FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

ハクセキレイくんの日常

きれい好きのハクセキレイくん
顔が黄色っぽいので、若いこですね。

ハクセキレイ
水浴びです。


ハクセキレイ
まずは顔から


ハクセキレイ
もちろん全身水浴び!


ハクセキレイ
バシャバシャ!


ハクセキレイ
あらよっと!


ハクセキレイ
バシャバシャ!


ハクセキレイ
ふぅ、さっぱりしたぜぇ!


ハクセキレイ
ぶるぶるぶるぶる…


ハクセキレイ
ひゃぁ!


ハクセキレイ
場所を移動してっと


ハクセキレイ
もう一回、ぶるぶるぶるぶる…

あれ?回しすぎたぁ!


鳥が水浴びや、砂浴びをするのは、羽毛の汚れやダニなどの寄生虫を落とすためです。
まめに水浴びをして手入れしておかないと、雨や雪が皮膚にまでしみてきてしまったり、病気になってしまうかもしれません。ですから鳥たちは、夏ばかりでなく寒い冬も水浴びをしているのだそうです。


EF400mm F5.6L


  1. 2009/02/03(火) 00:00:25|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ハクセキレイ
  4. | コメント:0

鶺鴒(セキレイ)

公園の小川で、セキレイをみた。
ハクセキレイが、水のほとんど枯れた小川をちょこちょこ歩いている。

ハクセキレイ
ハクセキレイは、人慣れしているのか、割と近いのに逃げません。


ハクセキレイ
トリミングしていますが、結構鮮明です。
水面に影が映って綺麗です。


ハクセキレイ
何か探しているのかな?
どんどん歩いていきます。


ハクセキレイ
ハクセキレイは、エプロンをしていますね。


ハクセキレイ
顔がちょっとピン甘か?
残念!



セグロセキレイ
こちらは、セグロセキレイ
同じ小川、すぐ近くです。


セグロセキレイ
ハクセキレイよりも、セグロセキレイの方が、少し大きいです。


セグロセキレイ
ハクセキレイと、セグロセキレイは、基本的に同じところには居ません。
縄張り争いでは、身体が大きなセグロセキレイが勝ちますが
何故か、個々には負けつつ、ハクセキレイの方が勢力を拡大しているそうです。
不思議ですね。


セグロセキレイ
小川で、セキレイくんたちにたくさん遊んでもらいました。




EF400mm F5.6L (一脚使用)



  1. 2008/12/19(金) 00:00:14|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ハクセキレイセグロセキレイ
  4. | コメント:0

テレコンを試す

今日は、お昼からりかゆんが法事で出かけるというので、
少しだけ近所の公園へ行ったあと、お昼を食べて「さて、どこへ行こうか?」とぐずぐずしていたら、3時少し前になってしまったので、またしても近所の河口へ行くことにしました。
この時期、4時を回ったら日が落ちだしますから。

さて、同じところへ3回続けて行くのも芸がないので、今回は三脚に載せてみることに。
それならと言うので、一緒に購入したKenkoのテレコンを付けてみよう。

記憶をたどりながら、裏技改造をしてみたのだが、何故かAFにならない。
仕方なく、MFで試すことに。
これが、後悔の元になるとは・・・


さて、河口である。

いちばん先まで行ってみたのだが、今日もほぼ満潮(さらに大潮)と言うこともあり、岩礁はほとんど沈んだままだし、鳥の姿が見えない。
少し沖にうかんでいるのは、ヒドリくんか?



おっと、そこにいるのは、ハクセキレイくんではないか。
藁にもすがる思いで、シャッターを押す(笑)

ハクセキレイ
久しぶりなので、MFになれません(汗)
これがマシな方なのですが、やや前ピンか!
換算900mm程度なのです。

一度引き返して、少し川上に浮かんでいるヒドリくんを撮ってから、帰ってきたら、カモメさんが居た。

ユリカモメ
ユリカモメさん。
だいぶ、ピン甘を量産してしまった。
まぁ、ピントが合えば、あまり甘くない感じ


ユリカモメ
ボケ具合も、良好です。


ユリカモメ
向こう岸の、ユリカモメさんの群れが飛び立ちました。


ユリカモメ
この時、秒3コマに落としたままでした。

まぁ、こんな感じです。
テレコンも悪くない感じです。
さすが、単焦点ですね。


さて、失敗というのは、上空を飛んで来る鳥を見つけて、あれ?カモメと違う?
と思いながら、シャッターを押しましたが、ほぼピンボケ。
で、よく見ると、どうやらミサゴさんだったようです。
「う~ん残念!」
AFなら、何枚かは撮れたのになぁ...と


EOS40D+EF400mm F5.6L+KenkoPro300(x1.4) 三脚使用



  1. 2008/12/15(月) 00:00:14|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ユリカモメハクセキレイ
  4. | コメント:0

図鑑写真

どアップで、鳥だけが写ったのを、図鑑写真といいます。
それに対して、少しベテランになってくると、もう少し引いて背景を生かした鳥を撮る。
「鳥のいる風景」を撮るようになります。

「鳥のいる風景」にあこがれますが
まだまだ、つい大きく撮りたい欲望に勝てず、
どうやったら大きくはっきり撮れるかと考えてしまいます。

ハクセキレイ
ススキとスズメを撮ったので、撤収して場所を変えようと、完全に片づけて車に乗り込んだら...
あぜ道にハクセキレイさんが居ました。
車にのったまま、そろそろと近づいても飛びません。


ハクセキレイ
大きく、くっきり撮れたら、満足度が高いです。
一種の煩悩ですね。


ハクセキレイ
すでに、私のカメラは後部座席にしまっているので、手元にあるのは、りかゆんの鷹の目
助手席のりかゆんに、「撮って!撮って!」とお願いします。


ハクセキレイ
トリミング。

図鑑写真と言われようと、くっきり、大きく撮りたいです。
ひととおり、大きく撮れたら「鳥のいる風景」が撮れるようになるでしょう。
でも、まだまだ先のような気がします。

まだまだ、かけだし。


E510+ED70-300 (りかゆん撮影)



  1. 2008/11/29(土) 00:00:23|
  2. ☆E-510
  3. 関連するタグ ハクセキレイ
  4. | コメント:4

ハクセキレイの若

今日、りかゆんが公園へネタを仕入れに行ってくれました。
カワラヒワの声がしただけで、スズメぐらいしか居なかったそうですが...

こんなこを見かけました。

ハクセキレイ
けっこう近くです。
顔が黄色いので、キセキレイか?と思ったそうですが、
帰って調べると、どうもハクセキレイの幼鳥みたいです。
ハクセキレイの幼鳥は、顔が黄色いこがいるみたいです。そんなことも知りませんでした(汗)

ハクセキレイ
とっとこ...


ハクセキレイ
羽の先が、茶色ですね。
若いからかな?


ハクセキレイ
若いから、警戒心が薄いみたいです。
尾羽もあんまり振りません。

でも、かわいいですね。

E-510+ED70-300(りかゆん撮影)


明日と明後日は、お泊まりでお出かけなので、更新ができないと思います。
では、また来週!


  1. 2008/09/13(土) 00:00:12|
  2. ☆E-510
  3. 関連するタグ ハクセキレイ
  4. | コメント:5
前のページ 次のページ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ☆花 コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ アオアシシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ コアジサシ オオヨシキリ タゲリ カシラダカ ビンズイ ルリビタキ スズメ ヤマガラ キビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ コゲラ オジロビタキ ミサゴ カワアイサ ミコアイサ ホシムクドリ モズ メジロ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ エナガ サメビタキ エゾビタキ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ミソサザイ アマサギ ケリ コチドリ ムナグロ ヒレンジャク ハジロカイツブリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ ジョウビタキ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ コムクドリ シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ ホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: