FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

ウソを少し

ようやく少し整理がついたので
少しウソを貼ります。

この日、前半に出てきてくれたのは、3羽
その後、だいぶ経ってから7羽出てきてくれました。
ウソと、アカウソの混群です。

昔は、アカウソの方が珍しかったようですが、最近はアカウソの方が多いようです。


ウソ
このこは、ウソのようです。
アカウソは、腹のほうがほんのり赤く
ウソは、腹に赤みがありません。

ウソは、日本画のような趣があって、日本人の美意識に合致しますね。
鷽替え神事のウソは何か変なデフォルメですけど。
ウソはこんな鳥なんですよ。


アカウソ
すごい食欲で、桜の花芽をぼりぼり食ってます。
ウソが多いと、桜が咲かないかも??


アカウソ
このこは、アカウソですね。


ウソ?
微妙ですが、アカウソかも?

この枝の中のウソを撮るのがなかなか至難の業なのでした。





EOS7D+EF400mmF5.6L



  1. 2013/02/11(月) 23:02:10|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ウソアカウソ
  4. | コメント:2

今日はウソです。
去年の春に、アカウソがたくさん撮れたのですが
実は、ウソはあまり撮れていません。

この日は、数羽の群れが居ました。
雌は、ほぼ白黒の鳥ですが、雄は綺麗なピンクの胸です。


ウソ
この一枚だけ、ちょっと別の場所なのですが
何故1枚かというと、暗くて、枝かぶりで、他は全部ゴミ箱行きだったからです。


ウソ
こちらも藪の中なのですが
餌を食べるのに夢中で、ときどき姿が見えるところに出てくれました。
藪のおかげで、だいぶ距離は近いのです。
こちらが雌です。


ウソ
何の実でしょうね?
せっせと食べてました。


ウソ
かろうじて、ツーショット


ウソ
う~む。
ピントは目にバッチリなんですが、姿がほとんど見えていません。


ウソ
美味しいお口ですね。
ウソにも会えて、ラッキーでした。




EOS7D+EF400mmF5.6L+EXTENDER 1.4x



  1. 2012/11/30(金) 22:11:22|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ウソ
  4. | コメント:0

今日はウソ

先日、アカウソをたくさん撮ったのですが
ウソのオスは未見でしたので押さえておかねば。

胸が赤いこが『アカウソ』です。
この群れは、ウソアカウソの混群で、どちらもいます。

ウソ♂
ウソのオスは初見です。


ウソ♂
やはり、華やかですね。


ウソ♂
やっぱり、ぼりぼり桜の花芽を食べていました。


アカウソ♂
このこは、アカウソですね。
天気が良くて、綺麗な発色です。


今日から3月
もう春ですね。



EOS40D+EF400mmF5.6L+1.4xテレコン





  1. 2011/03/01(火) 23:02:27|
  2. EF400mm F5.6L[EOS]
  3. 関連するタグ ウソアカウソ
  4. | コメント:2

いまいちな出来。

先日の菊水山の残り (まだあるのか!) です。
まだ他にも会えたこがいましたので。

ウソ
まず、最初の遊歩道で見かけた「ウソ」の雌
雄は、お腹あたりが淡桃色で、綺麗です。


次は、ミヤマホオジロさん
我々を追い抜いていったおばさん2人連れは、ホンの2mの所を歩きましたが逃げませんでした。
それなら、もっと近寄れば良かった。
ミヤマホオジロ
トサカがいかしてますね。


シジュウカラ
最後は、名前だけは良く聞くのですが、みたこと無かった「シジュウカラ
このこは雄みたいです。

どれもいまいちなのですが、どのこも初めて見たので、登場いただきました。


これは、りかゆん撮影分
シジュウカラ
レタッチ

菊水山、また行かねばなりません。


ウソ(鷽、学名:Pyrrhula pyrrhula) スズメ目アトリ科
名の由来は口笛を意味する「おそ」から来ており、ヒーホーと口笛のような鳴き声を発することから「ウソ」と名付けられた。その細く、悲しげな調子を帯びた鳴き声は古くから愛されている。
体はスズメよりやや大きく、全長15cm、翼長8.5cm。頭の上と尾、翼の大部分は黒色、背中は灰青色。くちばしは太く短く黒い。雄の頬、喉は淡桃色をしているが、雌にはこの淡桃色の部分はない。雄は照鷽(てりうそ)、雌は雨鷽(あめうそ)と呼ばれる。

ミヤマホオジロ(深山頬白 学名 Emberiza elegans ) スズメ目ホオジロ科

シジュウカラ(四十雀、学名 Parus major)
全長15cm ほどで、ほぼスズメと同じだが、体重は約2/3。
首から腹にかけてのネクタイのような黒い模様が特徴的である。オスの方がメスより太く、野外で性を識別する最大のポイントとなる。

SIGMA APO 170-500


  1. 2008/03/19(水) 00:00:09|
  2. ☆SIGMA 170-500 APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ ウソミヤマホオジロシジュウカラ
  5. | コメント:4

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: