FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

庭のギャング

100-400mmを持って試撮中
庭の柿でも撮ろうかと思ったら、こんなことに。


ムクドリ
ムクドリくんです。


ムクドリ
甘柿なんで、ご馳走ですね。


ムクドリ


ムクドリ
一個だけなら許すのですが。



GX8 + LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm



  1. 2016/11/02(水) 22:10:16|
  2. LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm
  3. 関連するタグ ムクドリ
  4. | コメント:2

試撮 2

日陰のムクドリくん
ISO1600固定で撮ってます(Autoなら3200へ上がってます)


ムクドリ
ディテールは残っていると思います。
暗部のノイズもマシですね。


ムクドリ
シャッタースピードが足りないので、被写体ぶれしています。
マイナス補正すべきだったか?


ムクドリ
普段は、ムクドリはスルーなんですが(汗)


ムクドリ
良い、試撮被写体になってくれました。




EOS7D+EF400mmF5.6L+EXTENDER 1.4x





  1. 2012/07/30(月) 23:07:29|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ムクドリ
  4. | コメント:0

5,500mmに挑戦

さて、さらに検証シリーズですが。
やはり、お約束の最長望遠もやって見なければなりません。

うちにある最大の光学望遠は、ED82スコープにMCアタッチメントを付けた、光学1000mm
通常は、これにK-5を付けて、1500mmF13で撮っていますが
こちらに、Pentax Qを付けてみようということです。

1000mm×5.5=5,500mm相当になります。
飛び物どころか、止まりモノでも導入に苦労します。

で、いつものお約束の携帯電話のアンテナを撮る事にしました。
庭からアンテナまで、約120mです。

携帯電話アンテナ
ようやく導入できたと思ったら、アンテナにムクドリが止まってました。
肉眼では気がつきませんでしたが、遠くで声がしていると思ったら、こんなところに居たのですね。
ちょっと傾いてましたね(汗)
露出補正もしているので、ISO1000になってました(1/40s)


携帯電話アンテナ
下のほうは、ムクドリでいっぱいです。
逆光・空ヌケで条件悪いですが、まぁテストなので。


携帯電話アンテナ
いっぱい集まって、騒がしいです。


990mm相当
これは後から撮った、990mm相当(フォクトレンダー180mm)です。
1000mmぐらいだと、こんな感じ。


50mm相当
01 STANDARD PRIME(50mm相当)だと、こんな感じになります。
5,500mm恐るべし。

でも、あまり実用的ではありません。
ピントも合わせにくいし、解像度もいまいちですけどね。




PENTAX Q + ED82 + MCアタッチメント



  1. 2012/01/26(木) 22:01:22|
  2. PENTAX Q + マウントアダプタ
  3. 関連するタグ ムクドリ
  4. | コメント:2

庭のお客達

先日から、古くなった食パンを庭に来る鳥にやっているとかで、
この日もたくさん出していたので、物陰に隠れて少し撮影することに。

主にやってくるのは、ムクドリとスズメです。

ムクドリ
パンを目指して、恐る恐るやってくる、ムクドリ


ムクドリ
大きく撮ると、なかなか見ごたえがあります。(リサイズのみ)


ムクドリ
パンをほおばっていますね。

気をつけないと、カラスがやってきて他の鳥を追い払ってしまいます。



ハクセキレイ
こちらは、前の道路わきに来ていた、ハクセキレイ


ハクセキレイ
手前に網があるので、こちらを気にしてない様子。


ハクセキレイ
ほぼ、最短で撮影です。



天気が良いと、手持ちも苦になりません。



EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン






  1. 2011/04/27(水) 23:04:24|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ムクドリハクセキレイ
  4. | コメント:4

有効画素数1420万画素

りかゆんのα550は、有効画素数が1420万画素あり、うちで一番高画素なデジカメでもあります。
今では、特別高画素でもありませんけど。

昨日、りかゆんが撮ったムクドリさん

ムクドリ
これが、トリミングなしの画像


ムクドリ
結構トリミングしても、Blogに貼るぐらいなら、十分鑑賞に堪えます。
もちろん、ぶれてなくて、ピントが合っていればというのが前提ですけど。


ムクドリ
もう一枚オマケです。


ムクドリ
こちらもトリミング
尾羽でブレーキをかけて...


ムクドリ
何故か、逆立ち?


ムクドリの若鳥みたいです。



α550+REFLEX500mm(りかゆん撮影)



  1. 2010/08/18(水) 23:08:17|
  2. 500mm F8 Reflex[α]
  3. 関連するタグ ムクドリ
  4. | コメント:4
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KPとHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたが、暗いところで、ISO上げられるので、撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズとKPの組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

エリマキシギ ★街歩き・旅行 ダイゼン ホウロクシギ サメビタキ コムクドリ キアシシギ シロチドリ キョウジョシギ トウネン アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ シジュウカラ キビタキ エナガ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: