FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

ヨシゴイ 雌雄

お目当てのこが出ないので、ヨシゴイを見に、別の池に向かいました。
行ったら誰も居ません。
カメラマンが居ないと探すのが大変なんです(汗)

あまり大きくない池ですが、ぐるりとヨシが生えていて見つかりません。
見つからないので、オオヨシキリやカイツブリを撮ってたら、ギャラリーが増えてきました。

ギャラリーの意見を総合すると、このあたりか、あのあたりによく出るらしいというポイントも浮かび上がってきます。
待ち伏せが可能となる訳です。


ヨシゴイ♀
ようやく、ヨシの中から現れてくれたヨシゴイ
どうやら、メスのようです。


ヨシゴイ♀
メスは額から頭頂にかけて赤褐色の羽毛で覆われ、額に暗色の縦縞が入る個体もいる。また頸部から胸部にかけて不鮮明な褐色の縦縞が5本入る。 そうです


ヨシゴイ♂
こちらは、雄のよう。


ヨシゴイ♂
オスは額から頭頂にかけて青みがかった黒い羽毛で覆われる。また頸部から胸部にかけて不鮮明な淡褐色の縦縞が1本入る。
とのこと。


ヨシゴイ♂
ヨシを伝って、けっこう上手に移動します。


ヨシゴイ♂
猿顔?


ヨシゴイ♂
首を縮めた感じ。


ヨシゴイ♂
首を伸ばした感じ。


ヨシゴイ♂
もっと、伸ばした感じ(笑)


ヨシゴイ♂


ヨシゴイ♂
飛びものは苦手...



PENTAX KP + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW


  1. 2020/06/22(月) 23:06:21|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ ヨシゴイ
  4. | コメント:0

再びヨシゴイ

前回は、私一人で撮りに行ったので、翌週、まだ居るかとりかゆんとヨシゴイを見にいきました。
この前より風がましなのか、もう少し見やすいところへ出てくれましたので、またまたたくさん押してしまいました。
やっぱり、3~4羽居るようでした。


ヨシゴイ
相変わらず、前ボケを避けながらの撮影。


ヨシゴイ
近い代わりに、葦の中です。


ヨシゴイ


ヨシゴイ
首を伸ばすと、別の鳥ですね。


ヨシゴイ
器用に葦をつかみます。


ヨシゴイ
タテガミみたいです。


ヨシゴイ


ヨシゴイ
上手に葦に掴まって、移動しますね。


ヨシゴイ
このこは、別の個体。
白っぽいです。


ヨシゴイ
結構、足は長いのですね。


【追記】
なぜか2枚残ってたので追加(汗)


ヨシゴイ


ヨシゴイ




K3 + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW



  1. 2015/11/15(日) 23:11:01|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ ヨシゴイ
  4. | コメント:2

ヨシゴイ

某池に、ヨシゴイが居ると言うので、見にいってきたのですが
風が強かったからか、割と岸の近くでうろうろ。

近いです。
近いのですが、手前の土手の葦がかぶって、前ボケが盛大に出てます。

葦の隙間を探して、うろうろ。
800枚ほど押しましたが、すっきりと写っていたのは、ごくわずかでした。


ヨシゴイ


ヨシゴイ


ヨシゴイ


ヨシゴイ


ヨシゴイ


ヨシゴイ


ヨシゴイ


ヨシゴイ


ヨシゴイ


ヨシゴイ


ヨシゴイ


ヨシゴイ


ヨシゴイ

どアップで撮ってますが、実は日本にいるサギの仲間では、最小なのだとか。
ちっちゃくて、そこに居ると分かっていても、見失います。
この縦縞で、擬態をするのです。

思い出したように、葦の間を器用に移動します。
葦がもっと茂っていたら、なかなか見つからなかったでしょう。


ということで、ヨシゴイ
初見、初撮りでした。

これは!という画像が無くて、特に選別に苦労しました。



ヨシゴイ(葦五位) サギ科ヨシゴイ属
日本には夏季に繁殖のため飛来(夏鳥)するが、本州中部以南では越冬例もある
全長31-38cm。翼開張53cm。
上面は褐色、下面は淡黄色の羽毛で覆われる。
小雨覆や中雨覆、大雨覆の色彩は淡褐色、初列雨覆や風切羽の色彩は黒い。
虹彩は黄色。嘴の色彩はオレンジがかった黄色。
危険を感じると上を見上げて頸部を伸ばし、静止したり左右に揺れる。
これにより下面の斑紋がヨシの草と見分けづらくなり、擬態すると考えられている。




K3 + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW



  1. 2015/10/31(土) 22:10:25|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ ヨシゴイ
  4. | コメント:0

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

オオルリ キビタキ ムギマキ ☆花 コチドリ ノビタキ エゾビタキ コサメビタキ サメビタキ アオアシシギ ★街歩き・旅行 オオヨシキリ カラシラサギ カイツブリ コアジサシ アジサシ レンカク ムラサキサギ ヨシゴイ ムナグロ ウズラシギ ホオジロ ミソサザイ ゴジュウカラ エナガ ヤマガラ シメ ヒヨドリ コルリ コマドリ ジョウビタキ コムクドリ スズメ ニュウナイスズメ ホウロクシギ ソリハシセイタカシギ ハジロカイツブリ ヒレンジャク キレンジャク メジロ ギンムクドリ モズ トモエガモ チョウゲンボウ コゲラ アカゲラ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ ビンズイ カシラダカ タゲリ ルリビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ オジロビタキ カワアイサ ミサゴ ミコアイサ ホシムクドリ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ケリ アマサギ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ クロジ カヤクグリ オグロシギ ダイゼン シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ カササギ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: