FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

ヒリリ・・・ ヒリリ ・・・

鳥見の知人が、サンショウクイを撮っておられるので
さっそく場所をお聞きして、今日行ってきました。
当然、サンショウクイは見たことありません。

「7時頃に来られたら、撮れるかもなぁ...」

というので、がんばって早起き!
それでも、着いたら7時をだいぶ回っていました。

お聞きしたポイントへ行ってみると、何人かすでに大砲を構えておられます。

昨日は 8時少し前に30羽ぐらいでやってきて、3分ぐらい滞在して飛んで行ったと。
うーむ。チャンスは3分ですか!

が、なかなか現れないです。
待ちますとも、せっかく早起きしたのですから。

予定の時間を回った頃、ふと違う方を見た方が
「あっちに来ている!間違いない!!」
というので、みんなでわらわらと移動です。

遠いですが、確かにあれは「サンショウクイ」みたいです。
が、3羽ぐらい。

それでも、押します「初見」ですから。

サンショウクイ
換算900mmからトリミング
遠いですが、姿が判る程度には撮れました。


サンショウクイ
すっきりとした色合いの、綺麗な鳥ですね。
サンショウクイという名前の由来は、鳴き声が「ヒリリ ヒリリ」と聞こえるので
山椒の実を食べてのどが痛いからだという、ばかばかしい理由(笑)
サンショウクイにしてみたら、えらい言いがかりですね。
何せ、サンショウクイは、虫とかが主食だそうなのですから。


サンショウクイ
おっと、飛び出し!
逆光で綺麗です。


サンショウクイ
飛んで、今度は近くの枝に来てくれました。
今度は順光


サンショウクイ
雌のようです。
この時期は、雌と若鳥ばかりの群れだそうで、雄は滅多に群れに居ないのだそうです。
雄の方が、もっとくっきりした体色みたいです。
贅沢は言いません。サンショウクイは初見ですから(笑)


サンショウクイ
画像のナンバーが 0016 です。
EOSも3周り目。
累計20000枚を押した勘定です。

いやぁ、サンショウクイが撮れてよかったです。
それも、そこそこ近くに来てくれました。
3羽だけでしたが、撮れてよかったです。
もしかしたら、群れの本体はもうすでに抜けてしまったのかもしれません。


大満足ですが、どうやらもう戻って来そうに無いので、撤収して別の場所に移動しましょう
まだ、9時まえです。



EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン(MF)


サンショウクイ(山椒食、Pericrocotus divaricatus)スズメ目サンショウクイ科サンショウクイ属
夏季に日本、ロシア東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季は東南アジアへ南下し越冬する。本種はサンショウクイ科でも最も北に分布し、唯一長距離の渡りを行う。
全長20cm。背面が灰色、腹面が白い羽毛で覆われる。翼は黒いが、風切羽の基部は白い。
オスは頭頂部から後頭部が黒、メスは頭頂部から後頭部が灰色の羽毛で覆われる。
和名は鳴き声が日本語圏では「ヒリリー」と聞こえ、山椒を食べた(「山椒は小粒でもピリリと辛い」という諺がある)と連想されたことに由来する。
越冬地も含めた開発による生息地の破壊等により生息数は減少している。
-wikiより-



  1. 2010/09/19(日) 23:09:19|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ サンショウクイ
  4. | コメント:0
前のページ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

アオアシシギ ★街歩き・旅行 ☆花 オオヨシキリ カラシラサギ カイツブリ アジサシ コアジサシ レンカク ムラサキサギ ヨシゴイ ムナグロ ウズラシギ キビタキ ホオジロ ミソサザイ ゴジュウカラ エナガ シメ ヤマガラ ヒヨドリ コルリ コマドリ オオルリ ジョウビタキ コムクドリ スズメ ニュウナイスズメ ホウロクシギ ソリハシセイタカシギ ハジロカイツブリ ヒレンジャク キレンジャク メジロ ギンムクドリ モズ トモエガモ チョウゲンボウ コゲラ アカゲラ コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ タゲリ カシラダカ ビンズイ ルリビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ オジロビタキ ミサゴ ミコアイサ カワアイサ ホシムクドリ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ サメビタキ エゾビタキ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ケリ アマサギ コチドリ オシドリ アトリ シロハラ ウミネコ ヒドリガモ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ クロジ カヤクグリ オグロシギ ダイゼン シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ カササギ アオバト ホシハジロ スズガモ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: