FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

距離、約70m

久しぶりに行った干潟は、満ち潮で水没していましたが
岩礁の上に、大きなシギがいました。
おそらくホウロクシギ(ダイシャクシギでは無いと思います)
後で、確認できました。

あと、数メートルは近づけますが、逆に角度が悪くなるので防波堤の上から撮りました。
距離、約70mです。

新型機材の話は後回しにして、とりあえず成果です。


ホウロクシギ
シギの中でも最大級の大きさで、体長は約60cm(くちばしから尾羽まで)


ホウロクシギ
遠目でも、ずいぶんと立派です。


ホウロクシギ
今回は、1/2.3インチCMOSの PENTAX Q に、1.4倍のエクステを付けた、EF400mm
換算で、3080mm相当から少しトリミング。


ホウロクシギ
まぁまぁ、解像していますから、立派です。


ホウロクシギ
今回は、実戦に投入して、様子見。


ホウロクシギ
相手がどんどん動かなければ「そこそこいける」という感じでしょうか?


ホウロクシギ
導入までが、最大の試練です。
できないと、あせりますし。


ホウロクシギ
あはは、舌が見えてますね。




PENTAX Q + EF400mmF5.6L + 1.4xエクセテンダー




  1. 2013/10/01(火) 23:09:22|
  2. PENTAX Q + マウントアダプタ
  3. 関連するタグ ホウロクシギ
  4. | コメント:0

片足のホウロクシギ

ホウロクシギを見つけましたが、中州でずっと寝てました。

ホウロクシギ
この格好で、9割(笑)
見ている間、ほとんど寝てました。
片足です。


ホウロクシギ
なぜか、起きても片足でケンケン?


ホウロクシギ
ときどき、サービスで、ばたばた


ホウロクシギ
こんなに口は開くのでした。


ホウロクシギ
ずっと、片足ですね。
確か、最初は歩いていたような気がするのです。


ホウロクシギ
飛びました。

やっぱり、両足ありますね。




ED82+MCアタッチメント+K-5



  1. 2012/05/09(水) 22:04:08|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ホウロクシギ
  4. | コメント:4

ホウロクシギの喧嘩

観察していたら、急に喧嘩を始めました。
餌をめぐっての争いのようですが、単にじゃれているだけだったかも?

コメントは無いので、だーっと流します。

ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ

以上でした。




ED82+MCアタッチメント+K-5



  1. 2012/04/16(月) 22:04:15|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ホウロクシギ
  4. | コメント:4

ホウロクシギが2羽

未見のこを探しに、いつもと違う干潟へ行ったのですが、目的のこはいませんでした。
でも、立派なホウロクシギが2羽餌を探してうろうろしてくれたので、さっそく撮影です。

間に海があるので、ホウロクシギも割りと安心しているようです。
せっせと餌探し。

一羽のこが白っぽかったので、もしかしたらダイシャク?かと思ったのですが
飛んだらどちらも羽の内側に模様がありました。
簡単に見分けるのは、羽の内側が白いこが「ダイシャクシギ」なのです。
たぶん、元は同じ種だと思いますけど。

ホウロクシギ
ホウロクは、クチバシが内側に曲がった、大きなシギです。


ホウロクシギ
2羽いたのです。


ホウロクシギ
何か獲物を見つけたようです。
けっこう大きい。


ホウロクシギ
そろそろ、潮が引き出していました。


ホウロクシギ
それにしても、長いクチバシですね。




ED82+MCアタッチメント+K-5



  1. 2012/04/15(日) 23:04:15|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ホウロクシギ
  4. | コメント:0

遠くにホウロクシギを発見

オオジュリンを見て引き上げてきたら、まだりかゆんは情報交換をしていました。
さっぱり鳥が見えません。
居るのは、カモメぐらい。

と、あの波打ち際にいるのは、シギでは?
でかいから、ホウロクシギに違いない!

えらい>オレw
みんなで確認して、ホウロクに間違いないと確認


ホウロクシギと?
遠いですが、間違いありません。
しかし、ここからは確認のみなので、どうせ4人しか居ないから
飛んで元々で、近寄ってみることに。

さて、大きな方はホウロクシギ(先日から居るという個体が居残っていたようです)なのですが、
左のこはだれでしょう?

どうやら、やはり居残りの、オグロシギらしいです。


ホウロクシギ
少し近寄っては、何枚か写す作戦。

ベテランの方のアドバイスで、ジグザグに近寄る作戦
「まっすぐ近寄っていくと逃げるよ」とコツを伝授いただきました。

なるほど。


ホウロクシギ
甘いですが、トリミングしてみました。
実は、この直後に飛びましたので、ホウロクシギはここまで。

残ってくれたオグロシギに接近です。



ED82+MCアタッチメント+K-5



  1. 2012/04/04(水) 23:04:01|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ホウロクシギ
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 シマアカモズ シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: