FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

気をよくして(笑)

昨日、ホワイトバランスの救済がうまくいったので
気をよくして、今日もWB失敗作より、補正してはります。

カルガモ
実は、前半は割りと近くで撮れたのですよ。
もう少し、大きくなった雛の家族なのですが。


カルガモ
この家族のほうが、数が多かったです。


カルガモ
もう、だいぶ大きいので、親を追い越したりしていました。


カルガモ
やっぱり、雛ですから、かわいいです。


ED82+MCアタッチメント+EOS40D(WB補正済み)



  1. 2010/06/10(木) 22:06:06|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ カルガモ
  4. | コメント:2

カルガモの雛

日曜なのでいろいろ回ったのですが、ムナグロもオグロシギも見つかりませんでした。
残念ですがしょうがありません。

必ず居るだろうと、行ったところは、カルガモの雛
少し前から、雛が孵っているので、少し大きくなっているなぁと思って見ていると
割と小さな雛を連れた親も居ました。
後から孵ったのでしょうか?

小さい雛はかわいいですね。
まだ幼いので、ひとかたまりになっています。
少し大きな雛たちは、少しばらばらになって、勝手に泳ぎだしているのが面白いです。

カルガモ
最初、真ん中の島で見つけました。


カルガモ
奥でひとかたまりになっているのは、もう少し大きな雛です。
だいぶ大きさが違います。


カルガモ
泳ぐときは、ひとかたまりになってかわいいですね。


カルガモ
これぞ、カルガモの行進という感じ。


カルガモ
遅れずに付いていけるかな?


カルガモ
ちっちゃくても、ちゃんとカルガモの模様ですね。
普段はあまり撮らないカルガモですが、雛はやっぱりかわいいです。


ED82+MCアタッチメント+EOS40D



  1. 2010/06/06(日) 23:06:06|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ カルガモ
  4. | コメント:2

カルガモ☆行列

カルガモさんの続きです。
やはり、カルガモと言えば、親子の行列ですよね。
これを撮らねば...と思ったのですが、デジスコでは追い切れず(涙)

でも、そう言うときには、りかゆんです。
ちゃんと、押さえていました。

カルガモ
先に行っちゃダメよ~!


カルガモ
まだまだ、小さいんだからぁ~!


カルガモ
やっと追いついた。


カルガモ
ちゃんと、付いていらっしゃいよ~!

と言うことで、行列完成です。


E-510+ED70-300 (りかゆん撮影)



  1. 2009/06/12(金) 00:00:07|
  2. ☆E-510
  3. 関連するタグ カルガモ
  4. | コメント:0

カルガモの親子

新聞に、カルガモも親子が何組も子育てをしているというのが載っていたので
行ってきました。

実は、カルガモの親子連れはちゃんと見たことないのです(汗)
池の名前で、地図を検索
すぐに見つかりました。

周りはみんな田圃で、そろそろ田植えの季節です。
お目当ての、カルガモの親子は...居ました、居ました。

三家族?もっと居るのかな?
とにかくたくさんいます。

カルガモ
真ん中に、島があるのですが、ちょうどそこが繁殖地になっているようで、カルガモの楽園になっています。


カルガモ
このこ達は、もうだいぶ大きくなっているみたいで、動きも速いし、親にくっついていません。


カルガモ
それでも、これぐらい大きさが違うのですが。


カルガモ
こっちの子達は、まだだいぶ小さいみたいです。
かわいいですね。

数えたら、ヒナが14羽も...
おかあさん、がんばれ(笑)


カルガモ
この後、親について泳ぎだしたのですが
泳がれると、けっこう速くて、ピントが追いつきませんでした。
やはり、腕が悪いです。


Nikon ED82+P5100 (デジスコ)




  1. 2009/06/11(木) 00:00:07|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ カルガモ
  4. | コメント:2

先日の公園の

残りものです。
マガモ

最近は、寒い日が続いていたのですが、今日の朝方は、やや暖かでした。
寒いと言っても、例年並みぐらいだと思いますけど。
それまでが結構暖かだったので、こたえます。

カルガモ

この写真の頃は、結構暖かで、鳥見も楽だったのですけどね。
と、思い出してみる。

ヒドリガモとユリカモメ

鳥さんは、寒いのでしょうか。
寒いのが嫌な鳥さんは、もっと暖かいところへ渡って行くのかな?


りかゆんの鷹の目は、OLYMPUSのE-510なのですが、
先日、ファームウエアのVerUPが有り、純正レンズ以外(マウントアダプタ経由のレンズ:旧OMレンズなど)でも、手ぶれ補正が可能になりました。
もともと、フォーサーズマウントは、マウント経と、フランジバックの関係だと思いますが、いろんな(他社の)レンズをマウントアダプタ経由で付けることが出来ます。
他社製レンズや、旧レンズで、手ぶれ補正が効くのは、すでにPENTAXのボディ内手ぶれ補正機構で採用されており、手入力でレンズの焦点距離を入れると、その焦点距離に合わせて『手ぶれ補正』が出来るという方法です。
PENTAXのカメラでは、事実上、旧MFレンズか、M42レンズぐらいになるのですが、OLYMPUSだと、Nikonのレンズも、ヤシコンも、MFなのを我慢すれば手ぶれ補正レンズに変えることが出来るというわけです。
これは、ちょっといいかも?ですね。
で、何をするのか?と言われると、すぐには何もしないのですが。

ご存じない方は、OLYMPUSのHPをご覧ください。


SIGMA APO 170-500mm F5-6.3


  1. 2008/01/31(木) 00:00:13|
  2. ☆SIGMA 170-500 APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ マガモカルガモ
  5. | コメント:2
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: