FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

在庫シリーズ

在庫より、コウノトリさんです。
丹波のコウノトリの郷公園では、目の前で、巨大なコウノトリを見ることができます。
望遠だと、アップばかりになってしまって、単調でいけません。

コウノトリ
奥の2羽は、アオサギくんですね。
ドジョウとかがいるので、おこぼれにあずかろうと、やって来たのでしょう。
屋根は無いのですが、コウノトリは、片方の羽を切られているので、飛べません。

コウノトリ
大迫力ではあります。


コウノトリ
つい、興奮して、アップばかり撮ってしまいました。
引いた画像は少ないです。

もっと、考えないといけません(汗)


SIGMA 170-500 APO



  1. 2008/09/03(水) 00:00:50|
  2. ☆SIGMA 170-500 APO
  3. 関連するタグ コウノトリ
  4. | コメント:2

コウノトリの郷公園

ご無沙汰してます、鳥画像です(笑)

出石へ行ったのですが、とりあえず出石の画像は後回しにして、コウノトリです。
豊岡は、コウノトリで、町おこしをしようとしていますね。
いたるところで、見かけます。
市民会館の壁にも、巨大なコウノトリが...

と言うことで、出石から約14km
こういう機会でないとなかなかいけませんし、出石近辺の探鳥地は不案内なのでコウノトリを見に行くことにしました。

コウノトリ


施設の建物の奥がテラスになっていて、そこからすぐそこに、うじゃうじゃとコウノトリ達が居ました。
ちょっと、拍子抜け。
まぁ、一般の方には、このぐらいの方が良いのかもしれませんが。

なんと、近いこは、500mmのレンズでは全身が入りきりません。
広角側へZoomです(笑)

コウノトリ
近い上に、大きな鳥ですから。
目が、赤くて、結構どう猛そうな出で立ち。


コウノトリ
柵は有りますが、屋根はありませんので、コウノトリ用のエサを目当てに、アオサギくんたちがだいぶ侵入していました。
しかし、普段は巨大だと思っているアオサギくんよりも、コウノトリは明らかにでかいです。

ここのコウノトリは、羽の片方を短く切られているので、上手く飛べません。
エサを自力で取れるようになるよう、リハビリ中という感じです。

野生のこが一羽、となりの田んぼに飛んで行きました。

コウノトリ
発信器を付けられた鳥が居ました。
コウノトリの郷公園のホームページで、追跡できるみたいです。

コウノトリ
ざっと見ただけで、十数羽いました。

奥の方にもまだ、ケージに入ったこがいるみたいです。


コウノトリの郷公園 ホームページ

コウノトリ: (鸛、鵠の鳥、学名:Ciconia boyciana) コウノトリ目コウノトリ科
全長約110~115cm、翼開長160~200cm、体重4~6㎏にもなる非常に大型の水鳥である。羽色は白と金属光沢のある黒、クチバシは黒味がかった濃い褐色。脚は赤く、目の周囲にも赤いアイリングがある。
首と胴体が白色(風切羽が黒いため、羽をたたんでいると胴体の後ろが黒く見える)で、脚は赤い
成鳥のコウノトリは鳴くことはできないため、クラッタリングと呼ばれるくちばしをたたく行為を行うのみである。


※このコウノトリは、野鳥か?というご意見も有るかと思いますが
 一応、タグを打つことにしました。
 カササギも、ハッカチョウも、籠抜けになるのですが、タグは打っています。
 リストに入れるとか、入れないとかという問題は別にして。


  1. 2008/06/30(月) 00:00:29|
  2. ☆SIGMA 170-500 APO
  3. 関連するタグ コウノトリ
  4. | コメント:2

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KPとHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたが、暗いところで、ISO上げられるので、撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズとKPの組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オグロシギ エリマキシギ ダイゼン ホウロクシギ サメビタキ コムクドリ シロチドリ キアシシギ キョウジョシギ トウネン アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ コゲラ シジュウカラ エナガ キビタキ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ ムナグロ ツバメ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: