FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

大きく撮りたい!

相変わらず、煩悩と戦っています。

定期的に襲ってくる発作のようなものです。
「大きく撮りたい病」とでも言いましょうか?

まず、近寄れないこと
次に、相手が小さいこと

まぁそんなわけで、500mmの望遠だろうと600mmだろうと、もっと大きく、はっきり撮りたいと思うときがあります。
何ミリぐらいだと満足するのでしょうか?
ただ、望遠であれば良いわけでなく、超望遠だと「導入」に時間がかかるとか、ブレとの戦いがまっているとか、いろいろと簡単では無いのですが。

アカアシシギ
以前撮った、アカアシシギの残りですが
この時はけっこう近かった。
向こうから寄ってきてくれたのと、警戒心が割りと薄いこだったようなのですが。
ただし、この時でも、1500mm相当
普通の人が使う焦点距離からはかけ離れています。


アカアシシギ
今日、ふと、ネットを見ていましたら、
先日もご紹介しましたが、PENTAX Q に純正のマウントアダプタの試作品が紹介されていました。
まだ発売では有りませんが、PENTAX Qに、通常のKマウント(PENTAXの一眼レフ用マウント)レンズが付けられるアダプタです。

PENTAX Qは、1/2.3型CMOSセンサーなので、レンズ焦点距離を35mm換算すると 5.5倍になります。
簡単に言うと300mmのレンズだと1650mm相当
400mmだと2200mm相当になる理屈なのです。

参考出品されていた「KQマウントアダプター」(仮称)は、機械的な接続のみで電子接点も無く、AFも利きません。
絞りリングは操作できるみたいですが、絞り込み測光のみのようです。


アカアシシギ
それでも、1650mmとか、2200mmとか言う数字を目にするだけで、わくわくしてくるわけです。
ちゃんと使い物になるかどうかは、不明なのですが。

懸念材料としては
カメラ本体だけだと電子シャッターのみになるので、超望遠でのコンニャク現象(ローリング歪)が出る可能性があること。
まぁ、PENTAXでも、DA★300mmで試撮していましたので、300mm程度ならあまり気にならないのかもしれません。
知人はすでに、400mmで検証されていましたが。

純正Qレンズで、300mmぐらいが出たら良いのにね。
それだと、ボディ内手振れ補正も利くかもしれないです(無理かも?ですが)
一応、望遠レンズのラインナップも予告されているのですが、何ミリかは不明ですから。

まぁ、手持ちのEF400mmが使える、EF/Qアダプタが出たら、本体ごと買ってしまうかも?
すごく、危険です(汗)




ED82+MCアタッチメント+K-5




  1. 2011/09/06(火) 23:06:09|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ アカアシシギ
  4. | コメント:2

在庫のアカアシシギ

画像の整理をしていたら、りかゆん撮影分のアカアシシギがありました。
アカアシシギは、キアシシギより少し小さくて、足やクチバシは綺麗な色です。
この場所には、2-3日滞在して、次の場所へ移って行ったそうなので、会えたのは僥倖でした。

アカアシシギ
ほぼ、唯一の飛んだシーンです。
羽の裏は白いですね。


アカアシシギ
前にいるのは、キアシシギ
三羽ぐらいのキアシシギと一緒にいました。


アカアシシギ
飛んできたけど、歩いて元の場所に帰ります(笑)


アカアシシギ
りかゆんは、土手の上から撮影でした。


アカアシシギ
おすましさんですね。


アカアシシギ
足が赤いので、アカアシシギ
足が黄色いので、キアシシギ...

足の青い、アオアシシギは居ませんでした。

割と安易な名前の付け方ですね。





α550+REFLEX500mm(りかゆん撮影)



  1. 2011/08/20(土) 22:06:09|
  2. 500mm F8 Reflex[α]
  3. 関連するタグ アカアシシギ
  4. | コメント:0

アカアシシギの一発芸

たくさん撮ったアカアシシギですが
芸をしてくれたのは一度だけでした。

ちょっとご紹介

アカアシシギ
右足は「パー」です(笑)


アカアシシギ
2秒ぐらいでしょうか
けっこう長かったです。


アカアシシギ
こちらは一瞬だけ


アカアシシギ
すぐおしまい。



アカアシシギの一発芸でした。




ED82+MCアタッチメント+K-5




  1. 2011/06/11(土) 22:06:09|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ アカアシシギ
  4. | コメント:2

アカアシシギの夏羽

干潟にアカアシシギがいるようなので、出かけてきました。
最初、キアシシギが何羽かいるだけだとおもったら、アカアシシギが一羽混じっていました。

しばらく遠目から撮って、迂回して少し近づいたら、飛ばれたのですが
しばらくしたら、近くへやってきてくれました。

やはり、鳥と同じぐらいの高さから撮るほうがいい感じです。

アカアシシギは、初見ですが
夏羽は綺麗です。

アカアシシギ
今日も、スコープにMCアタッチメントです。
明るいので、ISOを低めにしても、1/1000秒前後で撮れます。
EOSのときは、-1EVで安定していたのですが、K-5に変えてからはどうもマイナス補正すると暗くなりすぎのような気がします。
ほとんど補正無しでもOKみたいです。
いま、デフォルトで-0.7EVにしていますが、デフォルトを-0.3EVに変更しました。


アカアシシギ
アカアシシギは、キアシシギより少し大きめ
クチバシと、足がすごく綺麗な朱色です。


アカアシシギ
羽の模様も綺麗ですね。
冬羽だと、キアシシギとあまり変わらないような色ですから
夏羽はずいぶんと派手です。


アカアシシギ
他の鳥もそうですが
首を伸ばすと、別の鳥みたいです。


アカアシシギ
今日も1000枚ほど押しましたので、大満足ですが
消すのが大変です。




ED82+MCアタッチメント+K-5




アカアシシギ (赤足鷸、学名:Tringa totanus)チドリ目シギ科
全長27.5cm。体重90-170g。次列風切の先端は白い。嘴の基部は赤く、先端は黒い。後肢も赤く、発達している。
夏羽は頭部からの体の上面が灰褐色で、黒い縦斑が密に入る。喉からの体下面は、白地に黒い縦縞が密に入り、脇には黒い横斑がある。飛翔時は次列風切が白く見える。眼先は白く、眼の周囲に白い輪模様(アイリング)がある。冬羽は頭部からの体の上面が淡い灰褐色で、夏羽に比べて斑紋が粗い。
-wikiより-




  1. 2011/06/09(木) 23:06:09|
  2. ED82+MCアタッチメント[PK・EOS]
  3. 関連するタグ アカアシシギ
  4. | コメント:0

アカアシシギだと思う

ムナグロと一緒に居たのは、たぶん「アカアシシギ
もう一つ分かりにくいのよね>シギチ

まぁ、そうは言ってもアカアシシギくんも初見
遠いけど何とか撮れました。

アカアシシギ
これは南から
向こうにいるのは、たぶんオナガガモ♂と、ハシビロガモ♀
こうやって見ると、ずいぶんと大きさが違います。


アカアシシギ
図鑑を見る限りは、アカアシシギで間違いないと思います。


アカアシシギ
これは、北側から
さて、右のこもアカアシシギだよねぇ??


アカアシシギ
違うとしたら、何だろうと思って見るけど
それらしいこはいないから、アカアシシギなんでしょう。


アカアシシギ
こうやって見ると、キアシシギとよく似ています。


アカアシシギ
アカアシシギ
キアシシギ
アオアシシギ

このこは、アカアシシギです。


アカアシシギ(赤足鷸、学名:Tringa totanus) チドリ目シギ科
全長27.5cm。体重90-170g。次列風切の先端は白い。嘴の基部は赤く、先端は黒い。後肢も赤く、発達している。
夏羽は頭部からの体の上面が灰褐色で、黒い縦斑が密に入る。喉からの体下面は、白地に黒い縦縞が密に入り、脇には黒い横斑がある。飛翔時は次列風切が白く見える。
眼先は白く、眼の周囲に白い輪模様(アイリング)がある。冬羽は頭部からの体の上面が淡い灰褐色で、夏羽に比べて斑紋が粗い。
-wikiより-


ED82+DSC-W300 (デジスコ)




  1. 2009/10/10(土) 00:00:04|
  2. デジスコ
  3. 関連するタグ アカアシシギ
  4. | コメント:2

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KPとHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたが、暗いところで、ISO上げられるので、撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
ペンタの大砲レンズとKPの組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ダイゼン ホウロクシギ サメビタキ コムクドリ キョウジョシギ キアシシギ シロチドリ トウネン アマサギ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ ジョウビタキ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ エナガ シジュウカラ キビタキ コゲラ クロハラアジサシ ウミスズメ コアジサシ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ ヒクイナ クイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト ホシハジロ スズガモ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: