FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

在庫のオグロシギ

さて、急に暑くなったかと思ったら、雨が降って夜は寒いです。
なんか変な天気ですね。
梅雨ですが、晴れの日が多いし。

今日は6月30日。
6月30日に行われる神事が 「夏越祓(なごしのはらえ)」だそうです。

室町時代の御所で、この「夏越祓」の時に「氷室」から氷を取り寄せ、暑気払いをしたことにちなんで作られた
三角形のお菓子が「水無月」というんだと言う話を SNS で読みました。(三角は氷辺をあらわすそうです)
どうやら、京都を中心とした、一部の地域でしか見かけないそうです。

ういろうの上に小豆が乗って美味しそうなんですが、たねやでは2日限定で販売されるとか。

*

さて、久しぶりに、鳥を貼ろうと思ったのですが、最近全然撮ってません。
うんと古いりかゆんの在庫で貼ってないのがあったので、タシギをレタッチしたのですが、全然良くありません。
気を取り直して、オグロシギを貼ります。
なんかいまいちだと思っていたのですが、緑かぶりを修正したらましになりました。

と言うことで、オグロシギです。
この日は平日で、私は見ることができませんでしたから、りかゆんの撮影のみです。


オグロシギ
2年ぐらい前です(汗)


オグロシギ
綺麗な夏羽(♂)


オグロシギ
このこは、雌です。


オグロシギ
少しだけリングボケが出てますね。


オグロシギ
ペアダンス。


オグロシギ


オグロシギ


オグロシギ


オグロシギ




α37+REFLEX500mm(りかゆん撮影)




  1. 2015/06/30(火) 23:04:27|
  2. 500mm F8 Reflex[α]
  3. 関連するタグ オグロシギ
  4. | コメント:0

撮る前に飛ばれた

今日は久しぶりに鳥見
実は昨日、オグロシギが見たいという知人がいたので、りかゆんだけ先行して偵察
うまく会うことができました。

オグロシギは、滅多に会えませんが、
一昨年だったかちょうどつがいでいるところを教えていただいて見ることができました。
それ以来です。

という事で、今日も居るかと出かけたのですが、着いたら遠くに見えたので、少し近寄ろうと回り込んだら、姿が見えませんでした。
探したのですが見つからず。
他のこは見えたので坊主ではなかったのですが
オグロシギは押せずじまいでした。

実は昨日のりかゆん撮影分も整理ができてないのですが
一枚だけ貼っておきます。


オグロシギ
結構近いです。
左が夏羽のオグロシギ
右はまだ冬羽のようです。

大きくて立派です。
クチバシ長いし。


という事で、整理、整理。




α37+REFLEX500mm(りかゆん撮影)



  1. 2013/04/28(日) 23:04:27|
  2. 500mm F8 Reflex[α]
  3. 関連するタグ オグロシギ
  4. | コメント:0

オグロシギに最接近

さらに、オグロシギに接近してみました。
オグロシギは、ときどき固まるのですが、
こっちも固まってじっとしていると緊張が解けるのか、また餌を漁りだします。

またまた、ちょっと接近です。
近くに見えても、相手は小さいです(チドリほどではありませんが)


オグロシギ
だいぶ大きく写せました。


オグロシギ
大きくトリミング。


オグロシギ
とうとう飛んでしまいました。


オグロシギ
飛んでいる姿が一枚だけ撮れました。



だいぶ暖かくなりましたが、まだ近所の桜は2-3分咲き
明日の朝も冷え込むそうです。
昼間は暖かくなって、それ以降はようやく春の陽気だとか。

春よこい!




ED82+MCアタッチメント+K-5




  1. 2012/04/07(土) 22:04:01|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ オグロシギ
  4. | コメント:0

続いて、オグロシギに接近

久しぶりのシギチの大物だったので、興奮して押しすぎましたから(笑)
整理に手間取っていますが、引き続き、オグロシギに接近できました。

例によって、ジグザグ接近作戦です。
オグロシギに緊張が走ると、こちらもフリーズして様子見。


オグロシギ
天候のせいか、レンズかボディ側の調子が悪いのか
ホワイトバランスが安定しません。
晴天で固定にすればよかった。


オグロシギ
向こうでボケているのは、ヒドリカモとかです。


オグロシギ
こうやって見ると立派なシギですが
実際にはそんなに大きな鳥ではありません。
だいぶ前に、夏羽(茶色)のオグロシギを見ましたが、冬羽はやはり少し地味です。


オグロシギ
先日から、オグロシギは一羽だったそうで
割とホウロクシギとつるんでましたが、カモメの群れに混じっているホウロクシギも見たことありますし
やはり仲間がいると安心なのかも?

さて、もうちょっと接近できるか?




ED82+MCアタッチメント+K-5




  1. 2012/04/05(木) 23:04:01|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ オグロシギ
  4. | コメント:0

雨中探鳥 III

今日は、オグロシギです。
エリマキシギとかを撮っているときに、鳥仲間から、近くで『オグロシギ』を撮りましたというメールが入ったので、早速場所を聞いて移動です。
というか、連れて行ってもらったのですが。

このあたりは田圃ばかりで、どの田圃やら聞いてもさっぱり分かりませんので。

ということで、着いたらお留守だったのですが、「じゃ、探してみます!」と分かれたら、すぐにバックしてきて、指差すので、そちらへ向かうと、ちゃんといてくれました。

やっぱり、他力本願です(汗)

オグロシギ
足が長くて、クチバシも長いです。
すごく立派なシギですね。


オグロシギ
もう一羽の個体
こちらのほうが、褐色が綺麗です。
オグロシギは雌雄同色だそうですが、メスのほうがやや色が薄いとか。


オグロシギ
頭の柄がはっきり見えますね。
このこのほうが、やや幼い顔のような気がしますが。


オグロシギ
クチバシがまっすぐで、立派です。
やはり、夏羽は綺麗ですね。


オグロシギ
今回、雨中探鳥で、ずいぶんたくさん撮れて大満足です。
撮影は、手持ちで辛かったですが、相手がいればこそです。


オグロシギ
尾羽の真っ黒な部分が見えています。
名前の由来に納得です。


オグロシギ
最後に、いい感じのツーショットを。
珍しいオグロシギにもあえて、良い鳥見になりました。


EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン



オグロシギ(尾黒鷸、学名:Limosa limosa) チドリ目シギ科
和名は尾羽が黒いことによる。
全長約38cm。雌の方が雄よりも体がやや大きい。
雄の成鳥夏羽は、頭部から胸が赤褐色で、頭頂から後頸にかけて黒い縦斑がある。
顔には白い眉斑がある。体の下面は白く、赤褐色と黒褐色の横斑がある。
上尾筒は白色で尾羽は黒く、飛翔時にはよく目立つ。
成鳥雌の夏羽は雄に比べて淡色である。成鳥冬羽は、頭部から胸にかけてと体の上面が灰褐色になる。
北海道から沖縄まで日本各地で旅鳥として春と秋に渡来するが、数はあまり多くない



  1. 2011/05/15(日) 23:05:12|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ オグロシギ
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: