FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

ホシムクドリ 続き

さて、予約更新なので、昨日の続きです。
ホシムクドリは結構珍しいのですが、この日は案外ギャラリーは少なかったです。
猛禽パラダイスに居る皆さんは、どちらかと言うとチョウゲンボウとかが目当て。
多分、ホシムクドリはすでに嫌と言うほど撮った後なのでしょうか?

電線と電柱どまりは山ほど撮ったし、かろうじて枝どまりも何枚か押せたので、一応遠征は成功と言う事にして、うろうろしていたのですが、I 氏と別れたあと、ホシムクポイントに戻ってみると、なんと10mほど先の畑に、数羽のホシムクドリが降りているではないですが。
数枚押したあとで、もう一人を呼びます「はやく!はやく!」
そうだ、I 氏も呼んであげねば...と電話です。

すぐにやってきた、I 氏と三人で並んで押しまくりました。
ちょうど日が当たって、綺麗な緑色とかが出ていました。

ホシムクドリ
下は堆肥の山なのですが、何か虫が居るのでしょうね。
半分近くは、ピンボケもしくは、被写体ぶれ
1/250秒ぐらい出ているのですが、顔を振ったりしたら駄目ですね。
さらに半分以上は、地面に頭を突っ込んでいる画像でボツ


ホシムクドリ
天気が良くて、綺麗に色が出ています。


ホシムクドリ
光沢があって、綺麗な模様です。


ホシムクドリ
よく見ると、お腹の辺りの白斑は、『ハート型』に見えますね。


ホシムクドリ
目の周りが黒いこは、人相悪いです。


ホシムクドリ
しばらくお食事シーンを撮らせてくれました。


ホシムクドリ
たぶん、こんな近くで撮らせてくれることは、もう無いでしょう。

大満足の遠征となりました。
おかげで、2323枚なのですが(笑)



ED82+MCアタッチメント+EOS40D



  1. 2010/12/08(水) 20:12:05|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ホシムクドリ
  4. | コメント:4

遠征の目的

さて、実は遠征の目的は、タゲリでもチョウゲンボウでもなくて
このこなのです。

ホシムクドリ
ホシムクドリさんです。
ようやく、電線に現れてくれました。


ホシムクドリ
5羽居ました。
とにかく押しましょう。
証拠写真を撮らねばなりません。


ホシムクドリ
畑に下りてエサを探したり、電線で休憩したりの繰り返しですが
畑には作物が残っているので、畑に下りたら全く見えません。
初見のうえ、難易度高い子なので、多めに押します(笑)
帰ったら、ぞっとするなぁと思いつつ
次は無いかもしれないので、ついつい押します。


ホシムクドリ
ようやく、一羽だけ、数分枝に止まったのを撮れました。


ホシムクドリ
でも、目つき悪いですね。


ホシムクドリ
雌雄同色なのですが、このこだけ少し違って見えますね。


ホシムクドリ
なんか、茶色っぽくて、頭が白っぽいです。
しかし、体の模様は綺麗ですね。
ムクドリは山ほどいますが、ホシムクやギンムクはなんでこんなに珍しいのか?
(海外では山ほど居るそうです>ホシムクドリ)

と言うことで、遠征の甲斐があって、ホシムクドリ★ゲットです。


さて、実は明日は骨折した鎖骨のプレートを抜く手術で入院の予定です。
手術は明後日なのですが、全身麻酔のため前日からお泊りです。

全身麻酔は知らない間に終わって良いのですが、覚めるまでの安静が長いです。
水も飲ませてもらえないし。

と言うことで、ホシムクドリでもう一回更新になります。
明日も続きでご辛抱ください。


ED82+MCアタッチメント+EOS40D


ホシムクドリ(星椋鳥、学名:Sturnus vulgaris ) スズメ目ムクドリ科
名前の由来は、暗い体色に星状の斑点がちりばめられていること
日本では数少ない冬鳥として渡来するが、西南日本での記録が多い
体長約22cm。ムクドリよりやや小型である。冬羽は全体が光沢のある黒色で、白や黄白色の斑が散らばっている。足は赤黒く、嘴は黒色である。夏羽では、斑が目立たなくなる。雌雄同色である。
-以上wikiより-



  1. 2010/12/07(火) 21:12:05|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ホシムクドリ
  4. | コメント:0

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: