FA43mm F1.9Limited

FA43mm F1.9Limitedを買った勢いでブログを始めました。 最近は鳥ばかり撮っているともいいがたい現状。望遠レンズもってフィールドに出かけるのはやっぱりいいんですがね。

高砂散歩

少し前に、加古川の西岸、河口付近の高砂の古いまちなみを歩いてきました。
いきあたりばったりで、高砂神社から始めて一時間ほど。

切り口が「まち歩き・レトロ散歩・廃墟散策・街かどスナップ等」
ばらばらですからまとまりがありませんが、なかなか面白いところでした。
下調べをしてなかったので、けっこう歩いた割にはいろいろ抜けてますので、また行ってこようと思います。


高砂散歩
高砂神社でスタートです。
相生松で有名な高砂神社 拝殿
ここは、高砂城跡になります。
というのも、姫路城主、池田輝政は高砂城築城のために、高砂神社を他へ移転したのですが、高砂城の完成後、一国一城令が発布され、取り壊さざるを得なかったため、姫路藩主、本多忠政により、再度城跡は神社に戻ったわけです。
その後、この地を商業都市として発展させた歴史があります。

高砂市は、世阿弥が伝承を取材し、能『高砂』を作った事。
その後、結婚式で謡曲「高砂」が歌われたことから、今現在も「ブライダル都市」を自称しています。
「高砂や~ この浦舟に 帆を上げて~♪」
時代劇等でよく見かけたので、唄の冒頭は覚えている人が多いと思います。
ここ高砂神社に相生の松があります(現在5代目)


高砂散歩
高砂神社内にある、すごく立派な能舞台です。
平成25年に完成したようです。まだ実質1年と少ししかたってないようです。
ここでは、当然「高砂」を舞うのでしょうね。


高砂散歩
黒漆喰の建物が多かったです。
中二階の低さは、おそらく江戸期の建築だと思われます。


高砂散歩
消防署
建築年:1935年(昭和10年)
設 計:不詳
施 工:不詳
構 造:RC造2階建
所在地:高砂市南本町914
備 考: 国登録有形文化財

旧庁舎は築約80年で耐震性が不足し老朽化していました。
市は昨年4月、高砂分署を高砂町朝日町の新庁舎に移転。約4800万円をかけて旧庁舎を改修保存し、建築時の姿に近づけましたた。
延べ約130平方メートル。クリーム色のレトロな外観で、大正時代に使われた手動の消防ポンプを外側に展示。平屋部分にはかつてあった「旧南本町巡査派出所」の看板を掛けました。


高砂散歩
廃墟寸前の建物が多数あります。
見に行くなら早めの方が...


高砂散歩


高砂散歩
商店街の入り口
これは南の入口だと思います。
東西の商店街のメイン道と交差してます。

ざ、昭和という感じ。
駆け足で見たので、ほとんど商店街を歩いていませんので、商店街探検は次回の課題です。


高砂散歩


高砂散歩
あとから知りましたが、商店街の北端は、旧国鉄(JR)高砂駅の駅前だったようです。
国鉄高砂線が廃線になり、商店街の賑わいにも陰りが出たのは想像できます。


高砂散歩
高砂で謡われる、『尉と姥』
「尉と姥」(じょうとうば)は高砂市が発祥の地なのでした。
お酒になってたのですね。


高砂散歩


高砂散歩
こういうの昔ありました。
明石の銀座通りにもこんなアーチが有ったんですが、何十年も前に無くなりましたので、よくぞ残っていたという感じです。


高砂散歩
一部で有名な、大西ジム
事務用品から、パソコン(パーツ含む)まで幅広く扱ってました。(今はメインの店舗を移転してます)

大西ジムには Windows3.1から、95にUPしたときにメモリを買いに行ったのを思い出します。
8MBやったか、4MBやったかを2枚
5万円ぐらいしました...それでも激安やったんです。


高砂散歩
この地図の右側(東側)に運河があって、細い埋め立て地があって、その右側が現在の加古川(一級河川)になります。
こういう看板が何か所ありました。


高砂散歩
古そうです。手入れは行き届いてますが。


高砂散歩
ここは黒漆喰ではないでですね。
単に改装なのか、もともとこういう色なのか?
でも、白、黒、ベンガラ以外の漆喰ってあまり見ませんね。

「花井家住宅」(「来て民家」)はまちづくりの拠点として、会議やお茶会などの場として活用されています。


高砂散歩
花井家は江戸期から昭和初期にかけて肥料問屋として栄えました。
しっくいの壁に虫籠窓が特徴で、当時の趣がそのまま残っています。
県民交流広場として活用しています。
現当主は東京在住で、地域に役立ててほしいという事で、無償提供いただいているようです。


高砂散歩
松宗蔵 (まっそうくら )
土蔵造平屋建、瓦葺、建築面積59㎡
堀川の西岸に位置し、土蔵造平屋建、切妻造本瓦葺で、西面に戸口を二所開け、本瓦葺の庇を付ける。
西面腰上部と鉢巻を漆喰塗とする他は竪板を高く張り、小窓を穿つ。内部は一室で荷摺木を並べる。
かつては海陸産物を納めた蔵で、舟運で栄えた高砂の面影を残す。
登録有形文化財


高砂散歩
ええ錆び具合です。


高砂散歩
漁港というよりも、海運で栄えたところといった具合ですね。


高砂散歩
蔵がおおいですね。
むかしはずいぶんと栄えたのでしょう。


高砂散歩
コミュティー&イベントスペースとして使われています。
外観は江戸時代の趣がしっかり残っておりますが、中はフローリング仕様とモダンなつくりとなっているようです。

こちらの蔵は、新撰組「河合(川合) 耆三郎」の実家の米蔵だったんだそうです。


高砂散歩
立派な家屋が立ち並んでいますね。


高砂散歩
運河の前なので、何かの倉庫だと思います。


高砂散歩
松右衛門帆で有名な、工楽松右衛門の生家の前の家屋(崩壊寸前です)


高砂散歩
ここは、民家カフェみたいです。


高砂散歩


高砂散歩
こちらも、景観形成重要建造物に指定されている「三連蔵」です。


高砂散歩
実はここを見に行こうと思い立ったのでしたが、なかなか見つかりませんでした。


高砂散歩
三菱製紙魚町倶楽部(みつびしせいしうおまちくらぶ)


高砂散歩
1904年(明治37年)、神戸製紙所高砂工場内に、アメリカ人技師長M.J.シェイの居住施設として建設された。
1905年(明治38年)、社名が三菱製紙所と変わって、当洋館は現在地へ移築された。
以来、同社の厚生施設「三菱製紙魚町倶楽部」として現在に至っている。


高砂散歩
旧高砂銀行で、今は商工会議所の建物です。
景観形成重要建造物に指定されています。


高砂散歩
どこにでもある、銀座商店街。


高砂散歩


高砂散歩


高砂散歩
向こうに見える工事中なのが、工楽松右衛門の生家。

工楽松右衛門は、高砂市に生まれ、兵庫(現在の神戸市兵庫区)で廻船業を経営するかたわら、帆布(松右衛門帆)を発明し、築港工事法を考案して、択捉島の埠頭や箱館のドックを築造した。これらの業績によって、日本の海運を支えた。
日本の江戸時代における発明家、実業家です。


高砂散歩


高砂散歩
広島から「牡蠣舟」がやって来る「都市」だったことを今に語る「かき幸」さん。
牡蠣舟が発祥の、牡蠣料理店だそうです。


高砂散歩
ここも民家カフェみたいです。


高砂散歩
高砂神社の裏まで帰ってきました。
ここに、煉瓦倉庫が残っています。


高砂散歩
一説によると、解体に費用がかかるので、放置されているんじゃないかという話が書いてありました。


高砂散歩
今回の散歩はこれにて終了。

お疲れさまでした(笑)
解説はネットからの拾い出しです。間違っていましたらご指摘ください。



参考に古い地図を貼っておきます。

高砂散歩




K3 + DA17-70mmF4



  1. 2017/05/21(日) 00:08:26|
  2. DA17-70mm F4
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

八十場清水屋

先日の香川の帰り
八十場の清水屋(きよみずや)でところてんを食べて帰ったのでした。
涼しげな良いところで、帰り道に寄る事が多いです。


八十場清水屋
これは、酢醤油ですが
黒蜜、砂糖酢醤油、柚子蜜など、いろいろ選べます。


八十場清水屋
うどんで、お腹いっぱいでも、ところてんはするっと入りますね。


八十場清水屋
出汁類?はいろいろありますが
ところてんは同じもの。


八十場清水屋
甘いのか、酢醤油か迷うのでした。


八十場清水屋
冬は来たことないのですが、ここはいつでも涼しげです。


八十場清水屋
お遍路の休憩所なのです。


八十場清水屋
終わりの桜が池に浮いていました。

ここの向かい側に店舗があって、おみやげを買おうとしたら、「生のもありますよ」というので
また店に戻って、5人前を買って帰りました。

帰って食べても美味しかったです。



GX8 + LUMIX X 12-35mmF2.8



  1. 2017/04/28(金) 01:04:16|
  2. LUMIX X 12-35mmF2.8
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:2

大阪レトロ散歩~夜景~

たぶん、卒業以来会ってない、いっこ下の大学の後輩が、大阪出張だというので会う事に。
う~ん。何年ぶりだろうか?

どっかで晩御飯を食べようという事になりました。
仕事が「堺筋本町」あたりだと言うので、そのあたりを中心にお店を探したら
「一芳亭」がいいやろう...という事になりました。
シュウマイが美味しい「一芳亭」です。

お腹いっぱい食べて、道頓堀か中之島あたりまで散歩しようかという事になったのですが
宿が中之島あたりだというので、北へ向かう事に。
それなら、北浜あたりから中之島まで「大阪レトロ散歩」です。

GoogleMapにも「大阪レトロ散歩」がありました。
しばし、散歩にお付き合いください。


大阪レトロ散歩
桜屋珈琲館
青山ビル
大正10年築


大阪レトロ散歩
青山ビルについて
http://www.aoyama-bld-osaka.co.jp/history.html


大阪レトロ散歩


大阪レトロ散歩


大阪レトロ散歩


大阪レトロ散歩


大阪レトロ散歩


大阪レトロ散歩
高麗橋野村ビル


大阪レトロ散歩
高麗橋野村ビルディング 1927(昭和2)年
設計 : 安井武雄 (片岡建築事務所)


大阪レトロ散歩
三井銀行大阪支店 (現 三井住友銀行大阪中央支店)
竣工年: 昭和11年(1936) 
設計: 曽禰中條建築事務所


大阪レトロ散歩
新井ビル
旧報徳銀行大阪支店


大阪レトロ散歩
設計者 河合建築事務所(河合浩蔵)
施工 清水組
構造形式 鉄筋コンクリート造
建築面積 254m2 m²
階数 4階
竣工 1922年(大正11年)


大阪レトロ散歩


大阪レトロ散歩
大阪証券取引所


大阪レトロ散歩
中之島公会堂


大阪レトロ散歩
大阪市中央公会堂
設計者 岡田信一郎(設計原案)、辰野金吾(建築顧問)、片岡安(工事監督)
施工 直営工事
構造形式 既存部:鉄骨煉瓦造+増築部:RC造
階数 地上3階、地下2階、塔屋付
竣工 1918年(大正7年)10月31日
改築 2002年9月保存・再生工事完工
重要文化財


大阪レトロ散歩
中之島の、そして大阪市のシンボルともいえる公会堂。
かつて、その誕生のために莫大な私財を投じながら、完成を待つことなくこの世を去った人物がいた。
それが、「義侠の相場師」ともいわれた株式仲買人、岩本栄之助である。


大阪レトロ散歩


大阪レトロ散歩


大阪レトロ散歩


大阪レトロ散歩


大阪レトロ散歩
以上でした。



GX8 + LUMIX X 12-35mmF2.8




  1. 2017/04/22(土) 00:04:20|
  2. LUMIX X 12-35mmF2.8
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

締めは、玉子焼き。

香川へは、車で行きました。
明石から二時間強で着きます。

ほぼ高速ですが、淡路回りの場合、高松自動車道が一車線になるので、
前に遅い車とかが居るとストレスですから、行きは岡山回りで行きます。
距離は淡路回りの方が短いのですが。

帰りはのんびりと淡路経島経由が多いです。
津田の松原SAでおみやげを買う事もできますし。

朝から散々うどんを食べてお腹いっぱいなのですが
明石に着くころには、そこそこお腹もこなれています。
今回もお二人一緒に帰ってきて、明石で解散だったので、
それではという事で、「明石焼き」こと玉子焼きを食べて解散と相成りました。

お好み焼き道場を想定していたのですが
時間が少し早かったので「ふなまち」へ行ってみることにしました。
開いてなかったら、移動です。


ふなまち
5時半でしたが、まだ開いてました。
4-5人待ってましたが、我々が並んだあと、一気に列が伸びてしまいました。

しかし、年季が入った暖簾です。
ふなまちは、お好み焼きもやっているのですが、混雑する土日は「玉子焼き」に専念しています。


ふなまち
行きだした頃は、それほど有名店では無かったのですが、いつの間にやら超有名店になってしまって
平日でも、けっこう並んでいる人を見かけます。
というのも、中にはテーブルが2つしかないので、10人も入るといっぱいです。


ふなまち
小ぶりとはいえ、一人前20個は多いですね。
しかし、見るからに旨そうです。


ふなまち
びっくりしたのは、真っ黒だった天井が綺麗になってたこと。
しかし、この額は年季入ってますね。
開店祝いとかでいただいたものでしょうか?



SONY DSC-RX100



  1. 2017/04/19(水) 22:04:16|
  2. SONY DSC-RX100
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0

中津万象園 II

さて、中津万象園の続きです。

観潮楼(かんちょうろう)を見せていただきました。
観潮楼は、現存する日本最古の煎茶室だそうです。

※修理事業(2014~15年)を丸亀市より委託された名古屋工業大大学院の麓和善教授によると、観潮楼に関する最古の文献記述は1781年。茶室より開放的な煎茶席は全国に50棟ほどあり、大学者・頼山陽(1780~1832)の最期の住まいとなった京の書斎・山紫水明処がその中で最古の煎茶席とされてきたが、その建築年代は19世紀だった。観潮楼には「唐物」を描いた装飾模様がないが、それが煎茶席の原始的な姿を今日に伝えているという。


中津万象園
入り母屋造り中2階の高床式建築
お庭や、その向こうの海までを見渡せるように、中二階になっています。
※中二階から母屋を見る。


中津万象園
まだ建具がスムーズには動きません。


中津万象園
美しい空間です。


中津万象園
斬新な斜めの下地窓。


中津万象園
床柱は孟宗竹、床框は虎斑杢の栃、床板は欅(けやき)、落とし掛けは赤松の皮つき丸太です。


中津万象園


中津万象園


中津万象園


中津万象園
美しい建物ですね。


中津万象園
母屋は、観潮楼と同時期に建設されたと考えらます。
観潮楼だけでは、藩主が詩を詠み、茶を楽しむには不十分で、隣接した座敷が必要だったからと考えられます。


中津万象園
池にある島から眺める、観潮楼と母屋。


中津万象園
夕映、月、晴嵐、鐘と島を巡りながら、観潮楼と母屋の見方を楽しむのもいいものです。


中津万象園


中津万象園
魚楽亭は、やや高いところにあり、視点がかわります。


中津万象園


中津万象園
母屋の北には、舟付きの石段があり、ここから船を出したのでしょうね。


中津万象園


中津万象園
菖蒲でしょうか?
咲いたら綺麗だろうな。


中津万象園
最後に、松帆亭を見てお庭の散策は終了でした。



中津万象園map
地図をお借りしました。


お庭は、4人の庭師さんが常駐して管理されていますが、松が15000本、面積で15000坪だそうなので
お掃除、松の手入れと、大変な作業だと思います。
お茶をいただいた母屋も去年、茅が葺き替えられ美しい装いを取り戻していました。
季節もあるのでしょうが、暖かい日差しのなか、湖面を渡る涼しい風が吹き抜け、とても心地よく、贅沢で落ち着いた空間になっています。
あまり知られていないのが、残念です。



中津万象園


GX8 + LUMIX X 12-35mmF2.8



  1. 2017/04/18(火) 23:04:16|
  2. LUMIX X 12-35mmF2.8
  3. 関連するタグ ★街歩き・旅行
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

はりー

Author:はりー
休みの日は、りかゆん(家内)と二人で鳥見生活。
何かと用事が多くて毎週鳥見に行けないのがちょっと不満です。
今は主にPENTAX K3とHD560mmで撮っています。
りかゆんは TamronA011が重いのでLEICA 100-400mmとGX8に変更
ペンタの大砲レンズとK3の組み合わせは素晴らしく解像しますが、動きものは苦手。
欲望は限りがありませんが、基本、気持ちよくシャッターが押せたらそれでいいです。
なお、掲載画像の無断使用はご遠慮お願します。

カテゴリー

野鳥で分類(+)

★街歩き・旅行 オオハシシギ ミソサザイ オオルリ コマドリ コチドリ セアカモズ(交雑種) シロハラ イカル アトリ モズ ミヤマホオジロ ホオジロ カシラダカ クロジ タゲリ イソヒヨドリ ヒメウ ビロードキンクロ ジョウビタキ ツグミ トビ オジロビタキ ヨシガモ ムクドリ サバクヒタキ ヒバリ ノビタキ ムギマキ シジュウカラ キビタキ コゲラ エナガ クロハラアジサシ シロチドリ キアシシギ トウネン キョウジョシギ ウミスズメ コアジサシ アマサギ コガモ ユリカモメ ズグロカモメ ハシブトガラス シメ トラツグミ ツクシガモ オシドリ ルリビタキ ヤマガラ オオソリハシシギ コミミズク カンムリカイツブリ セイタカシギ ヨシゴイ サンコウチョウ サメビタキ コサメビタキ ムナグロ ツバメ オグロシギ シロガシラ ヒガラ タカブシギ カワウ アオサギ メジロ ケリ ソリハシシギ アオアシシギ コアオアシシギ ツツドリ アメリカウズラシギ コサギ チョウゲンボウ チフチャフ オオハクチョウ コハクチョウ ミコアイサ マナヅル カッコウ サンショウクイ センダイムシクイ エリマキシギ ミサゴ スズメ ウミネコ ササゴイ タマシギ ヤマセミ オオヨシキリ レンカク ウズラシギ ゴジュウカラ アリスイ カワセミ シマアジ クイナ ヒクイナ マガモ ハジロカイツブリ アオゲラ ウグイス バン ミゾゴイ メボソムシクイ ホウロクシギ タシギ ヒバリシギ キセキレイ アカハラ マミジロ コガラ コムクドリ ツルシギ オオマシコ キクイタダキ アカウソ ビンズイ アカゲラ ウソ ベニマシコ マヒワ ホオアカ ヒレンジャク ミヤコドリ クロツラヘラサギ ハギマシコ エゾビタキ チュウサギ イカルチドリ イスカ アカショウビン コノハズク ダイサギ カイツブリ オオバン チュウシャクシギ イワツバメ ハクセキレイ ウミアイサ キジ アオバズク ハマシギ キンクロハジロ オオジュリン ハヤブサ マガン アオジ オカヨシガモ オナガガモ ヒドリガモ トモエガモ ハシビロガモ ゴイサギ ホオジロガモ ノゴマ セグロセキレイ ヨタカ カラシラサギ アカエリヒレアシシギ アカアシシギ クロサギ ダイゼン ヤツガシラ カワガラス ツバメチドリ セグロカモメ カケス タヒバリ ニュウナイスズメ カササギ ヒヨドリ アオバト スズガモ ホシハジロ カヤクグリ ホオジロハクセキレイ ミミカイツブリ メンフクロウ クサシギ マミチャジナイ ノスリ ホシムクドリ オオヒシクイ ハッカチョウ オバシギ イソシギ ハシボソガラス カルガモ カワラヒワ クロツグミ ハチジョウツグミ ヘラサギ キジバト アメリカヒドリガモ メダイチドリ キリアイ オオセグロカモメ セッカ コウノトリ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: