FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

春霞

ホウロクシギの居た干潟から、もう少し先の岩場です。
他のシギが居ないかと、双眼鏡で探すのですが、何もいません。

ちらっと岩の隙間から、胸の黒い(夏羽の)ハマシギが見えました。
撮影しようとすると、カメラ位置が低くて、岩陰で見えません。

隙間を探して移動です。


ハマシギ

かろうじて撮影
今回は、画像をクリックすると画像が拡大します。
大きくして、ハマシギを確認してください。




ED82+MCアタッチメント+K-5




  1. 2012/04/17(火) 22:04:15|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ハマシギ
  4. | コメント:0

ハマシギです。

遠征地に居たのは、ハマシギがいっぱい。
それほど珍しいこでは無いのですが、いっぱいいるとうれしくなります。
しぐさはかわいいので、いっぱい撮っても、どれもかわいいです。

珍鳥を撮る(見る)
初見のこに会う(撮る)
どちらも鳥見の醍醐味ですが、いつものこをかわいらしく撮ると言うのもなかなか奥が深いです。


毎年会っていても、今年も会いたいと思うので、毎週出かけて行けます。

さて、ハマシギ

ハマシギ
磯にいました。


ハマシギ
足が黒くて、つやつやです。


ハマシギ
ハマシギも夏羽は綺麗ですね。


ハマシギ
おっと、小カニをゲットです。


ハマシギ
2羽でずいぶん、色合いが違います。


ハマシギ
全部で、20羽ぐらいはいたかなぁ?



ED82+MCアタッチメント+K-5



  1. 2011/05/18(水) 23:05:08|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ハマシギ
  4. | コメント:0

ハマシギ でした

干潟へ行ったのですが、前回は渡れた中州がまだ潮が引かないので渡れません。
なので、遠くから観察。
磯にシギチが4羽

この前と同じこなら、オバシギですが
遠いのであまりよく分かりません。
帰ってから拡大してみても、いまいち決め手に欠けます。
というか、識別が苦手なだけですが。

いろいろ図鑑をひっくり返していたら、どうやら『ハマシギ』らしいです。
まぁ、こんなものです(お恥ずかしい)

ハマシギ
クチバシの曲がり具合が、ハマシギっぽいです。


ハマシギ
夏羽になりかけなので、背中が茶色いです。


ハマシギ
夏羽だと、お腹が真っ黒になるのですが。


ハマシギ
相変わらず、せっせと餌探しです。


ハマシギ
4羽の群れでした。


ハマシギ
もうちょっと拡大。
他には何も居ませんでした。



ED82+MCアタッチメント+K-5





  1. 2011/04/15(金) 23:04:10|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ ハマシギ
  4. | コメント:0

意外なところで

最初の探鳥地で、ほとんど鳥に会えなかったので、他へ移動することにしましたが、山頂に小さな藤棚があって少し藤を撮れたので、それならという事で、住吉神社に藤を撮りに寄ることにしました。
去年、住吉神社に行ったときは、もうすでに藤は終わりかけでしたので、もう一度来ようと思った訳です。
去年は、住吉神社の境内に車を置いたのですが、今年は道を間違えて、少し離れたところに車を止めてしまったので、海沿いに歩くことにしました。
とっても良い天気で、遠くにアジサシみたいなこが飛んでいるのを見ながら住吉神社へ向かいました。
レンズを90mmに換えたので、全然写す事はできません。それでなくてもアジサシは速いので無理かも?ですが。
で、ひとしきり藤を撮って(こちらはまた後日)
同じ道を帰っていましたら、浜辺にシギチみたいなこが見えました。
おぉ、あれはハマシギくんではないか (先日、干潟で遠くに見ましたし、腹が黒いので、間違いありません)
良い具合に、すぐそこに護岸の切れ目があって、海岸へ降りることができます。
さっそく、りかゆんのE-510を借りて(笑)撮影です。

ハマシギ
いっぱい居るのです。


ハマシギ
徐々に距離をつめます(笑)


ハマシギ
2羽同時!


ハマシギ
シンクロしてますね。


ハマシギ
磯の海草の中から、虫でも探しているのでしょうか?


ハマシギ
だいぶ、近くまで寄れました。
この後、飛び立って


ハマシギ
少し離れたところに、降りました。

10羽以上は居たかな?
ハマシギは大きな群れを作るみたいですが、数羽居れば大満足です。

食べるのに夢中だったのか、結構近くに寄れましたので、手持ちでしたが大きく撮れました。
(画像はトリミングですが)

『オオルリ三昧』のはずが、藤を撮りに行ったついでに意外なところで『ハマシギ三昧』になり得した気分です。
なんやかやと、300枚近く押してご機嫌でした。

藤を撮りに行くにも、70-300を離さない、りかゆんに感謝です。



E-510+ED70-300



  1. 2008/05/05(月) 00:00:03|
  2. ☆E-510
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ ハマシギ
  5. | コメント:4

チュウシャクシギとハマシギ

干潟の続きです。

干潟に居た「シギチ」は、チュウシャクシギくんと、ハマシギくん。あとは、たぶんシロチドリくん
チュウシャクシギと、ハマシギは初見です。

チュウシャクシギ
このこは、クチバシが下に向かって曲がっています。
オオソリハシシギとは、逆向きです。
食べるものが違うのかな?


チュウシャクシギ
干潟にとけ込んでいますね。


チュウシャクシギ&ハマシギ
干潟の外側
汽水のあたりに、ハマシギの群れが居ました。
50羽ぐらい居ると隣の人が(数えたみたいでした)
遠いので、最大望遠でもはっきりしませんね。
でも、いかにも平和な干潟の風景です。


チュウシャクシギ
チュウシャクシギくんは、4羽ぐらい居てました。
結構速く歩くので、デジスコで撮るのは、難しいです。
立ち止まってくれると、写しやすいです。


ED82+P5100(デジスコ 30倍)


チュウシャクシギ(中杓鴫、学名Numenius phaeopus) チドリ目シギ科
その名前の由来は、大きく下にそったクチバシ。
体の大きさは、ダイシャクシギよりも一回り小さい。

ハマシギ(浜鷸 Calidris alpina ) チドリ目・シギ科
体長は20cmほどで、他のシギ類同様くちばしと足が長い。冬羽は灰白色の細かいまだらもようだが、夏羽は頭と翼が赤っぽく、腹が黒くなる。近縁種のうち、夏羽で腹が黒いのはハマシギだけである。






  1. 2008/04/30(水) 00:00:27|
  2. デジスコ
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ ハマシギチュウシャクシギ
  5. | コメント:2

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: