FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

白飛び

先日、りかゆんが土手の上から撮った、メダイチドリくん
逆光で条件が悪いのですが、何とも顔の部分とか「白飛び」しています。

メダイチドリ
白飛びというのは、CCD(CMOS)が飽和してしまって、階調が無い状態です。
レベル補正等で、救済しようとしても、完全に白飛びしてしまっていると、いくら加工しても何も出てきません。
もともと、デジカメのCCD(CMOS)は白飛びに弱いのですが、ある意味失敗例と言うことになります。

メダイチドリ
もっと、アンダーで撮れば良いかというと、まぁ、無理ですね。
ここまで光が強いと、CCDのダイナミックレンジを越えていますから、飽和してしまってダメです。
逆に、補正すると暗いところがつぶれてしまいます。

もう少し、曇っていれば良かったかも?

メダイチドリ
ゴカイか何か見つけたみたいですね


メダイチドリ
まぁ、OLYMPUSのE-510は白飛びに弱いという評判ですし
後継のE-520とか、E-620とかはもう少しマシだという話しです。


メダイチドリ
かといって、それだけで買い換えるのもちょっと。

と言うわけで、もうしばらくりかゆんにはE-510を使ってもらいましょう。


OLYMPUS E-510+ED70-300




  1. 2009/10/11(日) 00:00:20|
  2. ☆E-510
  3. 関連するタグ メダイチドリ
  4. | コメント:0

M氏からお電話...

そうそう、先日
「ノビタキがいるんですけど...」とお電話をもらったときの撮っていた画像
すっかり忘れていました。

メダイチドリ
3150mm相当(ノートリミング)
夏毛のメダイチドリくん

光線が悪いので、いまいちです(これでもけっこう補正済み)


メダイチドリ
これを撮った直後、M氏から電話があり、撤収しました。
河口には、他に鳥は居なかった...と思います(汗)


NikonED82+SONY DSC-W300 (デジスコ)


  1. 2009/10/02(金) 00:00:27|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ メダイチドリ
  4. | コメント:0

夏毛のメダイチドリ

先日のメダイチドリをせっせと撮っていたら、りかゆんから電話がありました。
メダイチドリがいるよ!」って

見に行ったら、夏毛のこでした。

メダイチドリ
なるほど、色が付くとずいぶんと印象が違います。


メダイチドリ
婚姻色なのでしょうか?


メダイチドリ
遠かったのと、光線の具合が悪くて(ほぼ逆光)
なかなかうまく写せませんでした。


メダイチドリ
トリミングしてます。


メダイチドリ
けっこう長いこと居てくれました。


メダイチドリ
何故か、ゆっくりしゃがみました。

夏毛のこも撮れてラッキーでした。

その後、1時間ぐらいねばりましたが
コサギが来たぐらいでした。


NikonED82+SONY Dsc-W300 (デジスコ)



  1. 2009/09/24(木) 00:00:20|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ メダイチドリ
  4. | コメント:0

メダイチドリがいました。

お昼に長男が自動車学校へ行くと言うので、送って行くことになり(うちの方へ来るバスは日曜休みなのです)お昼をまわってからの鳥見となりました。

いつもの河口へ出撃です。
いろいろ、居るといいな。

土手へ上がると、オオバンを撮ったときのご一緒した方が居ました。
しばらく談笑情報交換

干潟に一人、大砲をすえておられた方が戻ってきて、釣り人がみんな飛ばしてしまった...と
ミユビシギを撮っておられました。
この方も、前にお会いしたこと有ります。

さてさて、土手の上にいても撮れないので、下へおりていくことに。
カニが居るなぁと、撮っていたら、地味な子がうずくまっていました。

おっと、このこは誰だろう?


メダイチドリ
どうやら、メダイチドリくんらしい。
但し冬毛です。


メダイチドリ
夏毛のこは、胸のあたりがオレンジになるので、けっこう派手です。
このこは地味だなぁ。


メダイチドリ
わりと近くに居てくれて、それほど走りまわらなかったので
たくさん撮れました(デジスコでも)


メダイチドリ
この表情は恐いですね。
猛禽みたいです。


メダイチドリ
干潟で餌を探していました。


メダイチドリ
最後は、トリミングですが、アップで。

初見のメダイチドリくん、たくさん撮れました。


メダイチドリ(目大千鳥、学名:Charadrius mongolus) チドリ目チドリ科
日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国的に渡来する
全長約19cm。繁殖期には、前胸がはなやかなオレンジ色となる



  1. 2009/09/21(月) 00:00:20|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ メダイチドリ
  4. | コメント:2

チドリ A ,B

昨日に続いて、チドリくんを紹介します。
シロチドリさんだと思っていたのですが、どうも、2種類いるみたいで、いまいち区別がつきません。
とりあえず「チドリA」です
チドリA

チドリAくんは、首の下が茶色いです。

チドリA


チドリA

目の後ろが少し茶色いです

チドリA


でもって、こちらが「チドリB」
チドリB


チドリB

どうやら、営巣中らしいですね

チドリB

つがいなのかな?


チドリB

どう見ても「チドリA」くんとは違うこなんですが、ぢゃ誰?と言われるとよく判りません。
とりあえず、UPしておいて、ゆっくり考えよう。


チドリB

う~む「きみは誰?」


【追記】
Aがメダイチドリさんで
Bがシロチドリさんに3000点...

でも、営巣している(卵を抱いている)こは、シロチドリさんと違うみたいな気がする。
シロチドリさんは、(通常)胸の帯がとぎれているそうです。
そうすると、つがいぢゃ無いのかな??


シロチドリ(白千鳥、Charadrius alexandrinus)
チドリ目チドリ科コチドリ属

全長17.5cm。頭頂部と翼は褐色。成鳥では翼に白い帯状の斑紋(翼帯)がある。顔、頚部、腹面の羽毛は白い。嘴から眼部を通り後頭部へ続く斑紋がある。夏羽ではこの斑紋が黒いが、冬羽では薄くなる。
オスの夏羽は頭頂部の羽毛が黒く、後頭部の羽毛が赤い。また胸部側面に黒い斑紋がある。冬羽は雌雄であまり差異はない。

メダイチドリ(目大千鳥、Charadrius mongolus)
チドリ目チドリ科

繁殖期には、前胸がはなやかなオレンジ色となる。
イカルチドリとほぼ同大で、夏羽では後頭部から胸が鮮やかな橙色で、過眼線は黒い。上部は褐色で飛ぶと翼帯と尾の両側が白い。足は暗い緑色。冬羽では橙色がなく上面が褐色で下面は淡褐色。秋の渡りのときに多い幼鳥は背や翼の羽に淡色の羽縁がある。旅鳥として渡来し、春と秋に全国の干潟で多数が見られる。泥っぽい干潟で採餌し、ゴカイを巧みに引き出して餌にする。






  1. 2007/09/11(火) 00:00:09|
  2. ☆SIGMA 170-500 APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ メダイチドリシロチドリ
  5. | コメント:4

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 シマアカモズ シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: