FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

公園のヨシガモ

お昼からなので、こちらからは逆光気味なのですが、ヨシガモです。
ヨシガモは、頭部に光が当たると綺麗な緑色です。

この公園には、去年も来てましたから、常連なんでしょう。
公園のカモは、人なれしているのか、脅かさなければあまり逃げません。
これが、ため池のカモだとすぐに逃げてしまうのですが。

ヨシガモ
綺麗な緑色です。


ヨシガモ
手前のこが、雌のヨシガモですね。
失礼しました、手前はオカヨシガモの雄ですね。


ヨシガモ
雌は地味ですねぇ。
右はヒドリガモの雌かな?雌は判別が難しいです。

間違いです。この二羽は、オカヨシガモのつがいみたいです。


ヨシガモ
胸の辺りの模様が、すごく綺麗です。
ちょっと、スズメバチの巣みたいな模様ですね。


ヨシガモ
やっぱり、くつろいでますねぇ。

やはり、MCアタッチメントは、順光が得意です。
逆光だと、絵になりません。

覚えておかねば。



ED82+MCアタッチメント+K10D


【追記】
ヨシガモの雌と、オカヨシガモを間違えておりました。
訂正しておきました。


  1. 2010/12/23(木) 21:12:19|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ヨシガモオカヨシガモ
  4. | コメント:2

バタフライ

今日は、旭山動物園物語のTVを見るのに、録画しようと思ったら、裏番組のルパンIII世の予約がされてしまっていました。
なので、生で見るしかありません。

こういう時の更新は、手抜きです(笑)

先日のヨシガモくんの秘技をご覧ください。

ヨシガモ


ヨシガモ


ヨシガモ


ヨシガモ


ヨシガモ
なかなか、ダイナミックなフォームですね。
恐れ入りました。

秒6.5コマです(笑)



EOS40D+EF400mmF5.6L




  1. 2010/02/12(金) 21:02:07|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ヨシガモ
  4. | コメント:0

逆光

ヨシガモの続きです。
最初に三脚を据えたところは、すぐ池の縁で
水面とほとんど高さの差がないところでした。
水面に近いので、カモたちを驚かせないように、三脚を一番低くして、座り込んで撮りました。

水面に視点が近くて、超望遠で撮ると、水面すれすれに浮いているようです。

ヨシガモ
この日は割と近かったので、この元絵は、1380mm相当
縦にトリミングしていますが、1000~2000mmぐらいで撮れました。


ヨシガモ
ヨシガモさんは、水草を求めて、けっこう動き回るので
画角に納めるのに苦労します。


ヨシガモ
これは、ペアですね。


ヨシガモ
日が当たると、ヨシガモ♂の頭がミドリに輝くのですが
今回は、主に逆光で沈んで見えるのを選んでみました。


ヨシガモ
夕暮れみたいですが、まだ日が赤味を帯びてない時間帯です。


ヨシガモ
優雅に泳ぐ、水面のヨシガモに超望遠で接近できました。


ED82+DSC-W300(デジスコ)



  1. 2010/02/10(水) 23:02:07|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ ヨシガモ
  4. | コメント:2

ヨシガモ再び

プチ遠征の帰り、ご飯を食べてから
ヨシガモ池(2)へ行くことにしました。

実は、まだデジスコ分は開けて無いのですが
とりあえず、400Lの分を

こちらの池は、ヨシガモ以外に、ヒドリくん、オオバンくん、バンくん、カイツブリくん等が居てました。

ヨシガモは、15羽ぐらいかなぁ?
混じっているので、よく分かりません。
着いた岸が、逆光で全然ダメなので、ぐるりと池を回ってみました。

ヨシガモ
向こう側が、オオバンです。
手前がヨシガモ
優雅に泳いでいました。


ヨシガモ
このヨシガモは、襟のあたりの羽毛がすごいです。
なんか、髭の戦国武将みたいでした。


ヨシガモ
この池は、公園の池なので、人通りが多いです。
けっこう人慣れしているのか、あまり逃げません。


ヨシガモは、綺麗ですね。


EOS40D+EF400mmF5.6L


  1. 2010/02/08(月) 23:02:07|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ヨシガモ
  4. | コメント:2

ヨシガモのみどり

鳥見のお仲間から「ツクシガモ」と「ヨシガモ」の居場所を聞いたので出かけてきました。
と言っても、いつも行くあたりです。

ツクシガモは一生懸命探したのですが、見つかりませんでした。
たぶん、近くの池へでもお出かけ中か、あるいは、お引っ越ししてしまったのでしょうね。

と言うことで、他のカモを撮ったあと、ヨシガモポイント(1)へ移動です。
実は、ヨシガモポイントを2つお聞きしたのでした。
今日は、ヨシガモに会える予感(笑)

さて、近い方のポイントへ着いてすぐに、りかゆんが「ヨシガモ!頭がみどり!」と早くも遭遇です。
近くに車を止めて、撮影です。

ヨシガモ
すごい、すごい、ヨシガモの行進です。


ヨシガモ
雄と雌ですね。
やっぱり、雌は地味です。
混ざると分かりませんが、この池には、ミコイアサが一羽、カイツブリが一羽?居ただけで、あとは全部ヨシガモだったと思います。


ヨシガモ
数えたら、全部で23羽
雄の方が多いように思いました。
なので、緑の頭ばっかりです。


ヨシガモ
ちょっとサービス。
ヨシガモの頭の色は、光のあたり具合でずいぶんと違います。


ヨシガモ
実は、うちの車が、ダークグリーンなのですが、普段は真っ黒にしか見えません。
良く晴れた日に見ると、確かに緑だったんだなと思いますけど。


ヨシガモ
ヨシガモさん、たくさん撮れたので、整理に時間がかかってしまいました。

このこは、カールした尾羽?がありませんね。
若い子かな?


ED82+DSC-W300(デジスコ)


ヨシガモ(葭鴨, 葦鴨、学名:Anas falcata)カモ目カモ科
学名の内、種小名のfalcataは「草刈鎌の形をした」という意味で、本種の腰の羽が鎌状に伸びていることからついた。
姿がオシドリに似ているので「オシガモ」、頭部が熊坂頭巾(能の「熊坂」で熊坂長範がかぶる頭巾)に似ていることから「クマサカアイサ」など、異名も多い。
全長48cm。雄成鳥は、額から後頭と眼先から頬線にかけては赤紫色で、眼から後頭にかけては光沢のある緑色である。額に白斑があり正面から見ると目立つ。頸には黒い輪がある。体は全体に灰色で胸は白い羽縁が鱗状に見える。下尾筒は黒く、両側に黄色い三角の斑がある。雌成鳥は全体に褐色で、頭部がやや灰色がかっている。
雄のエクリプスは雌と似ているが、雨覆と三列風切が薄い灰色である。雌雄とも嘴は黒い。
食性は主に植物食。水面に浮かぶ植物性の葉や茎・根・種等を採食するが、海藻類を好むとされる
-wikiより-





  1. 2010/01/24(日) 23:01:24|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ ヨシガモ
  4. | コメント:0
前のページ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ☆花 コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ アオアシシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ コアジサシ オオヨシキリ タゲリ カシラダカ ビンズイ ルリビタキ スズメ ヤマガラ キビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ コゲラ オジロビタキ ミサゴ カワアイサ ミコアイサ ホシムクドリ モズ メジロ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ エナガ サメビタキ エゾビタキ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ミソサザイ アマサギ ケリ コチドリ ムナグロ ヒレンジャク ハジロカイツブリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ ジョウビタキ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ コムクドリ シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ ホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: