FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

オニバスとカルガモ

魚住から、寄り道をして帰るときに、ふと国道の脇を見たら、オニバスが見えました。
現在では全国的に自生地の消滅が相次ぎ絶滅が心配されていることもあり、オニバスを含めた環境の保全運動も起きています。
そう言えば、夏前に新聞に載っていたのを思い出した。

オニバス

独特の葉っぱです。
この、突起がオニバスと言われる所以でしょう。

オニバス
もう、繁殖の季節をすぎているので、腐敗しかけています。
もっと勢いのあるときに見れば良かった。

オニバスとカルガモ
隣にも池が有ったので、見に行ってみると、カルガモがいっぱいです。

こんなところに、カルガモ池が有るとは。
こちらの池には、オニバスは見かけませんでした。

このあたりは、茅(ススキ)がいっぱいですが
この一角だけ、キリン草が茂っていました。
キリン草
秋色ですね。
SIGMA APO 70-300mm

オニバス(鬼蓮)
スイレン科の一年生の水生植物である。浮水性の水草であり、夏ごろに巨大な葉を水面に広げる。


また、夏頃に見に行って見なければ。

  1. 2007/11/10(土) 00:00:04|
  2. SIGMA 70-300mm APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ カルガモ
  5. | コメント:0

リベンジ・シリーズ

さて前回撮ったのだけど...と言う鳥が何種か居る。
ケリは遠くて、写りがいまいちだったし、オオヨシキリは小さくてブレブレだった。カルガモももう一つ(って、みんなダメぢゃん)


ひっひっひっひーと鳴き声がする。(鳴き声訂正)
おぉ!セッカが居る...しかし、姿が見えない。

頭上を黒い鳥が2羽飛び越えて行った。
翼に白い班!これはハッカチョウだ...が間に合わず。


では、気を取り直して・・・
ケリです
ケリ
とにかく、大きな声で鳴きます。1羽しか居なかったのに騒がしいこと。


ケリ
口が開いていますね。


カルガモは、子供が見えませんでした。
つがいが池で泳いでいましたが、ふと畑の奥を見ると、あれは鳥?!
畑の畦に何か有ると思ったら、カルガモさんでした。
カルガモ
今回は結構近くで撮れた事もありますが、ぶれてないので拡大しても画像が鮮明な気がします。


カルガモ
できれば親子も撮りたかったです。


さて、問題のオオヨシキリ
この前の場所で声がします。
オオヨシキリ
ギョギョシとうるさいですし、ヨシにとまっているので、見つけやすいです。
これだと前回とあまり変わらない・・・

しばらくしたら、ヨシの上の方へ移動したので、しめた...と思って、反対側(土手側)へ移動してみました。
オオヨシキリ
逆光ですが、(撮影時)少し露出補正したら、割といけます


オオヨシキリ
自慢のポーズで、大声で鳴きます。
ちょっとリベンジに成功しました。
一脚イイ感じです。




  1. 2007/05/30(水) 00:00:29|
  2. SIGMA 70-300mm APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ ケリカルガモオオヨシキリ
  5. | コメント:0

新しい探鳥地 3

そろそろ飽きて来ましたか?
鳥は今日で最後にしましょう。
帰り際に見た カルガモ です
カルガモ
目のあたりが特徴的
と言うか、連れだって泳ぐ姿は定番です。
やはり、右が雄かなぁ?
この後、左の親に連れられて親子の行列で泳いで行きました。お父さんはお留守番か?

カルガモ:カモ目 カモ科
体長は 60cm 前後であり、カモ類の中では大きい。また全身が茶褐色で地味、尾に近づくほど濃い茶色になる。
嘴の先端が黄色いのがこのカモの特徴
カモ類の多くはオスメスの見た目の差が顕著(オスが鮮やかな色彩)であるが、本種は珍しく雌雄同色同柄である。

コサギ
コサギが飛んできて

コサギ
とまりました。
コサギは、足の指?だけ黄色いのです。

う~ん。しかしいまいちの撮影
もっと腕を磨かねば。

スズメ
ただのスズメです


スズメ
いや、空がすごく青く撮れたので。

ここは、自宅から車で20分ぐらいのところ。
まだまだ、いろんな鳥がいて楽しいです。

撮影がいまいちなのは、やはり手ぶれが原因でしょう。
カメラの手ぶれ補正が有るとはいえ、換算で650mm以上を手持ちで撮ろうというのが間違いなんでしょうね(私の場合)
三脚か一脚を使うかなぁ。


  1. 2007/05/23(水) 00:00:22|
  2. SIGMA 70-300mm APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ カルガモコサギスズメ
  5. | コメント:4
前のページ

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 チョウゲンボウ ジョウビタキ メジロ コゲラ アカゲラ ☆花 コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ アオアシシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ コアジサシ オオヨシキリ カシラダカ ビンズイ タゲリ ルリビタキ スズメ ヤマガラ キビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ オジロビタキ カワアイサ ミサゴ ミコアイサ ホシムクドリ モズ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ エナガ サメビタキ エゾビタキ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ミソサザイ ケリ アマサギ コチドリ ムナグロ ヒレンジャク ハジロカイツブリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ コムクドリ シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ ホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: