FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

焙烙鷸(ホウロクシギ)

ふと立ち寄ったいつもの河口でしたが
何も居ないかな?と思ったら、一羽だけシギが居ました。
でかいです。

ダイシャクかホウロクか?

ホウロクシギ
しばらく寝てましたので、じわじわと接近。


ホウロクシギ
やはり、ダイシャクかホウロク
この河口には、ダイシャクは滅多に見ないので、ホウロクでしょうか?


ホウロクシギ
ダイシャクシギも、ホウロクシギも、体長60センチぐらいある
日本で見る最大クラスのシギです。


ホウロクシギ


ホウロクシギ
羽の内側が見えたので、ホウロクシギで確定。
このあと飛んで、少し向こうへ降りました。


ホウロクシギ
なんか、若い子みたいな気もします。
大きさも、やや小さいような。


ホウロクシギ
わりとすぐ近くを、ウインドサーフィンの人が通っても、あまり気にしないみたい。


ホウロクシギ
見てるけど、気にしない。


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ
また飛んで


ホウロクシギ
もう少し向こうへ降りました。
また会いましょう。


余談
ダイシャクシギというのは、文字通り、くちばしが大きい(長い)シギという事なんですが
ホウロクシギだってほぼ同じくらい、くちばしが長いです。
たぶん、先にダイシャクシギの名前を付けたのに、じゃあこいつの名前は?となって
焙烙(陶器のフライパン)で炒ったような茶色のシギという事にしたのかな?と思います。
ダイシャク焙烙鴫というのが正確なところでしょう。
ダイシャクシギの羽根の内側は真っ白ですから、羽根を広げたらすぐに区別できます。



EOS 80D + EF400mmF5.6L + EXTENDER EF 1.4x


  1. 2020/04/14(火) 21:03:29|
  2. EF400mmF5.6L+1.4xAF
  3. 関連するタグ ホウロクシギ
  4. | コメント:0

ご無沙汰でした、ホウロクシギ

ホウロクシギは、シギの中でも最大級
でかいです。
体長は60cmほど。

調べたら、2013年以来、4年ぶりでした。
遠くても存在感あります。


ホウロクシギ
この日は、前半ノビタキを探しに行ったのですが、さっぱり見かけず。
まぁ、ノビタキの季節は始まったばっかりなんで、また会えるさと、帰りかけたのですが
久しぶりに河口を覗いて帰ろうかとちらっと寄ったら、大物が居ました。


ホウロクシギ
相変わらず、無駄に長いように見えるクチバシですが
これを根元まで泥に突き刺して、泥の中のえさを探しています。


ホウロクシギ
これはましですが
ドロドロのクチバシもよく見かけます。


ホウロクシギ
いったん、ヨシの中に消えて、また出てきてくれました。
光が変わって、ちょっと様子が違います。


ホウロクシギ


ホウロクシギ




PENTAX K3 + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW



  1. 2017/10/04(水) 01:10:01|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ ホウロクシギ
  4. | コメント:0

距離、約70m

久しぶりに行った干潟は、満ち潮で水没していましたが
岩礁の上に、大きなシギがいました。
おそらくホウロクシギ(ダイシャクシギでは無いと思います)
後で、確認できました。

あと、数メートルは近づけますが、逆に角度が悪くなるので防波堤の上から撮りました。
距離、約70mです。

新型機材の話は後回しにして、とりあえず成果です。


ホウロクシギ
シギの中でも最大級の大きさで、体長は約60cm(くちばしから尾羽まで)


ホウロクシギ
遠目でも、ずいぶんと立派です。


ホウロクシギ
今回は、1/2.3インチCMOSの PENTAX Q に、1.4倍のエクステを付けた、EF400mm
換算で、3080mm相当から少しトリミング。


ホウロクシギ
まぁまぁ、解像していますから、立派です。


ホウロクシギ
今回は、実戦に投入して、様子見。


ホウロクシギ
相手がどんどん動かなければ「そこそこいける」という感じでしょうか?


ホウロクシギ
導入までが、最大の試練です。
できないと、あせりますし。


ホウロクシギ
あはは、舌が見えてますね。




PENTAX Q + EF400mmF5.6L + 1.4xエクセテンダー




  1. 2013/10/01(火) 23:09:22|
  2. PENTAX Q + マウントアダプタ
  3. 関連するタグ ホウロクシギ
  4. | コメント:0

片足のホウロクシギ

ホウロクシギを見つけましたが、中州でずっと寝てました。

ホウロクシギ
この格好で、9割(笑)
見ている間、ほとんど寝てました。
片足です。


ホウロクシギ
なぜか、起きても片足でケンケン?


ホウロクシギ
ときどき、サービスで、ばたばた


ホウロクシギ
こんなに口は開くのでした。


ホウロクシギ
ずっと、片足ですね。
確か、最初は歩いていたような気がするのです。


ホウロクシギ
飛びました。

やっぱり、両足ありますね。




ED82+MCアタッチメント+K-5



  1. 2012/05/09(水) 22:04:08|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ホウロクシギ
  4. | コメント:4

ホウロクシギの喧嘩

観察していたら、急に喧嘩を始めました。
餌をめぐっての争いのようですが、単にじゃれているだけだったかも?

コメントは無いので、だーっと流します。

ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ


ホウロクシギ

以上でした。




ED82+MCアタッチメント+K-5



  1. 2012/04/16(月) 22:04:15|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ホウロクシギ
  4. | コメント:4
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ☆花 オオヨシキリ カラシラサギ カイツブリ コアジサシ アジサシ レンカク ムラサキサギ ヨシゴイ ムナグロ ウズラシギ キビタキ ホオジロ ミソサザイ ゴジュウカラ エナガ ヒヨドリ シメ ヤマガラ コルリ コマドリ オオルリ ジョウビタキ コムクドリ スズメ ニュウナイスズメ ホウロクシギ ソリハシセイタカシギ ハジロカイツブリ キレンジャク ヒレンジャク メジロ ギンムクドリ モズ トモエガモ チョウゲンボウ コゲラ アカゲラ コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ アオアシシギ エリマキシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ カシラダカ タゲリ ビンズイ ルリビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ オジロビタキ ミコアイサ ミサゴ カワアイサ ホシムクドリ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ サメビタキ エゾビタキ メダイチドリ ソリハシシギ セイタカシギ ベニアジサシ ケリ アマサギ コチドリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ カササギ アオバト ホシハジロ スズガモ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: