アーケードの下のツバメの巣を見つけたので、超解像技術の検証をして見ました。

燕
トリミング込みで300万画素だと、光学234mm相当までズームできるのですが
さらに、超解像技術で、1.3倍まで拡大できるのだそうです。
換算で、304mm相当。

しかし、全然解像してませんね。
これぐらいの大きさにリサイズすると、少し見られますが
全然ダメです。
という事で、超解像ズームは封印することにしました。
234mmで充分望遠ですが。



LUMIX DMC-FX77




  1. 2012/06/21(木) 22:06:21|
  2. コンパクトデジカメ
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

森林浴

先日行った、天然林

ブナ、カエデ、ミズナラ等の巨木が直射日光をさえぎる、緑の森の小道。

天然林
林道の脇を水が流れ、川のせせらぎと、鳥の声だけがこだます、非日常の世界です。


天然林
樹齢200年以上の広葉樹の巨木は、ごつごつとしてその年齢を感じさせます。


天然林
たくさんの木々と、苔と、シダ類の織り成す、緑のグラデーションは、圧倒的です。


天然林
200種近い植物が確認されているそうです。
少し、霧が出てきたようですね。


天然林
白い、半透明のモノが降りてきて、あたりのコントラストを低下させてゆきます。
浅い霧は、あたりをゆっくりと包んでいきます。


天然林
手持ちなのに、知らぬ間に流れが白い糸になって見えます。


天然林
森のおみやげは、足元で拾った、カエデ(オオイタヤメイゲツだそうです)の葉っぱ
こんなにたくさんに分かれて、不思議です。

車に着いたら、しおれてしまっていました。

やはり、深い森の中でしか生きられないのでしょうか?



鳥見に行ったのですが、森林浴だけでも来た甲斐がありました。
あまりたくさん押せませんでしたが、いっぱい鳥の声が聞けて、それだけでも満足感がありました。




SONY DSC-W300



  1. 2012/06/16(土) 21:06:10|
  2. コンパクトデジカメ
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:8

美味しそうに見えない

先日から、昔、デジスコ用に使っていたSONYのDSC-W300を持ち出しているのですが
外光はともかく、室内ではいまいち、WBが決まらないのです。

DSC-W300は、有効1360万画素1/1.7型CCD で、35~105mmに相当する3倍ズーム「CarlZeiss Vario-Tessar F2.8-5.5」を搭載する、高級コンパクトデジカメだったのですが
いかんせん、発売が2008年春なので、かれこれ4年になりますから。

先日買ってもらったデコポンです。

デコポン
広角側で若干湾曲が出るのはご愛嬌だし、こういう物を撮ると分らないですが
なんか、感じが違うなぁと思ったら、色がいまいちなんですね。
そういえば、モモスターのカレーも緑かぶりしてました。


デコポン
という事で、少しいじってみたのがこれなのですが
見た目だとこれぐらいになります。

他はともかく、食べ物を撮ると「美味しそう」に見えません。
Qは、新しいのでよいのですが、もう少し寄りたいところです(最短撮影距離:0.2m)
02 STANDARD ZOOMは持っていますが、でかいですし。
今のところ、マクロレンズがラインアップされる予定はないようですし。

クローズアップレンズでも調べてみましょうか??



SONY DSC-W300



  1. 2012/02/24(金) 23:40:18|
  2. コンパクトデジカメ
  3. 関連するタグ
  4. | コメント:4
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 コマドリ コチドリ シマアカモズ シロハラ アトリ イカル モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: