FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

遠征@りかゆん撮影分

8月に入りました。

暑いですね。台風がまとめて来てますが、地球温暖化の影響か?進路が変です。
日本より、台湾とか韓国がやばいです。


さて、遠征の残りは、りかゆん撮影分
あまり変わりませんがご了解ください。


コノハズク
バックのリングボケが良いですね。


コノハズク
ときどき、うとうとしてました。


コノハズク
こちらは二番子


コノハズク
親ですね。
リングボケがぐるぐる巻きに見えます。


コノハズク
親も比較的起きてました。


アカショウビン
おまけのアカショウビン
給餌中です(顔なしで失礼)




α550+REFLEX500mm(りかゆん撮影)




  1. 2012/08/01(水) 23:07:22|
  2. 500mm F8 Reflex[α]
  3. 関連するタグ アカショウビンコノハズク
  4. | コメント:2

先日の二番子

そういえば、先日のコノハズクの二番子を出し忘れていたので、貼っておきます。
実は、撮影日のすぐあとに巣立ったようです(知人のBlogで確認しています)
さすが、365連休ですね。連日の遠征ご苦労様です。


二番子
落っこちそうでした。
巣立つのは、やはり夕方から夜でしょうね。


二番子
まだ巣立って無いので、同じような画像ばっかりです。


二番子
雛はかわいいので、つい、押しすぎてしまいました。


二番子
無事に大きくなって、また来年会いたいものです。





EOS40D+EF400mmF5.6L+EXTENDER 1.4x




  1. 2012/07/31(火) 22:07:22|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ コノハズク
  4. | コメント:0

赤色型

コノハズクの親です。
コノハズクは、全長20cm。
日本に飛来するフクロウ目では最小です。

茂った葉っぱの中に、ちょこっと居ますので、探すのに苦労します。
ただ、この日はギャラリーが多かったので、皆さんがカメラを向けている方を良く見ると見つかる場合があります。

このこは、赤色型と言って、普通のコノハズクより赤っぽいです。
赤っぽい方がやや見つけやすいです。


コノハズク
見える角度が限られるのですよね。



コノハズク
朝から、帰るまで、ほとんど動かずでした。
一応、起きているみたいでしたが。


コノハズク
あまりうまく撮れませんでしたが、綺麗な個体です。
最初としては上々ですね。
観察難易度: 6だそうなので、なかなか会えるこではありませんけど。


コノハズク雌
こちらは、雌だそうです。
こちらからは、顔がほとんど見えず。
かつ、反対側からは全く見えず。
とりあえず、居たと言うだけの画像です。



コノハズク (木葉木菟、木葉梟、学名 : Otus scops)フクロウ目フクロウ科
全長20cm。日本に飛来するフクロウ目では最小。頭部には小さい外耳のように見える羽毛(羽角)がある。虹彩は黄色。
-以上、Wikiより-



EOS40D+EF400mmF5.6L+EXTENDER 1.4x




  1. 2012/07/23(月) 23:07:22|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ コノハズク
  4. | コメント:0

いきなりお出迎え

今日は、鳥見の遠征をして来ました。
以前から聞いていたのですが、遠いので躊躇してましたが
ますます何も居ないので、ようやく重い腰を上げて遠征に。

うまくいけば、赤いこにも遭えるそうです。

さて、到着したらすでにたくさんの車
皆さん、我々より早起きです。
知った車が2-3台(笑)

結局、顔見知りの方が(名前を知らない人を含めると)15人は来てましたね。
さすが、鳥枯れの季節です。

みんな、「電話が通じないからここに来ていると思ったよ」と訳のわからない会話です。


さて、車を置いて、機材を担いで出発です。

いきなり出迎えてくれたのは、コノハズクの雛です。
だいたい、コノハズクも見たこと無いのですが
とりあえず、雛を押さえておきましょう。


コノハズク雛
いい場所に居てくれました。



コノハズク雛
あとから聞いたら、昨夜7時頃に巣立った子だそうです。


コノハズク雛
なんか、去年の雛のほうが、むくむくでかわいかったとか言っていたら
気を悪くしたのか、しばらく後で居なくなったとか。
かわいいのに。


コノハズク雛
じっとしていてくれたので、じっくりピントを合わせられました。


コノハズク雛
ぢゃ!



一度見失うと、全く見つからないと言ってました。
僥倖だったのですね。




EOS40D+EF400mmF5.6L+EXTENDER 1.4x





  1. 2012/07/22(日) 22:07:22|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ コノハズク
  4. | コメント:4

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: