FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

キリアイのアップ

先日の鳥見で、実戦に投入したDSC-W300
新しい機材は、やはり慣れません。

めずらしいと言うこともあって、キリアイをたくさん撮ったので
近いものをさらにトリミングしてみました。

実は、後から気がついたのですが、最高画質で1300万画素のところ、一段下の800万画素で撮影していました。

キリアイ
その前までの、NikonP5100はの時は、最後、主にKDS改雲台を使っていましたので、雲台も変わっています。
雲台に関しては、KDS改の微動装置も魅力なのですが、雲台自体が重いこと(三脚全体のバランスが悪いのです)と、微動装置のハンドルが離れているのが不満でした。
謎の挙動(突然動いてしまう)もありましたし。


キリアイ
今回のジンバル雲台は、少しだけフリクションをかけてやると、「手を離した反動で動いてしまう」とか言うことが無くなるので良いのでが、フリクションの微調整は少し難しいのです。


キリアイ
W300自体の初期設定は、この辺を参考にして決めました。


キリアイ
干潟で鳥を追いかける場合、シギチは歩いて移動ですから、どんどん画面の外へ出て行ってしまいます。じっとしていません。
少し予想を立てて、先回りして構図を決め、AFをスタートさせたりするのですが、向きを変えてしまったりと、導入→構図決定 が一番問題です。


キリアイ
AFは、中央ワイドと、中央スポットAF、そして自動AFポイントです。
自動というのは、カメラが適当に判断して(手前側優先かな?)AFを合わせます。
その前の設定時に、自動AFにしてほったらかしていたので、そのまま撮影を開始してしまいましたが、導入がだいたいいい加減なので、自動も良かったのかもしれません。

きちんとした止まりモノ(枝止まりとか)だと、近めだったら鳥の顔のあたりへAFポイントを持って行くのが理想なのですが、干潟の鳥は、構図を決めてからAFポイントを移動する暇は与えてくれません。
中央ワイドもしくは、自動AFが良いのかもしれません。


キリアイ
液晶はそこそこ見やすいです。
でも、合従マークが出ても、何となくピンぼけの時があるので、要注意です。
何でだろう?
P5100の時は(特にズームUP時)何度合わせても、合従せず、少しワイド側にズームアウトして撮ったりしましたが。
合っているように見えて合ってないのは困ります。(液晶で見ていても合ってないように見えるのですから)


キリアイ
W300の良いところは、シャッターフィールでしょうか。
カッシャン、カッシャン、カッシャンと、ほぼ秒1コマだったP5100と違い
カシャ カシャ カシャ カシャ カシャと、小気味よくシャッターが切れます。ほぼ倍の速さですから。
5-6枚ぐらいで、書き込みが固まるP5100に対して、5-6枚の連写ではストレス無くどんどん撮れるという感じです。
9コマまでは全く問題なく、それ以上でも高速メモリなら無限連写という事ですが、そんなに撮ってもあとでしんどいので、4-5枚ずつ撮ることにしていました。
待たされる感じが無いのは良いです。

まだまだ、設定を追い込んでいませんが
これから使い込んでいきたいと思います。



Nikon ED82+SONY DSC-W300(デジスコ) トリミング 


  1. 2009/09/03(木) 00:00:30|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ キリアイ
  4. | コメント:0

久しぶりの鳥見

振り返ってみれば、8月7日にアオバズクの雛を見に行って以来、鳥見から遠ざかっておりました。
実際には、近所の河口とかにも行ったのですが、ほとんど何も見かけず、本当に久しぶりでした。

よく「鳥枯れ」とか、言うのですが、本当に何もいないのですよね。
高原とか行けば良いのですが、なかなかそう言うわけにもいかず、お盆は高速も混むしね。

と言うことで、ぼちぼちと秋の渡りのこが来ているよと言う、いつもの干潟へ行ってきました。

人が居たらどうしようと思っていたのですが、何人かいた人たちは鳥見の方達なので大丈夫です。
上から見たら、チドリが何羽か見えたので、降りていくことに。

キリアイ
キリアイです。
キリアイは初見です。


キリアイ
一羽だけでしたが、あまり人が恐くないのか、結構近くへ寄ってきてくれました。


キリアイ
キリアイは、割とクチバシが長いので、砂の中の小さな生き物を探して食べてるみたいです。
思いっきり、砂の中にクチバシを突っ込んでいますね。


キリアイ
角度が悪いのか、アイキャッチが入った画像がありませんでしたが
キリアイはたくさん撮れましたので、大満足です。


久しぶりの鳥見は、先日届いた、デジスコ用の新しいコンデジ
SONY DSC-W300のテストを兼ねて、ほぼデジスコだけで撮りました。

実戦投入の感想は、また明日にでも。



Nikon ED82+SONY DSC-W300(デジスコ)


キリアイ 錐合 学名:Limicola falcinellus チドリ目シギ科
日本では旅鳥として春と秋の渡りの途中に飛来する。かつては大群が見られたこともあったが、近年は小規模の群れが観察されるだけで渡来数は多くない。
体長約16cm。嘴は黒色で幅が広く、頭部によりも長くて先端部は下にわずかに曲がっている
成鳥夏羽は、背や肩羽が黒褐色で白色や赤褐色の羽縁がある。背には黄白色のV字斑がある。眉斑は白く、目の先で二つに分かれる。顔から腹にかけての体の下面は白く、顔から胸にかけて黒褐色の縦斑がある。成鳥冬羽は、体の上面が灰褐色になり、体の下面の縦斑の色も淡くなる。
雌雄同色である


  1. 2009/08/31(月) 00:00:30|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ キリアイ
  4. | コメント:2

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

カシラダカ ホオジロ クロジ ミヤマホオジロ ★街歩き・旅行 タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ エナガ コゲラ シジュウカラ キビタキ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コチドリ コアジサシ アマサギ ミソサザイ オオルリ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ シロハラ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ アトリ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ サメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ オオハシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ モズ チョウゲンボウ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ イカル オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: