FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

オバシギに接近

さて、今日は2つ目

サンショウクイを見ていたときにご一緒だった方が、行ったことの無い干潟の話をしておられて
結構ロケーションが良くて、いい背景で撮れるよ...という話をしておられました。

同時に別の方は「ほとんど何にもいない」と言っておられたのですが
まだまだ暑いので、海遊びの人もいるとシギチは寄って来ませんからね。
そのときのタイミングかもしれません。

ということで、ちょっと偵察に行くことにしました。
昔に行った事はありますが、鳥見を始めてからは行ったことがありません。
サンショウクイも撮れたので、心に余裕がありますから(笑)何もいなくてもいいかな?という感じです。


行ったら、やっぱり何もいませんでした。
しかし、初めて来たのでポイントがわかりませんから、少し移動してみましょう。
あっちの岩場の方に何かいるかも?

幸いなことに、行った頃から潮が引き出しました。

何か動くものが見えたので、ぐるっと回り込んでみると、シギチがいるみたいです。
さて、なんだろう?

オバシギ
岩場にオバシギが二羽
先日は遠かったですが、今度のほうが少し近いです。


オバシギ
中州がつながったので、迂回して回りこんでみました。


オバシギ
そろそろと、近づいて何枚かずつ押します。


オバシギ
二羽のオバシギは、石の間の虫か何かを食べるの忙しくて
こっちはあまり気にしないみたいです。


オバシギ
一枚目以外は、全部トリミング無しなのです。


オバシギ
実は、数百枚押したので、整理が大変だったのでした(笑)
それでも、近いと良い絵が撮れるので、ついついたくさん押してしまいます。
いろんなポーズの、オバシギさんが撮れました。
背景も良い感じです。



EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン(MF)



  1. 2010/09/21(火) 22:09:19|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ オバシギ
  4. | コメント:0

楽園

遠征の帰り、ちょっと干潟に寄ってみました。
前に来たときには、オオソリハシシギを見たところです。

今回は中州にたくさんのシギチがいました。
ざっと50羽...
しかし、遠い上に400mmなので大きく写せません。
そうだ、テレコンを付けよう。
ちょっと大きくなるかな?

オバシギ
手前に居た二羽が、割と大きくて柄がはっきりしています。
なんか、未見のこみたいなのですが、例によって名前が分かりません。

帰って調べたら、どうやら「オバシギ」みたいです。


オバシギ
絞りがF8で、これでいいや...と思っていたら
よく考えたら、テレコン付けていたので「開放」でした。
割と明るかったので、一段だけでも絞ればよかったです。
残念!


オバシギ
オバシギは結構立派です。
夏羽は茶色いと思うので、これは冬羽なのかな?



オバシギ
二羽だと思っていたら、三羽いましたね。

中州は、人が近寄れないので、しばしシギチの楽園になっていました。


EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン(MF)


オバシギ(尾羽鷸、学名:Calidris tenuirostris) チドリ目シギ科
シベリア北東部で繁殖し、冬季はインド、東南アジア、オーストラリアに渡り越冬する。
日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時に全国各地で普通に見られる。
全長28cm。夏羽は頭部から胸にかけて黒い斑が密にあり、脇にも黒褐色の斑がある。背から上面は黒褐色で白い羽縁があるが、肩羽に赤褐色の斑がある。腰は白い。腹は白く黒斑がある。冬羽では、体上面が灰色っぽくなる。雌雄同色である。嘴は黒く、頭部の長さより長い。
-wikiより-




  1. 2010/09/11(土) 22:09:09|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ オバシギ
  4. | コメント:4

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: