FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

実戦投入

ようやく、鳥見に持ち出せました、LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm
某ため池に、クロハラアジサシの大群が居るというので、りかゆんを派遣。

まぁ、止まり物は遠いし、飛んでいるのは難しい。
もちろん前からですが。
爆速というほどの事は聞かない、100-400mmですが
そこそこいけそうです。


クロハラアジサシ
150mm(換算300mm)ですね。


クロハラアジサシ


クロハラアジサシ


クロハラアジサシ


クロハラアジサシ
止まり物はこんな感じ。
だいぶ遠いです。


クロハラアジサシ
やっぱりトリミング


クロハラアジサシ
天気も良くなかったのですが、すぐにiso上限の1600まで上がってしまいます。


クロハラアジサシ


クロハラアジサシ


クロハラアジサシ


クロハラアジサシ


クロハラアジサシ
水面からの飛び出しなら、なんとか捉えられる確率が上がるようです。


クロハラアジサシ
AFポイントの設定とか、いろいろ試行錯誤してみないといけません。

実は、後日、私も同じ場所で撮ったのですが
ほんの数分で、全く居なくなってしまいました。
どうやら、ハヤブサの襲来だったようで、戻ってくるかもしれませんが、当分は無理という事で
練習の時間も無く、撤収と相成りました。




GX8 + LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm(りかゆん撮影)




  1. 2016/10/10(月) 23:10:03|
  2. LEICA VARIO-ELMAR 100-400mm
  3. 関連するタグ クロハラアジサシ
  4. | コメント:2

ED82 vs Q

今日は、ED82スコープの画像
カメラは、PENTAX K5なので、1600万画素で1500mm相当になります。
画角に関しては、2200mmと1500mmって、それほど差はありません。
これなら、導入が面倒なのを承知で、エクステ付けて、3080mmにした方が良かったかな?

ED82スコープは、ちょっとアクシデントもあり、フォーカスが重いのです。
もちろん、Qのように拡大してピントを確認するのは手間ですが(LVにすれば可能か)
見やすい光学ファインダー(対老眼、対周りの明るさ、対背面液晶の解像度)と、
レリーズの圧倒的なレスポンスの良さ、7コマ連写と、ブラックアウトがほぼ無い事...
等で、快適に撮影可能です。

7Dには及びませんが、余裕のあるバッファメモリで多少の連写はものともせずに、押したい時には何枚でも押せます。

Qは、しょせんコンデジなので、数枚押すと次に押せるまでわずかながら時間がかかります。
高速連写にするとさらに間が開くので、低速連写モードで撮ってました。
連写にするのは、レリーズボタンを押し込む時の振動を2枚目以降でパスする意図。
大きな不満は、EVFが無いので昼間は背面液晶が見にくいのと、直付けのケーブルレリーズが使えない事。
パン棒が無いので、導入が難しいこと(これはカメラとは別の話ですが)

換算5.5倍の魔力で購入してしまったQなのですが
さすがに思ったより導入が面倒です。
それでも、ジンバル雲台にパン棒を付ければもう少しましになるだろうとは思います。

昨日は、B2自由雲台で運用していたので余計でしょうか。微動が面倒です。

微動と言えば、ケンコーの New KDS マウント II ですね。
あるいは、manfrotto のギア付きジュニア雲台 410 か。
本格的に、Qを使おうと思ったら、雲台から変えないとダメかも?

と言う事で、昨日の画像より、ちょっと前です。


PK5_7056kurohara.jpg
飛び出しです。


PK5_7057kurohara.jpg



PK5_7058kurohara.jpg



PK5_7060kurohara.jpg



PK5_7062kurohara.jpg



PK5_7064kurohara.jpg



PK5_7065kurohara.jpg



PK5_7067kurohara.jpg
真横へ動いてくれたので、ピントが外れずに追いかけられました。
これぐらいの連写には充分対応できます。


PK5_7130kurohara.jpg
おっと、ユリカモメと写っていますね。
ずいぶんとユリカモメが大きく見えます。

全長(翼開長)23-29cm (64-70cm) なクロハラアジサシですが
ユリカモメが、37-43cm(94-110cm)なので、だいぶ大きさが違います。




ED82+MCアタッチメント+K-5



  1. 2012/11/19(月) 22:11:18|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ クロハラアジサシ
  4. | コメント:0

クロハラアジサシ@初見でした

今日も、探鳥
某ため池に初見のこがまた居るらしいというので、回ってみましたが
昨日の雨で増水して、それらしい姿は見えません。

途中の金網のところに、アジサシが止まっているのが見えたので
撮影することに。
アジサシは久しぶり。

それにしても、きちゃないアジサシだなぁ。
若いこかな?と思いながら撮影。

途中で知人に電話していたら
「そのこは、クロハラアジサシだよ!」との事。
あれ?クロハラアジサシも初見です。

ラッキーしました。

ちょっとスコープで撮ったあと、割とじっとしているので
PNENTAX Q で撮影していたのでした。
Q+アダプタは久しぶりです。

今日は、EF400にテレコン無しで付けたので
2200mm相当です。


IMGP4347kurohara.jpg
これで、ほぼトリミングなし


IMGP4367kurohara.jpg
拡大してピントを合わせると、けっこういけます。


IMGP4391kurohara.jpg
レンズの解放が、F5.6なので、低ISOでもけっこうシャッタースピード速いです。
※他社レンズのマウントアダプタなので、レンズの絞りは操作不能、解放以外で撮れません


IMGP4393kurohara.jpg
やはり、冬羽はあまりぱっとしませんね。


IMGP4420kurohara.jpg
クロハラアジサシは、クチバシが真っ黒なのです。


IMGP4468kurohara.jpg
このこは、割と頭が黒いです。


IMGP4482kurohara.jpg
良く知りませんが、全部で13羽ぐらい居たらしいです。
私らが見たのは、5-6羽
で、Qをセットしてからは、3羽ぐらいしか見かけませんでした。

でも、予定外のクロハラアジサシ(初見)が撮れてラッキーでした。
夏羽も見たいものです。



PENTAX Q+マウントアダプタ+EF400mmF5.6L(2200mm相当)



クロハラアジサシ(黒腹鯵刺、学名:Chlidonias hybridus) チドリ目カモメ科
体長23-29cm。翼開長は64-70cm。夏羽は頭上が黒く、頬は白い。胸、腹、背中は灰黒色、翼は灰色。嘴は暗い赤色である。冬羽では頭から腹は白く、後頭部と目の後方に黒斑がある。嘴と足は黒くなる。雌雄同色である。
-wikiより-



  1. 2012/11/18(日) 23:11:18|
  2. PENTAX Q + マウントアダプタ
  3. 関連するタグ クロハラアジサシ
  4. | コメント:0

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: