FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

在庫シリーズ 3

お休みにしようかと思ったのですが、まぁカモメさんでも。
デジスコです。
この時、まだ冬です。

ウミネコ
まだ、この時操作に慣れていなくて、ピン甘量産しています。
あっ今でも、ピン甘量産してましたね(汗)

まず、スコープでほぼ合わせて、その後、カメラのAFで追い込むのですが
ちゃんとAFでピントを合わせないと、やっぱりいけません。
なかなか、AFが合わないので、合掌しないままシャッターを押したのが多いです。
80mm口径のスコープに、30倍のレンズですから、けっこう被写界深度が薄いのです。

たぶん、この時は、AFポイントを自動にしていたと思います。
どこかにピントが合えば良いだろうと言う考えでとりあえずやってました。
おかげで、適当です。

P5100(デジスコ用に使っているNikonのコンデジ)では、AFポイントを自在に動かすことが可能で、最初はもたもたしてちっともピントが合わなかったのですが、慣れてくれば、手動でピント位置を動かして、目的の位置にAFポイントを移動して合掌させる事ができるようになりました。

ビデオ雲台では、スコープをそろそろと動かすことができますが、何せ1000mmを越える超望遠になりますので、ちょっと動かすつもりが、行き過ぎてしまうこともしばしば。
中央1点のAFポイントで、目的をロックしてから、構図を決めるようなやり方は、なかなか難しいのです。

カモメ
それにしても、カモメ類の識別は難しいです。
シギチも分かりませんが、カモメも分かりません。


ウミネコ
足がピンクのこは、セグロカモメかな?


ED82+P5100(デジスコ)


  1. 2008/09/05(金) 00:00:50|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ ウミネコセグロカモメ
  4. | コメント:4

落ち穂拾い

残りのこたちです。

最初に見かけた、キンクロハジロさんの集団
川の中程を泳いでいました。
それでも、先日の鴨池よりも近かったと思います。

キンクロハジロ
20羽ぐらい居たかなぁ。

キンクロハジロ
まだ、帰っていなかったのですかね?


カモメ
カモメさんたち
ユリカモメさんと、セグロカモメさんと...
ズグロカモメさんが居るという話しなのですが、左上のクチバシの黒い子がそうなのかな?
違うのかな?よく分かりません。

カモメ
こちらは、反対側。
クロツラくんが居たあたり。

シロチドリ
最後は、シロチドリくん

ハマシギらしきこ(隣の人の話では)が、集団で飛んでいたのですが、写せず...
その他にも、もしかしたら違うこが居たのかも?


ED82+P5100 (デジスコ)


  1. 2008/04/19(土) 00:00:13|
  2. デジスコ
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ キンクロハジロシロチドリユリカモメセグロカモメ
  5. | コメント:0

とびます

全部で、700枚近く押したので (まぁだいぶゴミ箱行きでしたが)
いくらでもネタは有るのですが、飽きられるのでこの辺で。

まだまだ、飛びモノをデジスコで捉えるのはムリムリですが
E-510も持って行きましたので。

とびます
このこは、ウミネコさん


とびます
600mm相当だと、このあたり。


とびます
ユリカモメさんも居ましたよ。


とびます
良いお天気で、暖かでした(途中まで)


ばいばい
バイバイ!
雪が降ってきたので、そろそろ帰りましょう。


E-510+ED70-300

  1. 2008/02/21(木) 00:00:17|
  2. ☆E-510
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ ウミネコユリカモメセグロカモメ
  5. | コメント:2

今日は、セグロカモメさん

今回、ウミネコさんよりもたくさん居たのが、セグロカモメさんたち。
たぶん「オオセグロカモメ」では無くて、「セグロカモメ」だと思います。この2種はよく似ていて、特に幼鳥の間は区別が難しいそうです。
簡単に言うと、オオセグロカモメの方が背中の色が濃いのだそうです。

さて、(たぶん)セグロカモメ
セグロカモメ
セグロカモメさんの足はピンクなのです。

セグロカモメ
雪が降っています


セグロカモメ
尾羽に柄があります


セグロカモメ
何となく、若いですよね。
クチバシの下の赤い班も特徴ですが、はっきりしない子もいますね。


セグロカモメ
セグロカモメも大型カモメの一種なので、結構でかいはずです。


セグロカモメ
このこも若そうですね。


NikonED82+P5100(デジスコ)


今回、設定を変えて、AFポイントを自動にしてみました。
できるなら「顔認識」で鳥の顔を認識してくれたら言うこと無いのですがそういう訳にはいかないらしいです。
それでも、トリミング含みの日の丸構図で撮るなら、AF中央固定も良いのかもしれないですが、構図まで決められるぐらいの距離だと、自動にした方が楽です。
実は、AFが意図しないところに合ったりするのですが、それも愛嬌でとりあえずは押してみて、ピントリング(スコープの方)をいじってみて再度AFすると、AF位置が変化する。
シャッターを押し直すだけでも変わったりします。
あと、中央一点だと、AFが合わないときも多いのですが、自動にしておくとどこかに合ったりして、とりあえず押す回数は確実に増えます。
押してナンボな訳で。
実は、今回も確認用の「液晶モニタールーペ」を忘れていったので、使い勝手の確認できず。
もっと拡大して液晶画面を見られたら、MFでピントを追い込むのも楽になるのかもしれない。
あるいは、常時AF追従を解除した方がいいのかも?
まぁ、まだ数えるほどしかさわって無いので、まだまだです。

【追記】
ちなみに、デジスコのピントの合わせ方は、まずスコープを向けて、大まかな画角を決めたら(この時広角端)スコープのピントリングを操作して、ピントを合わせます(もちろん液晶で)
その後、シャッター半押しでAF。ピントが合えば、そっとレリーズします。
連写モードにしているので、都合で何枚か撮ります。
その後、ZoomUPして、構図を微調整して何度か押します。
半分MF+半分AFというところでしょうか?
AFが合わないときは、押し直しか、再度スコープのピントリングを微調整です。


セグロカモメ (背黒鴎 学名:Larus argentatus) チドリ目カモメ科
全長約60cm。雌雄同色。
ユーラシア大陸の北部から中部、イギリスや北アメリカ大陸北部などで繁殖する。
北方に生息する個体は冬には南にわたり越冬する。
日本では冬鳥として渡来し、最も普通にみられる大型カモメ類。


  1. 2008/02/19(火) 00:00:17|
  2. デジスコ
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ セグロカモメ
  5. | コメント:4

久しぶりの河口

何ヶ月ぶりだろうか、河口へ行ってきました。
今日は、りかゆんが所用で私ひとりです。
出がけに、すごく雪が降ってきて、止めようかと思いましたが、少ない休みなのでとりあえず行くことに(まぁ近いですし)
着いた頃には、日が差して来ました。(途中から雪に降られましたが)
先日、ちょっと覗いた時には、カモメさんが少し居てたのですが、双眼鏡を持って無かったので、何カモメかが不明です。
さて、今日はどんな子がいてくれるのか??

今回は、デジスコで挑戦です。
押さえにE-510も持って行きました。
河口
これは、E-510で撮影(同じ位置から:換算600mm相当)

ここで、カモメというと、ほとんどユリカモメしか会ったことが無いのですが
今日は、違う子がいます。
ウミネコ
ウミネコのようです
手前の子は、若いこかな?(セグロカモメみたいです)


ウミネコ
ウミネコの特徴は
黄色い足と、先が黒と赤で、黄色いクチバシ
可哀想に、このこは足にテグスを巻き付けています。


ウミネコ
結構目がするどい


ウミネコ

結局、デジスコだけで600枚ほど押しましたが
歩留まりは、DSLRより悪いので、まぁまぁのを残しても半分以下になりました。
その中でも、マシなのをレタッチして載せています。
まぁ、目標もでかいので、今回ほぼトリミングは不要でした。
さすがに、デジスコです。
あまり風が無かったのも良かったかも?

後半、日が陰ってしまって、寒かったです。
雪も降ってきたし。

たくさん押して、少しは上達したかな?
つづく


NikonED82+P5100(デジスコ)

ウミネコ(Larus crassirostris 海猫) チドリ目カモメ科
留鳥で、おもに日本近海で繁殖・生息するため日本国内で一般的にみられる中型のカモメである。ネコによく似た鳴き声で鳴くためにこう呼ばれる。
全長約47cm。夏羽では背と翼上面は灰褐色で、頭部と下面は白色。冬羽は頭部に灰褐色の斑がある。 脚の色は黄色で、くちばしの先端に赤と黒の斑点があるのが特徴。また、尾には黒い帯がある。





  1. 2008/02/18(月) 00:00:17|
  2. デジスコ
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ セグロカモメウミネコ
  5. | コメント:2
前のページ

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 チョウゲンボウ ジョウビタキ メジロ コゲラ アカゲラ ☆花 コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ アオアシシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ コアジサシ オオヨシキリ カシラダカ ビンズイ タゲリ ルリビタキ スズメ ヤマガラ キビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ オジロビタキ カワアイサ ミサゴ ミコアイサ ホシムクドリ モズ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ エナガ サメビタキ エゾビタキ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ミソサザイ ケリ アマサギ コチドリ ムナグロ ヒレンジャク ハジロカイツブリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ コムクドリ シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ ホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: