FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

コサギが一羽

アオバズクを見る前に行ったのは、いつもの河口
が、前日の豪雨の影響で、川は氾濫寸前の濁流で、茶色の水をどんどん海へ運んでいました。
河川敷には、押し流されてきた草や流木が大量に打ち上げられていて、すごい様子です。

こんな感じでは、鳥は居ないかなぁ?と思いつつ、河口へ歩きます。

満潮では無いので、いつもの岩礁は半分ぐらい現れているのですが、川の水はすごい水量です。
やはり、岩礁には鳥の姿がありません。
いや、ハクセキレイの若い子が数羽。
コサギが一羽、アオサギが一羽。
ずっと向こうに何か居るなぁと思ったら、カワウでした。

と言うことで、せっかく来たので、コサギでデジスコの練習(笑)
こんな時でも練習、練習です。

コサギ
濁流の様子がわかりますか?
すごく首が長くて、ダイサギみたいに見えますが、クチバシが黒いし
だいたい、次の画像を見れば一目瞭然です。


コサギ
おさかな?掴まえたようですね。
これは、飲み込み直すところだと思います。
足の黄色が見えますね。
間違いなく、コサギです。


コサギ
なんか、イイ感じ。
コサギの行進です。


さて、もう一枚
なんと言うこと無い一枚なのですが

コサギ
左下...わかります?


拡大
拡大してみました。
明らかにクチバシが長い。
このこは、シギの仲間ですね。
お腹が白いので、イソシギかなぁ?

今日、見に行こうかと思ったのですが、ちょっと用事ができてしまって、行けず。
明日見に行ってみようかな?

写した時に気がついていれば、必死で探したのに。
残念!


Nikon ED82+P5100 (デジスコ)



  1. 2009/08/04(火) 00:00:02|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ コサギ
  4. | コメント:0

今日はサギを

サギはめずらしくないのですが
割と近くで撮れたので、今日はサギでも。

コサギ
コサギです。
サギは、じっと立っていますね。
何分でも動かずにそこにいます。

案外小さなコサギさん。
中州でじっとしていました。


ダイサギ
こちらは、首が長いですから、ダイサギさんですね。
目のあたりに、婚姻色が出てます。
ブルーのアイシャドウはいかしてますね。

平和な河口でした。


ED82+P5100 (デジスコ 30倍)


  1. 2009/04/17(金) 00:00:09|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ ダイサギコサギ
  4. | コメント:4

鈴なり

先日から、夜、明石公園のお堀の前を通るときに、気になっていたのですが
お堀の木に、サギが鈴なりになっているのです。

公園のお堀は、JRの駅から目と鼻の先
すぐ駅前なのですが、夕方5時ぐらいになると、どこからかサギが集まってきて
お堀の木に止まります。

どうやら、コサギみたいです。
アオサギや、他のサギも混ざっているようですが
大半が、コサギ
それにしても、何羽居るのやら。

サギ
ここには、30羽ぐらい写っていますが、もう少し遅い時間だと、50羽以上(100羽ぐらい?)はいますね。
まるで、鈴なり。
おまけに、白いので、よく目立ちます。
最初見たとき、なんだろうと思ったのですが、サギだったとは。

いつも行く、サギコロよりも多いみたい。
しかし、昼間はほとんど居ないのですけどね。



FA43 F1.9 Limited


  1. 2008/11/20(木) 00:00:07|
  2. FA43 F1.9 Limited
  3. 関連するタグ コサギ
  4. | コメント:4

白がまぶしい

蓮池の近所、サギコロの近くです。

工場の屋根に、コサギがとまりました。
コサギ
コサギは、小さいシラサギです。
でも、サギなので首が長くて、足も長いです。

コサギ
もう一羽飛んできました。

コサギ
着地は完璧! 9.8です

コサギ
クチバシが黒くて、足の先だけが黄色いのが、コサギの特徴


コサギ
良い天気で、コサギのからだが、輝くような白さです。
まぶしいぐらい。


コサギ
しばらくしたら、ばっと飛び立って


コサギ

コロニーの木の方へ飛んで行きました。

この日は、アマサギを見に行ったのですが
アマサギは、遠くで見かけただけでした。

まぁ、コサギがたくさん撮れて満足。


SIGMA 170-500


  1. 2008/07/23(水) 00:00:20|
  2. ☆SIGMA 170-500 APO
  3. 関連するタグ コサギ
  4. | コメント:2

サギの舞い

K10Dの連写機能は、3.5コマ/秒とある。
同じ、CCDを使うD200(Nikon)は秒5コマ。但し、こちらは2ch読み出しで達成したスピードで、ノーマルCCDのままでは、読み出しスピードがネックになって、これ以上コマ数は上がらないらしいです。
最新機では、同クラスでも、Canon40Dが6.5コマ。D300だと最大8コマだそうだ。
技術の進歩はすごい。

と言っても、これ以上高速なカメラはさわった事が無いので解らないのと、特に困らないというか、あんまり増えると連写したあとで、整理がたいへん。
*istDの時は、バッファが満タンになって、連写できないという状況に陥った事があるが、K10Dでは、jpegではメモリが一杯になるまで連写できる仕様らしい。
普段、RAWでは撮らないので、ストレス無くシャッターが押せるという意味では、充分だろう。

さて、たまには、連写を使う。
いや、シャッターは常に連写モードにしている。
ときどき、意味もなく2-3枚押してしまうが、それは帰ってから消せば良いことで、連写したいチャンスは一瞬にして通りすぎて行くはずなので、その時に何枚か撮れれば良いと思う。
このあたりは、フィルムでは無くて、デジカメだというのは強い味方だ。

サギの舞い

これは特にWBが変ですね。
立っているのは、先日のチュウサギくんらしい(足の色からダイサギさんらしい)
足下のは、コサギさんと、マガモくんご夫妻?

サギの舞い

突然、別のチュウサギ ダイサギくんが、何かくわえてやって来ました。

サギの舞い

この後、押しっぱなし(笑)

サギの舞い

どうも、WBが安定しない。色温度で追い込むことはできるのかな?
RAWでは無いから駄目だとすると、最初から色温度を「晴天」もしくは「曇天」に固定しなければいけない。

サギの舞い

この後、何かくわえたサギくんは、遥か向こうへ飛んで行って、くわえていたものを落としたところまでは見たのですが、遠すぎて撮影はできずです。


サギの飛翔感は、すごいですね。

三脚使用ですが、雲台はビデオ雲台
ビデオ雲台というのは、オイルの粘性でゆっくり動かすことができるのです。
(理想は、レバー等で固定しなくても、手を離せばその場で止まる)
普段は、フリーにしておいて、相手が動けばゆっくりレンズを向けることができます。
カクカクした動きにならないので、良いみたいです。


SIGMA APO 170-500mm F5-6.3


  1. 2007/12/06(木) 00:00:02|
  2. ☆SIGMA 170-500 APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ ダイサギコサギ
  5. | コメント:4
前のページ 次のページ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

アオアシシギ ★街歩き・旅行 ☆花 オオヨシキリ カラシラサギ カイツブリ アジサシ コアジサシ レンカク ムラサキサギ ヨシゴイ ムナグロ ウズラシギ キビタキ ホオジロ ミソサザイ ゴジュウカラ エナガ シメ ヤマガラ ヒヨドリ コルリ コマドリ オオルリ ジョウビタキ コムクドリ スズメ ニュウナイスズメ ホウロクシギ ソリハシセイタカシギ ハジロカイツブリ ヒレンジャク キレンジャク メジロ ギンムクドリ モズ トモエガモ チョウゲンボウ コゲラ アカゲラ コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ タゲリ カシラダカ ビンズイ ルリビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ オジロビタキ ミサゴ ミコアイサ カワアイサ ホシムクドリ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ サメビタキ エゾビタキ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ケリ アマサギ コチドリ オシドリ アトリ シロハラ ウミネコ ヒドリガモ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ クロジ カヤクグリ オグロシギ ダイゼン シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ カササギ アオバト ホシハジロ スズガモ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: