FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

面構え

ハシブトガラスです。
お昼ご飯を食べていたら、すぐそこに来ました。
怖くないのでしょうね。

全長56cm、翼開長100cm、体重550-750gほど
英名 "Jungle Crow" も示すように、元来は森林に住むカラスでしたが、近年日本では都市部において急速に分布を拡げた。
鳴き声は「カー、カー」と澄んでおり、ハシボソガラス(少々濁る)と判別できる


ハシブトガラス
なかなか。


ハシブトガラス
猛禽じゃないけど、迫力あります。



K3 + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW


  1. 2016/03/18(金) 23:03:13|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ ハシブトガラス
  4. | コメント:0

にらみ合い

はるか遠くで、鳶とカラスの攻防がありました。
まず、鳶の登場

鳶
なんか、すごく立派な姿です。


鳶
もともと、大きいですが。


鳶
この姿だけ見ると、空の王者みたいですね。


鳶
貫禄たっぷりです。


鳶
さて。


鳶とカラス
カラス(ハシブトガラス)の登場です。


鳶とカラス
ぐっと、にらみ合い。


鳶とカラス
右フック?


鳶とカラス
空振り?(笑)



実は、このあと、鳶は飛んで行ってしまいました。
その前に、カモメに追いかけられたミサゴが、大きすぎた獲物(たぶんボラ)をこの近くに落としたのです。
ミサゴはカラスに追っ払われたのですが、ボラを狙って降りてきた鳶を、再びカラスが追い払ったところみたいです。

う~む。
王者はカラスか(笑)


カラスとボラ

でかい獲物です。




ED82+MCアタッチメント+K-5




  1. 2012/04/12(木) 23:03:11|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ トビハシブトガラス
  4. | コメント:4

ハシブト

身近に居るカラスは、ハシブトガラスと、ハシボソガラスになりますが
ハシと言うのは、クチバシの事
クチバシが太いカラスと、細いカラスという事ですね。

ハシブトガラスが森林に生息していたのに対し、ハシボソガラスは人里近くに生息し住み分けてきました。
かつて日本で「カラス」といえばハシボソガラスを指しましたが、都市部へハシブトガラスが進出したため、「日本のカラス」の座をハシブトガラスに譲ることになりました。

ハシブトガラスの方が少し大型ですが、それが理由とも思えませんので、カラスの世界に何があったのでしょうね。

という事で、森林植物園にいた、ハシブトガラスです。

ハシブトガラス
日本に居る鳥の仲間では、一番賢いとされ
犬より賢いという説もあります。
人の顔を見分けるそうですよ。


ハシブトガラス
う~む。
あまり、可愛くは無いですね。



さて、今日から2月です。
今日は寒かったですね。
ここ2~3日は寒い日が続くようです。



EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン



  1. 2012/02/01(水) 21:01:22|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ハシブトガラス
  4. | コメント:4

そう言えば、カラス

そう言えば、カラスを記事にしたこと無かったですね。
このあたりで、カラスと言えば、ハシボソガラスと、ハシブトガラス
「かぁ~かぁ~」と鳴くのは、「ハシブトガラス」です。
ハシボソガラスはもっと濁った声で鳴きます。

在庫を探したら、とりあえずハシブトガラスが有りました。
ハシブトガラス

クチバシが太いのと、おでこが出っ張ってます。
なんか「ゴリラ」を思わせる雰囲気です。色も黒いしね。

ハシブトガラス

トビの若いこは、カラスに追われたりしています。
結構頭も良いですから。

一説には、犬より賢いとか。

これは、知人から聞いた話しですが、知人の奥さんが、カラスにビスケットをやったそうなのですが、これが彼らには少し堅くて食べにくかったらしいのです。

で、後日、同じビスケットをやると、カラスたちはそれをくわえて行って、水たまりの中に落としてふやかしてから食べていたそうです。
それも、カラスみんなが。
きっと情報交換しているのでしょうね。恐るべしです。

これは、本で読んだのですが、カラスは「1・2・3…」と3までは数を数えるのだとか
3以上の数は「たくさん」と言う事らしいですが。

カラスは、光り物が好きです。
好奇心も旺盛で、何でも知りたがります。
これも聞いた話しですが、スベリ台で滑って遊んでいるカラスを見た人がいます。

カラスを観察してみましょう。
結構面白いモノが見られるかもしれません。



SIGMA APO 170-500mm F5-6.3
  1. 2007/12/25(火) 00:00:01|
  2. ☆SIGMA 170-500 APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ ハシブトガラス
  5. | コメント:4

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ ★街歩き・旅行 タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ キビタキ エナガ シジュウカラ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: