FC2ブログ

FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

屋上のサギ

先日から、会社の駐車場の近くのビルに、サギが休んでいるのを見かけるのです。
巨大なアオサギが、ビルの屋上で微動だにせずにあたりをうかがって居る様は、ある意味異様です。
屋上のサギ
こうやって見ると、鳥類の祖先は恐竜だったと言うのに納得してしまいます。


屋上のサギ
ほとんど人が近寄らないのか、我が物顔で居座っています。


屋上のサギ
用途地域は近隣商業地域(笑)
このあたりは、ほとんどが4-5階建て以上のビルです。

屋上のサギ
実はこんな感じなのです。

すぐ近くに、エグザスのビルがあったりしますが、誰も気に止めないのか、平穏な日々です。
2-3日居ないと思ったら、今日はまた帰ってきていました。

割と近くに、野鳥は居るモノですね。
でも、やっぱり、ちょっと異様。




  1. 2007/06/08(金) 00:41:34|
  2. SIGMA 70-300mm APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ アオサギ
  5. | コメント:6

新しい探鳥地 2

昨日の続きです。
今日はオオヨシキリをご紹介
上手く写らなかったのですが...
オオヨシキリ
すごく大きな声で鳴きます。
ヨシのあたりから声はするのですが、茂っていてぜんぜん判りません。
帰り際、池の反対側からようやく見つけることができました。
巣があるのかもしれません。
とにかく大きな声でした。
オレンジの口の中が見えていますね。かわいいです。

オオヨシキリ:スズメ目 ウグイス科
全長はおよそ18.0~19.0cmで全体的に黄褐色の体を持つ。ウグイスに良く似ている。
日本では夏鳥であり、ほぼ各地で見ることが出来る。冬季は南方の東南アジア、アフリカ大陸に渡る。
その名前の由来は、川辺のヨシに棲息することから。
「ぎょぎょし」と鳴き声が聞こえるので行々子(ギョウギョウシ)という別名がある。
昼夜鳴き続けるためとても騒々しい。


続いて、ケリです。
ケリ

もう一枚
ケリ
見たこと無い鳥だとは思ったのですが、例によって識別できません。
飛び上がると、全体に白くて、羽根の先が黒いので「カモメ」だと思いました。
でも、畑に降りると、茶色とグレーです。
「ウミネコ」かな?なんだろう?
拡大して見ると、足が長くて黄色い。
これは、チドリの一種か?
ケリ
飛んでいる姿です。

ケリ:チドリ目チドリ科 全長35.5cm 雌雄同色
本州の田んぼなどで暮らす留鳥。地上にいるとめだたないが、いったん飛び立つと、白黒のパターンがあざやか
くちばしは短く、黄色で先端が黒い。足は長くて黄色。目は赤橙色で黄色のアイリングがある。
甲高い声で鳴き、「キリッ、キリッ」、「ケリッ」、「ケケッ」というふうに聞こえる。この鳴き声からケリという名がついたといわれる。

おまけで、アオサギの飛ぶ姿を・・・
アオサギ

アオサギ

アオサギ
悠々と飛びます。


まだ、続きます(笑)



  1. 2007/05/22(火) 00:43:40|
  2. SIGMA 70-300mm APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ オオヨシキリケリアオサギ
  5. | コメント:0

アオサギ

金ヶ崎の公園へ行った後、いつもの河口へ寄ることにしました。
だって、カモしか撮れなかったのですもの。
で、河口へ下りていきますと、いきなり大物!
アオサギです。
アオサギ
播磨地方で見られる野鳥では最大級と言うことです(翼長170cm)
ゆっくりゆっくりと川の中を歩きます。
なんだったかな?と思って考えていたら「もののけ姫」の「だいだらぼっち」みたいなんだと思い当たりました。


アオサギ
天気が良くないので発色が悪いです。
今回レタッチしてます(レベル補正+アンシャープマスク)
実はここで電池が無くなってしまいました。
が、鞄を探ったら予備の電池が...(買っておいて良かった)


アオサギ
少し晴れてきました。
資料を見たら、ゆっくりした動きからは想像もできないほど、エサを採る時は素早く動くのだそうです。


アオサギ
ゆっくりゆっくり川上の方へ歩いて行きました。

川下で別のアオサギも見かけました。
こちらはもう少し若いみたいで、小さかったです。


浮き灯台とアオサギ(だと思う)
アオサギと灯台
これはさっきのアオサギかな?

サギは綺麗な鳥ですが、アオサギは格別です。
大きくて立派ですし、すぐそこで見ることができてすごくラッキーでした。


  1. 2007/05/09(水) 00:12:38|
  2. SIGMA 70-300mm APO
  3. | トラックバック:0
  4. 関連するタグ アオサギ
  5. | コメント:2
前のページ

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX KP、K3とHD560mmで撮っています。
K3から、高感度に強いKPに入れ替えました。連写性能が下がりましたので、K3と併用です。暗いところで、ISO上げられるKPの方が撮影が楽です。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更。重さが半分ぐらいになりました。
その後、LUMIXのG9proを買ったら手振れ補正やらAFやらで全然違うのでそっちがメインになってます。G9良いです。
僕の方はと言うと、ペンタの大砲レンズは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。KPだと連写も息切れ。
欲望は限りがありませんが、基本「気持ちよく」シャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 ☆花 コサメビタキ キョウジョシギ ツバメチドリ タカブシギ エリマキシギ アオアシシギ チュウシャクシギ トウネン ハマシギ キアシシギ コアジサシ オオヨシキリ タゲリ カシラダカ ビンズイ ルリビタキ スズメ ヤマガラ キビタキ アカハラ カワセミ クロツラヘラサギ カリガネ コゲラ オジロビタキ ミサゴ カワアイサ ミコアイサ ホシムクドリ モズ メジロ サカツラガン ノゴマ ヨタカ ノスリ クロハラアジサシ エナガ サメビタキ エゾビタキ ソリハシシギ メダイチドリ セイタカシギ ベニアジサシ ミソサザイ アマサギ ケリ コチドリ ムナグロ ヒレンジャク ハジロカイツブリ オシドリ アトリ シロハラ ヒドリガモ ウミネコ ヨシガモ ツクシガモ シノリガモ ジョウビタキ カヤクグリ クロジ オグロシギ ダイゼン ホウロクシギ コムクドリ シロチドリ チュウサギ センダイムシクイ オオハシシギ オオルリ コマドリ セアカモズ(交雑種) イカル ミヤマホオジロ ホオジロ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ツグミ トビ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ ウミスズメ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ ヨシゴイ サンコウチョウ ツバメ シロガシラ ヒガラ カワウ アオサギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ マナヅル カッコウ サンショウクイ ササゴイ タマシギ ヤマセミ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ 読書 アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ タシギ ヒバリシギ キセキレイ マミジロ コガラ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ミヤコドリ ハギマシコ イカルチドリ イスカ コノハズク アカショウビン ダイサギ カイツブリ オオバン イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ セグロセキレイ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ヤツガシラ カワガラス セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: