FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

りかゆん撮影分

先日会えた『クロサギ』ですが、やはり南方系の鳥のようで、このあたりでは滅多に見られないようです。
いつもお世話になっている『Yachoo オンライン野鳥図鑑』ですが、最近見たら「観察難易度」というのが増えていました。
なるほど参考になるのですが、クロサギは「難易度3」なのです。
同じサギ類で「難易度3」ですと「ササゴイ」と同じになります。
はて、ササゴイは確かに、そこらには居ませんが、某所では良く見かけます。
なかなか難しいですね。
難易度の高めの鳥としては、まぁまぁ見ることができる鳥という事なのでしょうか?
やはり、まだまだ駆け出しですね。

という事で、りかゆん撮影分ですが
りかゆんは、500mmなので、遠いと「豆粒」になってしまいます。
それでも、ばっちりピントが来ていればトリミングも可能なのですが。

クロサギ
遅いといってもAFなので、大外しが無ければ、そこそこピントが来ますので、とびモノとか有利です。


クロサギ
これはだいぶトリミングしてます。


クロサギ
これは、目が出ていませんね。残念です。




α550+REFLEX500mm(りかゆん撮影)




  1. 2011/08/18(木) 23:08:16|
  2. 500mm F8 Reflex[α]
  3. 関連するタグ クロサギ
  4. | コメント:0

クロサギ 飛翔

光学1000mm超で、飛び物は苦しいのですが、飛び出しの場合は、何枚かは撮れます。
ただし、MFなので、だいたいピント合わせが追いつきません。
それでも、ダメもとで撮りますね。執念でしょうか(笑)

まぁ、何枚か撮れたのを貼っておきます。
もっと、ISOを上げて、シャッタースピードを上げておけばよかったですが。

クロサギ
これは、昨日の一枚目の直後です。
しっかり、羽が切れてしまいました。


クロサギ
これは、岩礁からの飛び出し直後ですが
ピン甘というより、被写体ブレのようです。
1/320秒なんですが、ダメですね。


クロサギ
中でも、これはましなほう?


クロサギ
しかし、黒い鳥は露出が難しいですね。
白い鳥も難しいですが。


クロサギ
という事で、以上です。


クロサギには、白色型が居るという話は昨日書きましたが
同じ個体かどうかは不明ですが、先日、もう少し西のほうで、目撃されたクロサギは、黒色型と白色型が一羽ずつ居たそうなのです。
で、私が撮影した次の日に見に行った人から、「白色型みたいなこがいたよ!」という電話をいただいて、画像も送っていただいたのですが、ただのコサギなのか、白色型なのか区別が付きにくかったです。

他の方からも、どうやら「コサギ」らしいという報告をいただきました。
残念ながら、コサギだったようですね。
世の中、そう上手くはいかないですね。




ED82+MCアタッチメント+K-5




  1. 2011/08/17(水) 23:08:16|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ クロサギ
  4. | コメント:3

クロサギって、知ってました?

シラサギ(白鷺)というこは、居ません。
白いサギは、ダイサギ、チュウサギ、コサギや、アマサギの婚姻色が出ていない固体等のことを一般に「シラサギ」というだけなのです。

が、クロサギは居ます。
夏原武原案、黒丸による漫画作品ではありません(汗)

話だけ聞いていたのですが、クロサギが居るというので、見に行って来ました。
なんと、朝5時、7時、9時と3回も電話が入ってましたが、もちろん寝てました(笑)

割と近所なのですが、どうやって車で入っていくのか?
ちょっと悩んで、再度電話です。

何とかたどり着いたら、「あの向こうのテトラポット(注;消波ブロックの事)に居るよ」というので、カメラを持って移動です。
テトラポッド(注;同上)の中に入ったきりだというので、双眼鏡で探したら「居ました、居ました!」


クロサギ
しばらくしたら、上の方に移動してくれました。
墨で塗ったような、グレーの体
やや短くて、太い足は黄色です。


クロサギ
2度飛んで、川原へ降りました。
バーダー達も、わらわらと移動です(笑)


クロサギ
クチバシも長いですね。


クロサギ
大きさ的には、コサギに近いのですが、足が短い分、クロサギのほうが少し大きいみたいです。


クロサギ
今回は、クロサギの黒色型なので、分りやすいのですが
なんと、クロサギには、白色型が居るのだとか!!
白いクロサギを見分けるのは、なかなか至難です(というか普通はスルーしてしまいますね)

なかなか珍しいこなので、今度いつ遇えるかですが、白色型にもお目にかかりたいものです。



ED82+MCアタッチメント+K-5




クロサギ(黒鷺、学名:Egretta sacra) コウノトリ目サギ科
全長は63cm。中型のサギ。黒色型と白色型が存在する。
・黒色型 - 全身を覆う羽毛はすすけた黒色。
・白色型 - 全身を覆う羽毛は白色。
黒い羽と白い羽が両方ある(体色が灰色というわけではない)中間型も少数存在する。
雌雄同色である。九州以北に多い黒色型は黒い岩場に適応し、南西諸島に多い白色型は白い砂浜・サンゴ礁に適応したものと考えられている。
後頭部に房状の短い冠羽があるが、雄の方がやや豊かである。また、繁殖期に白色型は黒色型よりも冠羽が伸びる傾向がある。嘴は太くて長く、色は淡いオリーブ色、褐色、黄褐色など個体変異が激しい。足は比較的短く黄緑色または緑褐色の個体が多い。虹彩は黄色で、眼先は黄緑色である。






  1. 2011/08/16(火) 23:08:16|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ クロサギ
  4. | コメント:0

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 シマアカモズ シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ カシラダカ ホオジロ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ エナガ コゲラ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: