FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

明日は雨か

明日は、雨模様です。
せっかくの日曜なのに。

雨だと、タマシギが良く出るよ...という話もあるそうですが
撮影は面倒ですね。

さてさて、どうしたものか?
午前中にはちょっと別の用事もありますし。

トラクターとカラス
これは、先週の撮影
トラクターにくっついているのは、ハシボソカラスくん
アマサギがくっついているのを期待したのですが、残念でした。

なかなか思うようにはいきません。


今日、カワセミポイントへ偵察に行った人の話では、ぜんぜん見かけなかったとか。
相手が鳥ですし、なかなか難しいです。



α550+REFLEX500mm (りかゆん撮影)



  1. 2010/06/12(土) 23:06:06|
  2. 500mm F8 Reflex[α]
  3. 関連するタグ ハシボソガラス
  4. | コメント:0

40Dの撮影スタイルを模索

40Dの圧倒的な(対K10D)高速連写に目を奪われがちなのだけれど
K10Dと、40Dと比べてみました。

画素数はほぼ同じで、どちらも中級機の位置づけ
シャッター回りは、40Dが 1/8000sまである事と秒6.5コマで圧倒
風景撮るなら、ほとんど関係ないけど。

そもそも、最初にレンズありきで必然的に決まってしまった40Dなので、ボディの能力(魅力・使い勝手)についてはあまり考えずに買ったような所があります。

PENTAX K10D+SIGMA170-500 での撮影スタイルは
『絞り優先でF8固定+ISO auto』です。通常 500mmで撮影(笑)
SIGMAの170-500F5-6.3の場合、どうしても望遠端は甘くなるので半絞りでも絞りたい。
シャッタースピード(SS)との兼ね合いもあり『F8固定』で撮るスタイルで落ち着いています。AFポイントは中央固定、レリーズは常に『連写』の設定です
「余分に押してしまうのは後で消せる」けど連写したいときに切り替えている暇は無いという考えです。まぁ、秒3コマですから。

暗い場合は開放F6.3で撮ることになるのですが、ISOを上げても、できるだけF8で撮るスタイル。
『ISO AUTO』で100~800まで上がるようにしてあるので、ほとんどISO設定はさわらないです。ISO1600とかを使うことはまれでした(K10Dの場合やはり荒れます)
暗いと被写体ブレを起こしますね。かまわず押しますが。
ボディ内手ぶれ補正があるので「手持ち」も可能ですが、どうしてもレンズの先が重いのか、微妙なブレが出来上がりの画質に影響するようです。
最近はできるだけ三脚に据えて撮っていたのですが、それでもいまいちだなと思えてしまって。(もちろん手持ちよりはだいぶ良いですが)
まぁ、相手が近い時はなかなか良いのですが、だいたい遠いし(汗)
500mm(換算750mm)でも基本的には90%以上「もっと大きく」ですから、トリミングもやります。
プリントはまれなので「Blog用に VGAもしくはSVGA程度にリサイズ」を前提です。
日の丸構図でトリミングというのも結構多いです。

まぁ、基本は昼間の屋外での撮影になるので極端に暗いと言うことはありません。
できるだけ低ISOにこだわった時も有ったのですが、被写体ブレを量産したり、手ぶれですっきりしない画像も多く、必要最低限のF8を守ってあとはISO Autoで妥協する方が歩留まりが良いかな?と
むしろ、暗いときは露出補正でマイナスに振ってSSを稼いでおいて、帰ってからレタッチで修正すると言うこともよくやります。
基本的には望遠レンズなので、SSは常に不足気味です。
ISO3200とか、6400とかを常用できるなら楽なのですが。

枝かぶり等でAFが間に合わないときは、ボディの切替スイッチでMFにしておいて、ピント合わせを手動でやります。
AFに戻し忘れるので、次の機会にピントが合わなくて、あわててレンズに手をやってシャッターチャンスを逃すことがよくあります。
ボディ側のスイッチが切り替えしにくいので、フルタイムマニュアルは欲しい機能でした。


さて、CANONです。
CANONの400mmF5.6にしたのは、300mm×1.4(テレコン)では、換算672mmで短い事。
300mmF4なら手ぶれ補正レンズなのですが。
鳥以外で300mm超が欲しい事はまれですが、鳥では300mmは短かすぎなのです。
CANONの場合、300mm超のレンズで買えそうなのは100-400ISか、この400mmF5.6だけで、他は数十万円というお値段になります。
100-400ISにしなかったのは、どうせ望遠端しか使わないだろうから。

Nikonも、OLYMPUSも決め手に欠けたし。

40Dは出だしから割安感があり、50Dが出て暴落しています。
足回り(シャッター関連)に不満があろうはずがありません。
本当はCANONは避けたかったのですが(ゴーヨンとかロクヨンとか有るし)

はっきり言って、40Dボディは使い込んで無いのでまだまだなのですが、400mmF5.6Lは予想以上でした。
比較的廉価なZoomと比べてはいけないのですが、400mmF5.6Lやはり切れが良いですね。400mmだけで比べたら、100-400Lよりも当然良いでしょうし。
170-500よりも焦点距離が短くなる事と、ズームで無いので撮る範囲が限られるかと思いましたが、結局500mmの時もトリミングしてましたし、切り出した時の画質の落ちはSIGMA170-500より良好です。まぁ、当然ですが(でないと困りますし)

さらに、意外だったのは、400mmからトリミングするのと、1.4xテレコンを付けるのとでは、トリミングの方も悪くないのです。
厳密に比べていませんが、長辺800ピクセル程度に切り出した絵を比べたら遜色ないです。
何故なのかは不明です。プリントとかだと違うのかもしれませんけどね。
同じ(程度)なら、当然テレコン無しです。
干潟とか、相手が遠いと、やはりテレコンなのかな?とは思いますが。

一応、裏技でテレコン付けてもAFが動くのは確認しましたが、次の時は動かなかったりと不安定で、
結局、当面裏技AFは封印することに。
止まりモノ程度ではMFは苦になりません。こちらへ向かって来る飛びモノとかは苦しいですが。

期せずして、風景の中の鳥を撮ることになりそうです(笑)
軽いのと(それでも1kg超ですが)伸ばしたときのSIGMA170-500よりも短いこと、先がそれほど重くないことなどで、取り回しは良いです。
ISOを上げれば、手持ちでもそこそこ手ぶれせずに撮れています。
基本は、三脚の使用ですけど。


ボディの方ですが、まだ良く分かって無いので、割とカメラ任せです。
純正レンズと言うこともあり、割とオートに頼っています。
色乗りや明るさ、WBは最悪有る程度レタッチで救済できるので、あまり考えていません。

連写H(秒6.5コマ)だと、1枚だけ撮るのは難しいです。
つい、2-3枚押してしまって、帰って整理が面倒です。
なので、連写Hと連写Lを切り替えたりして使っています。
飛びモノとかは、連写Hで撮りたいし。

K10Dの時は、極端に暗いときなどにF6.3にするぐらいで、ほぼ露出補正ダイヤルしかさわりませんでした(絞り優先F8固定、ISO100-800auto)
ISO800超はあまり使いたくありませんでしたから。

40Dの絞り優先モードでは、ISOは自動で400~800となります。
ISOをAutoにした場合、このカメラの仕様で、P、Avモードでは、ISO400~800に
Tvの場合は、400固定(足りないときは100-800に)
ポートレイトモードだと、ISO100固定とか決まっていて変更はできません。
この辺は、PENTAXの方が自由度があります。
CANONは、ユーザーを馬鹿にしているのかな?と思いますね。
デフォルトで、400-800にしておくのは良いけど、変更できるようにすべきです(入門機では無いのだから)
200~1600ぐらいのISOAutoが設定できれば良いなと思います(無いのだからしょうがない)

手持ちとかで、ISO800~1600あたりを選択したいときが有るのですが、この場合は直接ISOをダイヤルで変更するしか無いのか?
40Dの場合、多少荒れてもブレを量産するよりISO1600は有効だと思いますので。

まだ詳細は決めかねていますが
『C1・C2・C3』と言うカスタムモード(ダイヤルで変更)があるので
ISO、連写あたりをプリセットしたカスタムモードを作ったらどうかと思っています。

通常は Av(絞り優先 F6.3~8) ISO Auto(400-800) AF中央 連写L にしておいて
C1:Av F6.3 ISO AUTO 連写H(秒6.5コマ) AF 中央
C2:Av F6.3 ISO 1200 連写H AF 中央
C3:Av F6.3 ISO 1600 連写H AF Auto
とかどうかな?
飛びモノのなど、C3に変更は一瞬でできるでしょう。

もちろん、C1モードでも、絞りをF8とかに替えるのは前ダイヤルで、露出補正は後ろダイヤルで変更できます。
ISOの切り替えとか連写モード変更等は、「ボタンを押して→ダイヤル」なので結構面倒ですから。

とりあえず、数回持ち出した時点でもメモでした。



おまけの ハシボソガラスです。
実は、ハシボソガラスの画像は未掲載でした。(もちろん見たことはあるのですが)

ハシボソカラス
結構人相悪いです。


ハシボソカラス
目つきが悪いし。


ハシボソカラス
何か見つけたみたいですね。
カラスは好奇心旺盛ですね。


ハシボソカラス
「文句あっか!」


EF400mm F5.6(手持ち)


ハシボソガラス (嘴細烏、Corvus corone) 鳥綱スズメ目カラス科カラス属
全長50cm。全身が光沢のある黒色をしており、雌雄同色。
概ねハシブトガラスに似るが、嘴が細く上嘴があまり曲がっていないところ、および額(嘴の上)が出っ張っていないところで判別できる。
ハシブトガラスが森林に生息していたのに対し、本種は人里近くに生息し住み分けてきた。 かつて日本で「カラス」といえば本種を指したが、都市部へハシブトガラスが進出したため、「日本のカラス」の座をハシブトガラスに譲ることになった。実際に、都市化にともないハシブトガラスが個体数を増やしているのに対して、本種は個体数を漸減している。


  1. 2008/12/27(土) 00:00:14|
  2. 撮影機材
  3. 関連するタグ ハシボソガラス
  4. | コメント:6

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ ★街歩き・旅行 タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ キビタキ エナガ シジュウカラ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: