FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

在庫のカイツブリ

今日は、カイツブリを少し。
カイツブリは夏羽と冬羽でだいぶ印象が変わります、
雌雄同色なんで、雄も雌も同じように子育てに参加するのだと思います。
※雄が綺麗なカモ類等は、ほぼ雌だけが子育てします。

さて、カイツブリ
wikiによると
標準和名「カイツブリ」は、水を「掻いて潜る(掻きつ潜りつ)」が転じたか、「カイ」は、たちまちの意で、潜る時の水音が「ツブリ」に転じたとする説が有力。
さらに瓢箪のような体の形などから「櫂(かひ)と瓢(つぶる)」との説や、繰り返し頭から潜る「掻き頭潜(つぶ)り」などの説もある。
この「かいつぶり」の和名は室町時代以降みられるになった。
古名の「ニオ(にほ)」は水に入る鳥が転じたのが由来。奈良時代には「にほどり」「みほとり」と称されていた。
漢字「鳰」も「水に入る鳥」を意味する会意字。和製漢字である。

ともかくよく潜ります。

あと、けけけけけ...というような変わった声で鳴くのですが、鬼平犯科帳(中村吉右衛門)で水辺のシーンで、カイツブリの声が入っているのをよく耳にします。
鳥見をするまで、何の音だか分からなかったですが、カイツブリの姿が思い浮かぶようになりました。


カイツブリ
営巣中です。


カイツブリ
何羽も孵っているのですが、卵もあるみたい。


カイツブリ
割と大きくなっているからか、親鳥の背中に乗る時期は過ぎてしまったようです。
残念。


カイツブリ


カイツブリ


カイツブリ


カイツブリ
ザリガニを捕らえたようです。


カイツブリ
結構イケメンです。



PENTAX KP + HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW


  1. 2020/08/02(日) 21:06:21|
  2. DA560mmF5.6ED
  3. 関連するタグ カイツブリ
  4. | コメント:0

探鳥地めぐり 2

オオバンの次に見つけたのは、カイツブリくん
カイツブリを見つけたと思ったら、雛が居ました。

親は、雛を見捨てて逃走(笑)

遠くから、雛を呼びます。
雛は、最初「何が何やら?」状態でしたが、
じきに、親の呼ぶほうへ泳いでいきました。


カイツブリ
雛です。
親はすでに逃げました。


カイツブリ
まだ、潜れません。


カイツブリ
”ふわふわ”の”しましま”ですね。


カイツブリ
もうちょっとです。


カイツブリ
こっちは、親鳥です。




EOS40D+EF400mmF5.6L+EXTENDER 1.4x




  1. 2012/07/10(火) 23:07:08|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ カイツブリ
  4. | コメント:0

カイツブリ

カイツブリはよく見かけますが、なかなか上手く撮れません。
警戒心が強くて、すぐにもぐって逃げるので。

この時は、車の中からだったので、気づかれずに済んだのかも?
割と近かったです。

カイツブリ
にらんでいるわけでは無いと思います。


カイツブリ
水玉が乗ってますね。


カイツブリ
よく水辺で、ケレレレレレレレ...とカイツブリの声が聞こえます。


カイツブリ
これで、成鳥冬羽。
夏羽とはだいぶ様子が違います。


カイツブリ
どうやったら、水面に立ち上がれるのでしょうね?

動きが早くて、Qでは追いつかないので
近くに来たときに、EOSで連写しました。


今日から11月
今年もあと二ヶ月になりました。




EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン




  1. 2011/11/01(火) 22:10:30|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ カイツブリ
  4. | コメント:2

カワセミ池の住人

カワセミ待ちの合間に撮った鳥達です。

愛想が良かったのは、カイツブリ
たぶん、若いこだと思います。警戒心薄いです。

カイツブリ
浅瀬で、せっせとエサ取り。
ザリガニか何かでしょうか?


カイツブリ
おぐしが乱れっぱなし。


カイツブリ
何度も愛想を振りまいてくれました。


ウグイス
あとは、珍しく撮れたウグイスくん
モズ子さんは、ピンボケでした。


カワラヒワ
カワラヒワは、空抜けなので、プラス補正したら、真っ白になってしまいました。
だいたい、明るめに出るので、-1EVぐらい補正してます。
スコープは逆光に弱いみたいです。



EOS40D+ED82+カメラアタッチメントMC



  1. 2010/04/06(火) 22:04:04|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ カイツブリウグイスカワラヒワ
  4. | コメント:0

ずいぶん近い

オシドリは遠かったですが
カイツブリは近くへ来てくれました。

素早く導入、素早く撮影です(笑)

カイツブリ
距離は1/3ぐらいでしょうか?


カイツブリ
近いと、解像度がちがいますね。


カイツブリ
ほとんど補正も不要ですし。


カイツブリ
ちなみに、冬羽です。
夏羽ばかりに馴染みがありますが、ずいぶんとちがいます。
夏羽の方が精悍な感じかな?

さすがに一眼レフでは無いので、飛び出しとかは撮れませんでした。
お隣の大砲の方は、AFポイントをオートにしておいて、ダットサイトだけ見てメクラ撃ちをしていましたが、意外とピントも来ているなぁと、機材任せの撮影を見直しておられました。


ED82+DSC-W300(デジスコ)



  1. 2009/11/11(水) 00:00:08|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ カイツブリ
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ☆花 オオヨシキリ カラシラサギ カイツブリ コアジサシ アジサシ レンカク ムラサキサギ ヨシゴイ ムナグロ ウズラシギ キビタキ ホオジロ ミソサザイ ゴジュウカラ エナガ ヒヨドリ シメ ヤマガラ コルリ コマドリ オオルリ ジョウビタキ コムクドリ スズメ ニュウナイスズメ ホウロクシギ ソリハシセイタカシギ ハジロカイツブリ キレンジャク ヒレンジャク メジロ ギンムクドリ モズ トモエガモ チョウゲンボウ コゲラ アカゲラ コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ アオアシシギ エリマキシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ カシラダカ タゲリ ビンズイ ルリビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ オジロビタキ ミコアイサ ミサゴ カワアイサ ホシムクドリ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ サメビタキ エゾビタキ メダイチドリ ソリハシシギ セイタカシギ ベニアジサシ ケリ アマサギ コチドリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チフチャフ コハクチョウ オオハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ カササギ アオバト ホシハジロ スズガモ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: