FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

タシギ登場

2羽の千鳥を見たあと、もう少し田圃をうろうろしていたのですが
道を間違えて、行き止まりの道へ入り込んでしまいました。
バックで引き返す前に、畦で何か動いたものを見えました。

ちょっと大きいです。
何でしょう?


タシギ
刈り取りが終わって、芽が伸びた田圃に見えたのは
ジシギの一種ですね。
すぐには特定できませんでした。


タシギ
いろいろ見たのですが、どうやら普通のタシギみたいです。


タシギ
頭の模様が、ウルトラマンを連想します。


タシギ
こっそり移動です。


タシギ
最後は、また畦に移動してしまいました。


タシギ
こういう感じでタシギを見たのは初めてだったので、その話をすると
りかゆんが、池でタシギの群れを見たという話をするので
いろいろ記憶をたどり、過去の画像をあさってみたら
りかゆんが単独で見に行ったときに、タシギが群れで居たという事。

未整理画像の中にありましたので、また折を見て登場いただきましょう。




EOS7D+EF400mmF5.6L



  1. 2013/09/24(火) 22:09:15|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ タシギ
  4. | コメント:2

タシギ 初見です。

タシギをはじめ、ジシギ兄弟は、残念ながらどれも見たことが無かったのでした。
「その辺の田圃にいるよ!」とよく言われるのですが、残念ながらこれまで出会った事がありませんでした。
その辺の田圃をしらみつぶしに見て歩く...という事をしたことが無いと言うのもあるのかもしれません。

今日の鳥見でご一緒した人が「××に居るよ!」と言うので、帰りに回ることに。
最初、見かけず。ここではないのかな?と通り過ぎたのですが、やはりそこしか無いと戻って来ました。

居ました、居ました。
茶色い、クチバシの長いこです。
シギに間違いありません。

タシギ
最初、割りと近かったのですが、すぐに一番遠いところまで逃げられました。
さいわい、それで安心したのか、それ以上は逃げませんでしたので、400mmからスコープに変更しました。
光学1000mm(換算1600mm相当)です。


タシギ
ジシギ三兄弟を明確に見分けるには、尾羽を開いてみないと分からないとか言いますが
尾羽が少し見えたところで、はっきりと区別が付くわけではありません。
尾羽をあげているのは、警戒姿勢だそうです。


タシギ
この田圃には、6-7羽のタシギが居ます。
一羽が大きいので、親子かもしれません。


タシギ
ジシギには、タシギ、チュウジシギ、ハリオシギ、オオジシギと良く似たこがいて
区別は非常に難しいです。


タシギ
左側に後姿のこが写っています。


タシギ
地味ですが、けっこう綺麗なこですね。


タシギ
サービスで飛んでくれました。



EOS40D+ED82+MCアタッチメント

【追記】
今頃、EXIF見てますが(汗)、全部ISO400になっていますね。それなのにSSは1/125秒前後
だいぶ、ブレ(機材ブレ&被写体ブレ)が多かったので、やはりISO800固定でシャッタースピードを稼ぐべきでした。やや失敗事例、反省です。
EOS40DでISO1600はあまり使いたくないですが、せめてISO800にすべきでした。
MCアタッチメントで使うと、カメラ側に焦点距離情報が伝わりませんので、1/125秒で良しとしたISOオート(400~800で自動)の判断は致し方ないでしょうか。
ちなみに、スコープだと何故か露出オーバーに写ってしまうので、基本 -1EV 補正してます。


タシギ(田鴫、学名:Gallinago gallinago)は、チドリ目シギ科タシギ属。タシギ属の模式種
日本では、春と秋に渡りの途中に飛来する旅鳥、もしくは本州中部以南では越冬のため飛来する冬鳥
全長27cm。頭部、胸部、背面は褐色に黒と白が混ざったような羽毛で覆われる。
この体色は草の中では保護色になる。腹部の羽毛は白い。次列風切羽の先端部の羽毛は白い。
尾羽は通常14枚。嘴は長く、直線的。
日本では、水田、河川、内陸の湿地等に生息する。和名は田によくいることが由来。
単独で生活するが、10頭前後の小規模な群れを形成することもある。
狩猟の対象種である。大日本猟友会が発行している狩猟読本では、『骨が柔らかくその食味は正に焼鳥の王者である』の記述がある。 狙撃(スナイピング、sniping)はタシギ猟からの語源と言われている。
-以上wikiより-



  1. 2011/02/06(日) 23:02:06|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ タシギ
  4. | コメント:4

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 コマドリ コチドリ シマアカモズ シロハラ アトリ イカル モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: