FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

今年もわずか

今年最後の更新は、鳥にしようと考えて、先日撮ったものを見てまして、
よし「こいつに決めた!」とPhotoshopを開いたのですが
数が多すぎて、整理・選別が終わりません。

とりあえず、できたとこまで公開です。

先日、偶然とれたこは、なんとハクチョウ
コハクチョウの飛来南限は小野のあたりになるのですが
ここはもっと南です。

先日のマナヅルを撮りに行く途中、ふと横の池を見たら、大きな白い鳥がいました。
あっという間に通りすぎたので、確認できなかったのですが
首が長く見えたのでした(しかも、群れに見えた)

なので、マナヅルを撮ったあと、念のため戻ってみることに。
車を止めて、双眼鏡で確認すると。
「なんと、ハクチョウ!」

こんなところに居るのが信じられないのですが、ハクチョウは見間違えません。
オオハクチョウなのか、コハクチョウなのかはともかく。

とりあえず、撮影、撮影


ハクチョウ
距離はこんなものです。
数えたら、14羽いました。


ハクチョウ
どうやら、オオハクチョウコハクチョウが混じっているようです。


ハクチョウ
この前、オオハクチョウを見たときも、コハクチョウの群れに、2羽混じってました。


ハクチョウ
しばらく白鳥を見に行ってなかったので、久しぶりです。


ハクチョウ
さて、確認してみましょう。
左がオオハクチョウで、右がコハクチョウです。
クチバシの黄色い部分が、張り出しているのがオオハクチョウです。
何羽づつ居たかは確認できませんでした。



※今回から、サイズを大きくしてみました。


K3 + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW



  1. 2014/12/31(水) 23:12:21|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ コハクチョウオオハクチョウ
  4. | コメント:0

今日も白鳥

白鳥の首って、けっこう太くて丈夫そうですが
おもったよりグニャグニャ曲がるのですね。
けっこう、感心

コハクチョウ


コハクチョウ


コハクチョウ


コハクチョウ


コハクチョウ
お粗末でした。



ED82+DSC-W300(デジスコ)



  1. 2009/12/29(火) 00:00:27|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ コハクチョウ
  4. | コメント:2

白鳥

久しぶりに、白鳥を撮ろうと出かけてきました。
一本目を曲がり損ねたら、えらく狭い道を案内してくれます>カーナビ

寒いかと思って着込んで行ったのですが、気温はともかく風が全然無くて暑いぐらいでした。
年末なのにちっとも寒くないです。

コハクチョウ
車を置いたら、もう白鳥の声がしていました。
30羽以上の群れです。
池は大きくないのですが、水辺までは近寄れません。


コハクチョウ
白飛びを押さえるのに、少しアンダーで撮ったら、白鳥が白くありませんね。
白い鳥は難しいです。

最初、スコープを据えたところは逆光で、しばらく撮ってから移動です。
りかゆん先発隊が良いポジションを確保してくれました。


さて、今回は、いつものコハクチョウに、オオハクチョウが混ざっているというのことで
オオハクチョウを探します。

オオハクチョウ
どうやらこの二羽がオオハクチョウさんのようです。
オオハクチョウさんは、クチバシの黄色の部分が先の方まで三角に伸びている事で(コハクチョウと)区別します。
鼻孔のあたりまで黄色いのが、オオハクチョウさん。


オオハクチョウ
右がオオハクチョウさん。
左はコハクチョウさんです。
左のこは、黄色の部分が鼻孔の手前で終わっているのが分かりますでしょうか?

オオハクチョウと言っても、コハクチョウより特に大きくありません。
一応一割ぐらい大きいみたいですが、遠目では分かりませんね。


コハクチョウ
どちらも、コハクチョウさん。
クチバシの黄色の部分の形は、いろいろですね。
真剣に見くらべると、みんなちょっとずつちがって、かわいいです。

オオハクチョウに会えて大満足です。


オオハクチョウ (大白鳥、学名:Cygnus cygnus) カモ目カモ科
日本には冬鳥として渡来する。
成鳥は全長約140cm、翼長60cm。全身白色であるが、個体によっては頭部や首が黄褐色を帯びていたりする。
上のくちばしは基部から半分以上が黄色で先端、下のくちばしと足は黒色。また雌雄同色である。
1年未満の幼鳥は全身が褐色をおびた灰色で、上くちばしの基部はやや桃色がかった白色。
体重は10kgを越え、空を飛ぶ生物としては限界の重さである。そのため、離陸時は助走を必要とする。
飛翔時の姿は、大型鳥類独特の美しく優雅な様をみせる。 鳴き声は大きく、「コォー」と鳴く。


ED82+DSC-W300(デジスコ)


※知らない間に 1000記事を越えました。
 これが、1002番目の記事
 BLOGを始めたのが 2007年の3月なので、来春で3年になります。


  1. 2009/12/28(月) 00:00:27|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ コハクチョウオオハクチョウ
  4. | コメント:0

コハクチョウ 2

もう少し、コハクチョウです。
今日は少しアップを見てみましょう。
コハクチョウ
手前が成鳥で、向こうが若鳥です

コハクチョウ
羽毛が黒っぽくて、クチバシの柄がはっきりしませんね。
群れには、だいぶ若鳥がいました。

コハクチョウ
羽ばたいているところ

コハクチョウ
大きいですね、さすがに

コハクチョウ
飛び立つ前には、みんなそわそわして、羽ばたいたりしてます。
ウオーミングアップでしょうか?
また、水面下に沈んで水浴びのような事をします。
あと、せっせと毛繕い(油を羽根に馴染ませているのでしょうか)

コハクチョウ
ハクチョウは美しいです。


このこは、マガン
マガン
最初図鑑を見たときに見つけたのが「カリガネ」で、「おぉ!」と思ったのですが、「マガン」のようです。
カリガネのくちばしはピンクで、黄色のアイリングがあります。顔前面の白色が頭頂近くまで伸びています。

もちろん、マガンくんも初めて見るのですが。
このこ一羽だけでした。

マガン(真雁、Anser albifrons) カモ目カモ科マガン
全長72cm。全身は暗褐色の羽毛で覆われる。腹面には不規則な暗色の斑紋が入る。
くちばしはオレンジ色。額から嘴にかけての傾斜は緩く、額から下方へ向かい白い筋模様が入る。後肢はオレンジ色。
日本には、冬季に越冬のため飛来する。


SIGMA APO 170-500mm F5-6.3 (トリミング)



  1. 2008/03/07(金) 00:00:02|
  2. ☆SIGMA 170-500 APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ コハクチョウマガン
  5. | コメント:2

コハクチョウ

三脚の列、白や黒の大砲がずらりと並んでいます。
とりあえず、車を広場に止めて、見に行くことに。

なんと、白鳥です。
そういえば、どこかのBlogにコハクチョウの事が書いてありました。
鴨池は、コハクチョウが渡って来る南限だったような。

白鳥

湖面には、40羽ほどの、コハクチョウと、カモさん達
なんとギャラリーも30台ほどの大砲レンズ
白鳥の方がわずかに多いか(笑)

白鳥

皆さん、だいぶ前から来ておられるのか、シャッターを押している人は居ません。
聞くとは無しに話を聞いていると、夕方でもうすぐ白鳥がお家に帰るので(家はどこ?)一斉に飛び立つシーンを撮ろうと待っているようでした。

コハクチョウ

何も考えずにやって来ましたが、こんなイベントが待っているとは。
早速、4-5枚写したところで、メモリがいっぱい(笑)
車までも予備のメモリを取りに帰る羽目に。
さっき調子に乗って、オナガガモさんを散々撮ったので、メモリの残量をチェックするのを忘れてました。
持ってて良かった>予備メモリ

コハクチョウ

さて、夕日が差す鴨池はすごく綺麗です。
500mmなので、それほど大きく撮れませんが、風景としての白鳥の方が良い感じです。
(まぁ、相手も大きいので)
動きモノは、どう考えてもDSLRですし、飛翔シーンが少し撮れるかもしれません。
デジスコはお休みして、三脚にレンズを載せました。

コオー コオー とコハクチョウの鳴き声が、湖面に広がります。
白鳥の首は思ったより太くて、たくましいです。
お堀の白鳥を見慣れて居たはずなのに、全然違う鳥のようでした。

・・・

コハクチョウ


コハクチョウ


コハクチョウ


コハクチョウ


コハクチョウ


コハクチョウ

結局、最終5時少し前、3度に分けて飛び立った白鳥をカメラに納めることができました。


コハクチョウ


左右の白い大砲、黒い大砲達に混ざると、非力な中砲+K10Dです。
これまで「焦点距離が足りない」と思ったことはありましたが、AFが遅いとか (言われてますが)
秒3コマが足りないとか (中級機としては物足りないですが) そういう風に思ったことは無かったのですが、白鳥が飛び立つシーンを撮った正直な感想は
『AFが遅い、秒3コマでは足りない...』でした。

毎日『白鳥』を撮るわけでは無いので、買い換えようとは今のところ考えませんが、
秒3コマでは足りない世界を始めて見せつけられた気分です。


たくさん押して、すごくよい気分です。


SIGMA APO 170-500mm F5-6.3

コハクチョウ(小白鳥、学名:Cygnus columbianus) カモ目カモ科
オオハクチョウより一回り小さい
クチバシの黄色い部分が、多いのがオオハクチョウです。


  1. 2008/03/06(木) 00:00:02|
  2. ☆SIGMA 170-500 APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ コハクチョウ
  5. | コメント:5

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: